FC2ブログ

またまた中国製 

木のおもちゃ

以前にも紹介しましたが、うちの事務所では以前100均で売っている木のおもちゃのデザインをしていました。その中のひとつを近くの100均で見つけたので買ってきました。
デザイン自体は50~60点ほど出したのですがそのうちいくつ商品化されたのかはわかりません。少なくともうちの事務所に30個ほどありますので、おそらくほとんどが店頭に並んでいたことでしょう。
このおもちゃに限りませんが、何年この商売をしていても、やはり自分の事務所でデザインしたものが店頭に並ぶのはうれしいものです。うちではいろいろな仕事をしていますので、見かける商品も様々です。書籍や、服、インテリア雑貨、手芸用品、手作りキット、競馬グッズ、ゴルフグッズ、ゆかた、御守など。
うちでデザインしたものが中国やベトナム、韓国、インドネシアなどで製造され、また日本に戻ってきて店頭に並ぶ・・・・。なんてグローバルなことでしょう。
そんなふうに考えるとたったひとつの小さな商品がとても価値のあるものに思えてきます。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

vero/puro誕生。 

vero/puro
最近、ウェアもエコロジーな考え方がずいぶん浸透してきましたが、今度、当社の得意先である株式会社イグルス様から「エコ素材を使ったワンマイルウェア」のブランドが登場します。
私がブランド名やブランドコンセプト、キャラクターデザインをさせていただいたのですが、そのキャラクターのうちのひとつを展示会用にマスコットにしましたので見てください。
頭は地球、体はアクア。なかなかかわいいでしょ。
ブランド名のvero/puroは、「ベーロ・プーロ」といいます。これはイタリア語で「本物」とか「本質」という意味です。
今後どこかのショップで商品を見つけた方は、ぜひ1枚。Tシャツやポロなどオーガニックコットンを使ったカットソーが中心ですのでエコな気分にも十分浸れます。
お薦めです。

FC2 Blog Ranking

硯と墨を買いました 

硯と墨
得意先の皆さんすいません。
私は、よく仕事で筆文字や筆を使ったイラストを描くのですが、本当のことをいいますと今まで100均の墨汁を使っていました。結構頻繁に使うので100均にいくとよく墨汁を買い置きしたりもしていました。
しかし、最近私も描くということを商売のひとつにしている以上、それではあまりにも不真面目ではないかと深く反省し、道具にもこだわりを持とうと決めました。
その一つが万年筆であったり、芯ホルダーであったりするのですが、筆で書くときにもその精神を生かし、墨や筆にも質にこだわろうと思ったのです。
筆に関してだけは昔からなぜかこだわりがあって、いまだに15年も前に買った筆たちを丁寧に手入れして使い続けているのですが、墨についてもこのたびやっと人に見られても恥ずかしくないものを買いました。
この写真がそれです。
硯は甲州産の雨畑硯。そして墨は奈良の古梅園。
奈良に行く機会があったのでいかにもそれらしい雰囲気の店で買いました。
硯はなんと10,000円。墨は5,700円。結構な出費ですがこれも飯の種と、おもい切って買いました。
まだ墨をすっていませんが、この道具で初めてこなす仕事はどんな絵になるのか少し楽しみです。

FC2 Blog Ranking

昭和30年代に生まれて 

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
吉岡秀隆、堤真一 他 (2006/06/09)
バップ
この商品の詳細を見る
私は昭和30年代生まれです。かなり後半の38年ですが。
この30年代というのは、たった10年間ですが、社会の動きという意味では今の30年分以上の価値観があるように思います。
たとえば平成元年に生まれた世代と平成11年に生まれた世代を比べてみると、もちろん違いがないわけではありませんが、取り立てていうほど周りを取り巻く社会は変わっていません。
ところがこの昭和30年代というのは30年生まれと39年生まれではまったくもって感覚が違います。日常生活もこの10年間で飛躍的に変化しましたし、日本経済も大きく発展しました。
最近この映画のプロモーションに絡んでコンビニや本屋では昭和30年代をテーマにした商品やコーナーが大変盛況です。テレビや冷蔵庫といったこの時代のフィギュアまで出る始末。とはいうものの見つけると1つ2つと買ってしまったりするのですが。
私は白黒テレビと冷蔵庫が当たりました。本当は手回し脱水の洗濯機が欲しかったなあ。「ここに指挟んだら指つぶれるで!」と怒鳴られた母親の声が懐かしく感じられます。

