FC2ブログ

古伊万里の魅力 

古伊万里

古伊万里に興味を持ってかれこれ20年近くになる。
当時まだ30代前半だった私は、どちらかというと「骨董」という言葉にあまりよい印象を持っていなかった。
それは子どものころの思い出に起因している。
私の父は40才で他界したが、なぜか20代のころから盆栽や骨董、神社仏閣巡りというものに凝っていて、ことある毎に弘法さんや天神さんの骨董屋へ連れて行かれた。
それが子どもの私には嫌で嫌で仕方なかったのだ。

そんな私の元へ「暮らしの骨董入門」というムック本のデザインの仕事が舞い込んだ。
骨董というものにあまりよい印象がなかった私は、乗り気ではなかったが、せっかく声をかけていただいた仕事ということで、とにかくスタートした。

古伊万里

当時「なんでも鑑定団」という番組が人気を博しだしていたころで、鑑定士の一人中島誠之助がメディアに引っ張りだこであった。その本にも石坂浩二との対談などで登場していただいたが、中島氏の専門である古伊万里がちょっとしたブームとなっていた。

本の制作を進めるうちに、いつの間にかガラスや漆器よりも古伊万里に興味を持った私は、当時事務所があった北大路下鴨本通の骨董屋をのぞくようになり、ついに初骨董を手に入れることとなった。
それからというもの様々な骨董市や地方の観光都市に残る小さな骨董屋など頻繁に通うようになり、ついにはネットオークションにまで手を伸ばすことになっていた。

古伊万里

ネットオークションでは一度にたくさんの品物を見ることはできたが、やはりいいものはそれなりの値がつくので、結局は骨董屋で買うのと大差はないものとなってしまう。しかも、やはり画像ではすべてがわかりにくいので、届いてからがっかりというものもよくあった。

古伊万里

古伊万里の魅力はやはり使ってみないとなかなかわからない。
がんばって奮発したからといって棚に飾っておくだけではもったいない。蕎麦猪口やなます鉢は使い勝手もよいので、積極的に食卓に登場させたいし、すべて古伊万里で揃えられた食卓の美しさはいいようがない。汁物の碗とワインのグラス以外は何とも言えない深みのある呉須の色で統一してみて欲しい。刺身や煮物と古伊万里の柄がこれほどまでに調和するものかと驚くだろう。

現在、古伊万里の価格は小康状態だが、若者にも日本趣味が抵抗なく受け入れられる時代になった今、少しくらい上昇しても何の不思議もない。いくら何でもバブル期のようなことにはならないと思うが、もし入手を迷っている方がいるのなら、絶対に少しでも速い方がよいと思う。
なぜなら、貴方が見たその骨董には、新品の供給がないので、見つけた時には即買いしないと、もう二度と巡り会えない可能性が高いからだ。
幸い今は特別ブームでもないので、新品の上等な食器を買うくらいで立派な古伊万里が手に入る。200年以上前の器がそんなに手軽に買えるのだ。

貴方も是非1つ蕎麦猪口のようなポピュラーなものでもよいので入手して欲しい。
きっと1つでは済まなくなるだろうし、自宅の食器棚があふれるようになるだろうけれど、古伊万里の魅力にはまってしまうことはきっと避けられないはずだ。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

骨董を使おう 


暮らしの骨董入門 (淡交ムック)暮らしの骨董入門 (淡交ムック)
(1995/12)
不明

商品詳細を見る


以前、この本のデザインをさせていただいてからちょっと古伊万里にはまってしまった。
京都の新門前や各地の古い町にはいい骨董屋がある。
財布の中身に限度があるので、そんなに高価なものは買うことができないけれど、ちょっと奮発すれば200年も前の人々が使っていた食器が手に入る。

磁器や陶器は、生地や紙のものに比べ耐久性があるので、状態のいいものがたくさん残っていて、比較的安価で手に入る。
ただ、古伊万里にはまりだした当時は、せっかく買っても、それほど上物でもないのにもったいなくて使えず、飾ってあるばかりであったが、ようやく自分の中でほとぼりが冷めてきたので、徐々に使い始めてきた。

