FC2ブログ

まずは古伊万里のこのくらいから 



伊万里微塵唐草猪口 [古美術骨董・幕末]

骨董の定番中の定番といえばやはり古伊万里です。少し敷居が高く感じると思いますが意外と簡単に楽しむことができます。実際は信頼できるお気に入りの店を見つけるのがいいのですが、そこまでにはかなりの授業料が必要です。
オークションではかなり知識がないとまがい物をつかまされることもありますし、骨董市などは場所代がかかりますので普段より割高になることも多いようです。
最近では楽天などに出店する骨董屋さんも出てきましたので結構手軽に買うこともできるようになりました。上の写真は幕末の微塵唐草です。これで12,000円。高いか安いかは判断の分かれるところですが、1つくらい本物が欲しいと思っている方には頃合いでしょう。
これで冷や酒か焼酎でも飲めば秋の夜長が余計に楽しくなりそうです。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

創立20周年を前に 

私が代表を務めるコイズミデザインファクトリーは今年の12月1日で創立20周年を迎えます。つき並みな表現ですが、あっという間の20年でした。本当にたくさんの方々に支えられてきた印象が強いです。
もともと私は、両親がただの友禅職人であったので、自分が独立して事務所を持ち商売をしていくことになろうとは夢にも思っていませんでした。親類縁者にも商売人がほとんどいなかったのでなおさらです。デザイナーという職業に就きたいと思ったのは小学生の時でしたが、その当時はデザイナーという職業自体がこんなに多種多様だなどということは知るよしもなく、ただ単に絵を描くことが大好きな少年の夢だったのだと思います。
ただ、両親は決まった図柄を染めていく職人でしたので、ことあるごとに私に「この柄を考える方の人にならないといけない。」といっていた記憶があります。
一応その言いつけは守れたように思えるのが他界した両親に向けたわたしの感謝の気持ちでしょうか。
始めたときは20年も続くかどうかなど想像もできなかったのですが、独立した初日に雪の中バイクで納品したたった3,000円の伝票とマッチ箱のデザインは、一生忘れないと思います。

FC2 Blog Ranking

小中学校全国一斉学力テストの結果について 

今日の朝刊の1面は小中学校全国一斉学力テストの結果についてでした。
見出しは「基本の得点はまずまず、応用に弱い。」と言うものでした。
得点の平均を見てみると基本問題に比べて応用問題は10点ほど低くなっていました。

しかし、こんな事は当たり前のことです。朝刊の1面に見出しででかでかと書く神経を疑います。
考えても見てください。基本ができなければ応用はできるわけもありません。そして、基本がわかれば必ず応用がわかるわけでもありません。ましてや応用がわかって基本がわからないということはあり得ません。
ですから基本問題より応用問題が少々得点が低いというのは当然のことで、それをたいそうに1面の見出しにしたりするから、「ああ、最近の子は応用ができないのか・・・。」などと誤解する人が出てくるのです。
このニュースはラジオやテレビでも同じ内容のことを伝えていましたが、メディアはそんな当たり前のことをでかでかと流していていいのでしょうか。
読む側も冷静に分析する力が必要なのかもしれませんが・・・。

FC2 Blog Ranking

中国製万年筆の使い方 

気がつくと中国製の万年筆が5本になっていました。
ではここで中国製の万年筆ユーザーレポートです。
まず、デザイン。
基本的に有名ブランドのパクリです。でもコストを下げるために細部は省略されていることが多いです。仕上げはもちろん本物にはまったくかないません。ただ、あまり万年筆に詳しくない人にはまったくそんなことはわかりません。
次に書き心地。
これは思ったよりましです。モンブランやペリカンのようにそれを使うだけで字がうまくなった気がするほどではありませんが、書きにくいということはまったくありません。ただ、ペン先の装飾がいかにも安っぽいのはいただけません。今のところインク漏れやその他のトラブルは起こっていませんので、まずは合格点でしょう。
私は中国製の万年筆をスケッチ用に使おうと思っています。様々なメーカーから出ているカラーインクを12色くらい用意して、それぞれ12本の万年筆に入れるのです。中国製なら落としたりしてもそんなに痛い金額ではありませんし、12本をそれぞれ違う色のペン軸で集めることも可能です。YAHOOのオークションでは様々なデザインと色の万年筆が1本1,000~2,000円でいっぱい出ていますので1本試しにいかがでしょうか。
いずれそんなすてきなスケッチセットで描いた絵をお見せしたいと思います。

FC2 Blog Ranking

ipodブームもいいけれど 

Appleのipodブームにはすさまじいものがあります。先日も銀座に行ったときにアップルストアの前を通ったのですが、それはそれはすごい人でした。
Appleの場合新品であればどの製品をどの店で買っても同じ価格です。ですからヨドバシで買おうがネットで買おうがアップルストアで買おうが品質はもちろん価格も差はありません。
ところが他の家電量販店のMac売り場よりも直営のアップルストアの方が明らかにお客さんが多いのはなぜでしょう。
もちろん日本人特有のミーハーなところではあるのですが、それを見越した販売戦略をやってのけるアップルもたいしたものです。
一時はWindowsマシンに押されて壊滅寸前のところまで行きましたが、そのピンチは私たちデザイナーがなんとか救ったようなものです。ところが最近のipodブームで完全に息を吹き返し、破竹の勢いといえるものです。
ただその弊害というか必然というか、最近電車の中でシャカシャカとヘッドホンから漏れるあの音がたまらなくいやです。なぜか大音量で聞いているやつに限ってビートの激しい音楽が好きなようで、余計に耳障りです。周りへの気遣いができていないわけですから、おそらくそんなやつは仕事や日常生活でも人のお荷物になっているに違いありません。
各鉄道会社の方々、どうかあの耳障りなシャカシャカをなんとかしてください。

FC2 Blog Ranking

いい大人がホッケーゲーム 

こんな楽しそうなものをネットで見つけました。子供の頃はあまりにも高価なおもちゃで、これよりももっと小さなもので我慢していたものです。40も半ばになるとこのくらいの出費なら何とかなります。
買った当初は頻繁にやるでしょうが時間が経つとほったらかしになるのがこのたぐいのおもちゃすべてに当てはまるのですが、使わなくなったら押し入れにでもしまっておけばいいのです。箱もそんなに分厚くありませんので押し入れの端っこになんとかはいるサイズです。
心配しなくてもしばらくすればまたすぐにやりたくなってきます。
私の事務所にはこれのサッカー判があるのですが、この手のゲームはやはりホッケーでしょう。サッカーではボールが転がりすぎるのではずみでゴールしてしまったり、セットプレーをしようとしてゲーム板を思い切り揺すったりしてしまいますが、パックを使うホッケーはその点丁度頃合いのリアルさです。
いずれは事務所の商談室にと企んでいる私です。
手に汗握る迫力!デジタルにはない楽しさがあるテーブルホッケーゲーム
icon
icon
icon

FC2 Blog Ranking