FC2 Blog Ranking

神戸・長田 鉄人プロジェクト 



鉄人というのはあの有名な「鉄人28号」のことです。作者である横山光輝氏の出身地である長田を震災の被害から立て直そうというプロジェクトとして、長田の駅前に等身大(18m)の鉄人28号をモニュメントとしてたてようという企画があります。費用の半分をチャリティーでまかなおうと言うことのようですが、なかなか思うようにいっていないようです。
そこでいくつかの企業がそれに協賛する形でキャンペーンをうっています。そのうちのひとつに私が普段ブランド構築などのお仕事をさせていただいている株式会社イグルスと言うところがあり、この写真のようなポスターをデザインさせていただきました。
イグルスという会社はメンズでは「santafe」、レディースでは「GERVE」というブランドをお持ちですが、今回その「santafe」というブランドで鉄人28号をデザインしたウェアを発売されます。
ただ単に鉄人28号をウェアに乗っけただけではなく、そこはさすがに「santafe」という仕上がりになっています。40歳前後の人がピピッとくるアイテムが揃っていますので見かけたときは是非ゲットしてください。
詳しいことは↓
http://www.igls.co.jp/santafe/index.html

FC2 Blog Ranking

なぜ?女性ばかり。 

コイズミデザインファクトリーは代表の私以外すべて女性です。これは創立以来ずっとそうです。一度も男性を採用したことはありません。
というか、私は会社員時代も含めて男性の部下を持ったことがありません。以前勤めていた会社のデザイン室は私が入社と同時にできた部署でしたので、新卒そうそうの私がチーフでした。その時も私以外はすべて女性でしたので、私は同じ職場で男性のデザイナーと一緒に仕事をしたことが一度もありません。
このことを話すと大概の人は「ハーレム状態でいいですね・・・。」と必ず言います。今までにきっと何千回といわれたと思います。
女性ばかりを採用するのには一応私なりのちゃんとした理由があるのですが、世間の人に私が信用されていないせいか、だいたいは半信半疑の様相です。
女性の方が有利な事としてひとついえることは、女性の方がワンパターンに陥りにくいのではないか・・・と、言うことです。男性のデザイナーは年齢を重ねるに従って経験も積み重ねるのですが、なにかその人の色がどこかに残ったデザインになる気がします。もちろん女性でもそういうことはあるのですが、男性の方が長年デザイナーという職業に就いている確率が高いせいもあって、顕著にでている気がします。
もう一つ女性しか採用しない決定的な理由があるのですが、それはまたの機会に。

FC2 Blog Ranking

そろそろ来年用の手帳を買いましょう 



モールスキン-MOLESKINミュージアムルールド ノートブック

楽天で以前私がこのサイトで紹介したモールスキンの手帳のスペシャルバージョンを発見しました。
私はスケジュールなどをシステム手帳で整理しているのですが、いろいろなプランや思いついたことのネタ帳としてはモールスキンの手帳を使っています。モールスキンといえば黒い表紙が思い浮かびますが、この時期になるといろいろなスペシャルバージョンが出るようです。最近雑貨屋さんの店頭は来年用のダイアリー売り場でにぎわっていますが、今年よく見かけるのは、モールスキンの赤バージョンです。当然女性をねらった商品だと思いますが、男性でもなかなかしゃれたものだと思います。この色でダイアリー以外の定番ものも出してくれたら、次のネタ帳は赤表紙のモールスキンといきたいところです。

そして、写真の商品は「モールスキン-MOLESKINミュージアムルールド ノートブック」。
楽天のサイトでは「2002年春、アムステルダムにあるゴッホミュージアムにて70万人規模の芸術祭が開催され、その芸術最を記念してゴッホミュージアムの名の入ったMOLESKINE NOTEBOOKが限定品として作られました。
2003年、多くの声に後押しされついに一般販売となりました。そのカバーは”ひまわり”のイエローに代表されるようなゴッホの色彩をイメージするような美しい6色の山東織シルク、帯封には彼の作品の一部がズームアッププリントされています。上品で、洗練されたアーティスティックなノートで自分自身を演出してください。」とあります。
ダイアリーではなくふつうのノートのようですが、売っているのを見たことはありません。今のうちに是非楽天で手に入れてください。来年のネタ帳にはぴったりです。

FC2 Blog Ranking