とくに蕎麦猪口は使いでがある。
もちろん蕎麦をすするもよし、小鉢代わりに珍味や突き出しを盛るもよし。

私は、古伊万里の蕎麦猪口にロックアイスを入れて日本酒やバーボンをロックで飲むのが格好いいと思っている。
好きなギターの曲を流しながら一杯。
至福の時間だ。

私がデザインしたわけではないが、こんな本も参考に蕎麦猪口くらいから古伊万里入門というのはいかがだろうか。

古伊万里に魅せられた暮らし―ふだん使い実例集 (Gakken interior mook―暮らしの本)古伊万里に魅せられた暮らし―ふだん使い実例集 (Gakken interior mook―暮らしの本)
(1997/03)
不明

商品詳細を見る



古伊万里―見る、買う、使う 人気の和食器の魅力をさぐる (講談社カルチャーブックス)古伊万里―見る、買う、使う 人気の和食器の魅力をさぐる (講談社カルチャーブックス)
(1993/05)
白洲 正子、鈴田 由紀夫 他

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

長浜 骨董 西川 

長浜 西川 骨董屋

骨董というのは、同じものでも都会で買う方が高い。
別に骨董だけがそういうわけではないが、買う側からすると都会で買うより地方で買いたい。

ただし、それにはある程度の知識がいるので、初めて骨董を買うという人は詳しい人との同行が条件となる。

最近ではしょっちゅう骨董屋に出向くということはなくなったので、地方に仕事や旅行で行ったときぐらいはと、少しの期待を胸にのぞいてみるようにしている。

最近では、盆梅展の時に訪れた長浜だ。
長浜は長浜城の城下町として北国街道の宿場でもあり、鉄道の時代になっても日本海側と京都大阪を結ぶ交通の要所として古くから栄えた。
そういう町には決まって金持ちの商人が多く住んでいたこともあり、上質の古伊万里や九谷の器、塗の椀などが豊富に残っている。
それはすなわち上質な骨董屋が多いということであり、骨董ファンの間では一番の狙い目となっている。

この西川も例に漏れずなかなかの品揃えである。
JR長浜駅から黒壁スクエアへ向かう途中にあるので、すぐに見つけることができるが、結構骨董屋の割に客の数が多いのでゆっくり見るには少々ざわざわした感じである。しかし、骨董初心者にはその方がかえって店に足を踏み入れやすい。

どこの骨董屋でもそうであるように、やはり古伊万里の器が多い。印判手のものも手ごろな価格で所狭しと並べられているが、明治や大正、昭和のガラスもなかなか見応えがある。

注意が必要なのは、軒先に並べられているもののほとんどは骨董ではなく、今のものだということ。骨董のことをほとんど知らない観光客には区別のついていない人もいるようだ。

古伊万里のそば猪口でも買って、近くの土産物屋で地酒もついでに手に入れるというのがいい。
長浜という土地は北陸の入り口ともいえる場所なので酒もうまいものがあるはずだ。

もう一つ覚えておくといい。長浜は黒壁スクエアなどで盛んにガラスを売りにしているが、これには何の言われもない。観光用に考えられた方法だ。
だから、ここで無理にガラスのものを買うよりも、何百年も前からこの地で使い続けてこられた骨董を買う方がわたしにはピンとくる。

そして最後にもう一つ。
昼飯は西川の並びの「焼き鯖そうめん」で決まりだ。

FC2 Blog Ranking

古伊万里のなます鉢 

古伊万里なます鉢

古伊万里の中でも染め付けといわれる磁器の白と呉須の藍で表現される世界は、骨董の中でもっとも人気の高い領域です。
古伊万里中心の骨董屋をのぞくと、だいたいは手前から小皿、中皿などの比較的小さい皿、そば猪口などがまず目にはいるのが定石です。
そしてその後に控えるのが上の写真のようななます鉢。
そば猪口のいろいろな用途で普段使いができますが、このなます鉢もそれに劣らず使い出があって人気です。

