FC2ブログ

たこ唐草はなぜ人気があるのか 

たこ唐草そば猪口

これは私が所有するたこ唐草のそば猪口です。
たこ唐草のレベルとしてはあまり上手とはいえません。唐草に勢いとかボリュームとかが不足しているからです。
ただそれでも、江戸後期のものとなると2万円前後はします。

ではなぜたこ唐草は、そんなに高いのか・・・・。
理由は簡単。人気があるからです。骨董というものは常識的にすべて現品の1点ものですから、他の商品に比べて時価的要素が高いものです。つまり、需要と供給のバランスがもろに価格に現れます。
ちょっと骨董をかじったことのある人はご存じのことと思いますが、どの店でもたこ唐草と花唐草は飛び抜けて高いものです。だいたいは店の奥の棚に大きな皿やそろいの猪口が飾られています。

骨董に限らず、日本人は唐草模様がどうも好きなようで、様々な伝統工芸品から服地のプリント、織物、インテリアファブリック、泥棒の風呂敷まで、おおよそ総柄の模様といえば唐草が定番となっています。
これは、おそらく飛鳥や奈良の時代に中国や朝鮮半島の華やかな文化の象徴として入ってきた模様を21世紀の現代になっても、何かしらエキゾチックで、華やかな匂いを感じ続けているからでしょう。

それにしてもこのたこ唐草という模様。女性の方には気持ち悪いとおっしゃる方もいるほど、よくよく見れば変な模様です。
誰が名付けたか知りませんが、全く持ってそのまんまのネーミングです。

でも、ひとつのこの模様が後世に渡って人気を維持し続けていることは本当にすごいことだと思います。現代の模様がこのように何百年も後に、人々を魅了させられるかというと、はなはだ疑問と言うほかありません。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

スタンプが気になります。 





最近、よく雑貨屋でちょっと気になるスタンプが売っています。
デザインもクラシックなものからファンシーなものまで。上の写真のようにインクパッドとセットになって、それをさらにブリキの缶ケースに収めたりしたものもあります。

ある雑貨屋では、東欧のアンティークなスタンプを輸入していたり、また別の雑貨店では缶ケースに入ったインクパッドのカラーバリエーションをそろえたり。

うちの事務所では、納品時の大きな封筒に、何かしらのスタンプを押すようにしています。
そのスタンプ自体にはたいした意味はありませんので、受け取った方はあまり気にしないでください。
あたかもフランスから送られてきたようなスタンプが押してあったりしますが、フランスからウチのデザインが送られてくるわけもありませんので。

つい先ほどyahooのオークションで写真に写っているインクパッドの色違いを4色そろえました。
万年筆の次はスタンプか・・・と、言う声が聞こえそうですが、気になる方は楽天のサイトも買うことができますので良かったらどうぞ。

楽天で買えます。→【fog】スタンプセット パリ


FC2 Blog Ranking

外注先もエンドユーザーであることを忘れてはいけない。 

例えば、何かを外注先に発注するとします。その瞬間は確かに私はその外注先にとって発注者です。要するに私がお客さんです。
しかしよくよく考えてみると、その外注先の担当者は、私にとって大切なのエンドユーザーのひとりでもあるのです。
なぜなら、私のお得意様が造っている商品をその担当者が買って使っているかもしれませんし、私が仕事をさせてもらっているブランドの服を着ているかもしれません。もっと言えば、私のデザインした広告やパンフレットを見て商品を買ったひとりかもしれません。

経済というものは、どこかで必ず繋がっているものですから、これは至極当然のことで、今更発表するほどのことではありません。
ところがこんな簡単なことを全くわかっていない発注者が驚くほど多いことも事実です。

何かといえば外注先に横柄な態度をとったり、あたかも仕事をさせてやっているんだと言うような態度をとり、自分の無能さやいい加減さを相手に押しつける・・・・。

こんな発注者にはなりたくないものです。

私の事務所は、このような担当者とは仕事をしません。大切なお客様とは長くおつきあいをしたいからです。私が5年、10年とおつきあいさせていただいているお得意様は、すくなくともこちらの状況や気持ちをちゃんとくんでいただいている方々ばかりです。
20年以上もやっていると、そんな人ばかりではありませんでしたが、やはり、いい加減であったり、横柄な担当者とは長続きしたためしがありません。