そば猪口に比べて面積が大きいので、その分柄が重要になってきます。
人気の蛸唐草や花唐草は柄にもよりますが1枚20,000円前後となかなか手が出る価格ではありませんが、写真のみじん唐草や山水画のようなものなら10,000円前後から手に入ります。

食卓では刺身や炊き合わせを少しだけ盛って、食材の間から柄を楽しみながら使うのがいいでしょう。
だいたい見込みには松竹梅の決まった様式を踏襲しているものが多いので、その周りの額縁までが料理を盛っても良い境界でしょうか。そうすれば周りの柄が料理を引き立ててくれるはずです。

予算が許せば5枚組でそろえたいところですが、幸いなことにこのなます鉢はどれをとってもおおかた同じような寸法ですから、一つづつ気にいった柄をそろえて5枚にするのも一興。
できれば呉須の色がだいたい近いものでそろえると統一感があってさらに趣の深いものになるでしょう。

古伊万里のなます鉢、刺身を盛ってそば猪口で一杯やりたいところです。

FC2 Blog Ranking

瀬戸・豆皿のススメ 

豆皿

久々に骨董ネタです。
瀬戸の豆皿。骨董の王道「古伊万里」ではありません。
ご存じのように「瀬戸」とは瀬戸物の語源。現在もやきものの産地としては有名なところです。
この手の豆皿は、型で押した凹凸模様に藍を差したものがほとんどで、安易に製造できることから、大量生産されました。
従って現在でも骨董屋に行けば1,000円から2,000円程度で手に入ります。
100年以上も前のものが、そんな値段で使うことができるのですから、骨董の入門にはいいかもしれません。
大きさもほとんどが10cm以下のものですからいくつも並べて前菜を盛ったり、漬け物や珍味を少しだけ添えるのにもいいでしょう。

そうすれば、たぶんそのあとはいい茶碗や小皿が欲しくなります。
そんな風に少しづつお気に入りの食器をそろえていくのもいいものです。
食文化とは何も味だけに限ったことではありませんので、器も楽しむことができれば、もっともっと食事の時間が素敵になるはずですから。

FC2 Blog Ranking

見込みからわかること 

見込み

この柄は、古伊万里の皿や猪口、鉢などに良く見られる見込みというものです。
主に、というかほとんどの場合「松竹梅」を上の写真のように丸紋に組んだものになっていますが、この見込みを見るだけでもさまざまなことがわかってきます。

まず簡単に見分けがつくのは、その器のレベル。
古伊万里の場合に限らず、器というものは絵が入っている以上、その絵の精度を見れば、器自体のレベルもわかります。もちろん手の込んだ絵付けがされているものはレベルが高いわけですが、古伊万里の場合、この松竹梅の見込みがだいたいの器に入っていますから、その精度を比べることで、柄が違う器同士のレベルを計ることができます。

そしてもうひとつ非常に大切なこと。
日本人の気質というものがわかります。
まず、第一に「こんなところにまでも松竹梅の柄を使うほど縁起担ぎを好む」ということ。小さな小皿にまでもこの柄が多用されています。
次に2番目は「ここには必ずこの柄、というような様式を大切にする」ということ。松竹梅を丸く組むことや三つの順序、入れる位置など完全に形式にのっとっています。
そしてもうひとつ「この柄が入っていればブランドイメージがつくというあんちょこなブランドイメージ戦略」。これは現在でも高級ブランドに似たものを一生懸命に作ったり、またそれを好んで買ったりする日本人の傾向が如実に現れているもので、江戸時代の昔から傾向として現れていたんだなと感心させられます。

こんど古伊万里を見かけたら試しにこの見込みを探してみてください。

FC2 Blog Ranking