以前、私がマンションを買うにあたって、銀行とローンを組んだときも、いくつかあった候補の中から、ある仕事でさんざんな想いをさせられた広報の担当者がいる銀行は、一番に候補から外しました。
住宅ローンといえば金利だけで何千万にもなる銀行にとってはある程度おいしい商品です。その何千万ものビジネスチャンスをたったひとりの横柄な印象の悪い担当者がいたがために、その銀行は逃していることになります。私の周りにもその担当者と仕事をした人がいますが、きっと私のように候補から外したでしょう。
得てして、そんな担当者は、誰にでもそんな態度で仕事をしますから、私のようにその銀行を外した人は他にも何人かいるはずです。
そうすると、その担当者がいい加減な仕事や横柄な態度をとったがために、その銀行は何億ものビジネスを逃したことになります。

怖い話です。会社は何も気づかない間に何億ものビジネスを逃がしたのですから。

これ程はっきりした話ではなくても、まだまだ自分が気づいていないうちに同じようなことが起こっているかもしれません。

自分自身もそれを肝にめいじて、日常の仕事に当たりたいものです。

FC2 Blog Ranking

そろそろスタッフ・ブログ 

当社では、現在7つのブログを運営していますが、更新しているのはすべてこの私です。
ウチには、あと7名の女性がいますが、1度も更新したことがありません。
そこで、みんなが気軽に更新できるスタッフ用のブログを作ろうと思います。
ウチのメンバーが好き勝手に何でも書けるサイトを立ち上げて、ウチの得意先や関係者に、もっともっとうちの事務所を知ってもらい、親近感を持ってもらったり、対外的にいろいろなことをアピールしようというのです。

果たしてどうなるのやら・・・・。

9月には立ち上げる予定です。

FC2 Blog Ranking

美術館紹介サイト 

MUSEUM
全国の美術館を自らの足で回ったレポート・サイトです。
美術館としての企画展や常設展の評価だけでなく、ミュージアムショップやレストランの評価も5段階でされています。
管理者は、某国内最大手アパレルの宣伝部に勤務する女性です。
近々、キッチンツールを紹介するサイトもオープンさせる予定とか・・・・。
MUSEUM→http://museumguide.blog17.fc2.com/

FC2 Blog Ranking

小さいデジカメを買いました。 

散歩用デジカメ
散歩カメラに小さなデジカメを買いました。
小型のデジカメはCanonのG7をもっていたのですが、ポケットに入れて歩くには少々重すぎるので、思いきって買いました。
本気で写真を撮るときはデジタルの1眼やフィルムカメラを首からぶら下げますが、常にカバンの中に入れておく訳にいかないので、このくらいの大きさのものが前から欲しかったのです。充電池を入れなければなんと130g。カメラをつけないストラップと同じくらいです。
そして、自慢はレンズがなんとLEICA。天下のパナソニックが嘘はつかないと思いますので、とにかくLEICAです。
目的としてはデザインの資料やリサーチの時にパシパシ撮ることですが、ちょっとした作品気取りの写真も1000万画素ならいけそうです。

ボディーのLUMIXのロゴがLEICAになるだけで値段が3倍になりますので、コストパフォーマンスは最高でしょう。(おそらくLEICA製も中身はパナソニック)

なにはともあれ、これからはカバンにいつも入れておくつもりです。

FC2 Blog Ranking

ギンザ・レッド・ウイ・ウイを知っていますか? 

僕たちの洋楽ヒット Vol.8 1975~76僕たちの洋楽ヒット Vol.8 1975~76
(2002/10/09)
オムニバスオーリアンズ

商品詳細を見る

最近この手の懐かしい曲を集めたCDがやたら目につきます。
私は昭和38年、西暦で言えば1963年生まれですが、初めて洋楽を聞き出したのは12~13歳の頃で、深夜ラジオを聞き始めた頃とだぶります。そして、その頃の曲は、強烈に印象に残っていていまだに口ずさむこともしばしばです。

このCDには、あの名曲「ビューティフルサンデー」をはじめ(田中星児ではありません、ダニエルブーンです。)、ベイシティーローラーズの「サタデーナイト」、カーペンターズの「見つめ合う恋」など懐かしい曲がびっしり。
中でも私が最も気に入っていた曲はデイブの「ギンザ・レッド・ウイ・ウイ」。
♪ギンザレッレドウイウイ~♪というあの曲です。
と、いってわかる人は少ないと思いますが、当時化粧品のCMで使われていた曲です。
今はフレンチPOPSなどヒットすることはまずなくなりましたが、当時はまだまだ人気があって、日本用に作ったフランス語の歌をCMに使ったのです。
まあ一度きいてみてください。
気持ちが軽やかになって、スキップしたくなるはずです。

FC2 Blog Ranking