FC2ブログ

平成20年総括 

本日で年内の業務を終了いたしました。
まずは合格点の1年でしょう。

事務所の業績もまずまず。いろいろと新しい仕事にもチャレンジしました。
特に商品企画やブランディングという分野では様々な業種からオファーをいただき、本当におもしろい仕事をさせていただきました。

また、後半はDT-CLUBという競馬グッズのブランドを立ち上げ、来年に向かってスタートを切りました。
この仕事を通じて新しい人たちとも巡り会い、また違う世界の人との交流も生まれました。

世間は100年に一度の不景気が到来したと大騒ぎです。内定取り消しや自動車メーカーの大不振など年明けに向けてどうなるのか不安になるニュースばかりですが、私個人としては、不景気の時の方がビジネスがやりやすいと思っています。

なぜなら、景気のいいときは誰がどんなやり方をしても儲けられる状況になってしまい、本当にがんばっている会社と適当にやっていても儲かった会社の区別がつかなくなってしまうからです。
不景気になって世間全体の仕事が減ったときこそ、いい加減な会社が淘汰されて、本当に実力を持っている会社が勝ち残れるのです。

来年はそういう意味で正念場。
うちの事務所も勝ち残れるようにがんばりたいと思います。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

瀬戸・豆皿のススメ 

豆皿

久々に骨董ネタです。
瀬戸の豆皿。骨董の王道「古伊万里」ではありません。
ご存じのように「瀬戸」とは瀬戸物の語源。現在もやきものの産地としては有名なところです。
この手の豆皿は、型で押した凹凸模様に藍を差したものがほとんどで、安易に製造できることから、大量生産されました。
従って現在でも骨董屋に行けば1,000円から2,000円程度で手に入ります。
100年以上も前のものが、そんな値段で使うことができるのですから、骨董の入門にはいいかもしれません。
大きさもほとんどが10cm以下のものですからいくつも並べて前菜を盛ったり、漬け物や珍味を少しだけ添えるのにもいいでしょう。

そうすれば、たぶんそのあとはいい茶碗や小皿が欲しくなります。
そんな風に少しづつお気に入りの食器をそろえていくのもいいものです。
食文化とは何も味だけに限ったことではありませんので、器も楽しむことができれば、もっともっと食事の時間が素敵になるはずですから。

FC2 Blog Ranking

iphoneいきなり活躍 

昨日、大阪に行く途中JRが事故の影響で止まってしまいました。長岡京を過ぎたあたりです。
以前、同じような事故のの時に電車から降ろされてわざわざ阪急に振り替えられたことを思い出してしまいました。
こういうときは今までカバンからネタ帳を出してあれこれと書き殴っていたのですが、今回はちょっと違います。

iphone登場。
前回に引き続きちょっと自慢です。

止まっていたのは約30分。私のiphoneにはそのくらいの時間は余裕でつぶせるだけのビデオが詰まっています。
勿論、ウオッカやカントリー牧場の馬たちのレースです。
昨日は、秋の天皇賞をNHKバージョンで25分にわたって観賞いたしました。

なんと便利な機械でしょう。ただただ、アップルとソフトバンクに感謝です。

FC2 Blog Ranking

ふざけるな!府税事務所 

今回は府税事務所に一喝。
この前は社会保険事務所について書きましたが、今度は府税事務所。
ふざけるな!と、言いたい。

今年の自動車税を納付し忘れていた私のところに、督促状と延滞税のついた納付書が送られてきました。と、そこまでは至極当たり前のこと。
その納付書を見た私は、あわてて銀行へ行き、延滞税とともに41,400円を納めました。
それから約2ヶ月。
今度は私のところに府税事務所から紫色の大きな封筒が送られてきました。自動車税も納めたし、今度は何を言ってきたのかと恐る恐るその封筒を開けると、100円と記した納付書のようなものが1枚。てっきり私は延滞税の日にち計算で、100円納付した額が足りなかったのだと思い、またわざわざたった100円を払いに銀行まで行かなければならないのか・・・とブルーになっていました。

ところが、なんとそれは全く逆で、「100円取りすぎでしたから銀行まで取りに来なさい」という意味の支払い通知だったのです。

ちょっと待て!
もともとおまえらが計算した納付書でこっちはちゃんと払ったのに、100円取り過ぎちゃったから取りに来い。と、言うことか!
何でわざわざこっちが銀行まで出向いていかなければならないのか!
おまけにこんな通知書のためにでかい封筒代や送料までかけて、税金の無駄遣いと思わないのか!

私は怒り狂いました。しかも一言のお詫びもないのです。

ん・・・・・・・・。なんか違うぞ。なんか違うぞ!

FC2 Blog Ranking

iphoneにしたという自慢です 

iphoneにしました。突然です。
持って帰ってきたときには事務所騒然、羨望と憎悪の入り交じった視線がビシバシと飛び交っていました。

今まで、ipodすら持ったことがない私がなぜ?
携帯なんてかけるときしか使わない人がなぜ?
携帯でメールもしない糸電話のような高価な機械の持ち主がなぜ?
itunesの使い方すら知らないのになぜ?

など、まわりからさんざん中傷されながらもiphoneにしたのには、明確な私なりの理由があります。

その理由とは「電車の中や出先でウオッカやカントリー牧場の馬たちのレース映像を見るため」です。

まあ、ついでにいろいろな曲が聴けたりするのもいいかもしれませんが、基本的に私はヘッドフォンやイヤーフォンというたぐいのものがあまり好きではないので、それはあくまでもおまけです。

もともとはできるだけ大きな画面で見たいと思い、Ipod/3Gを考えたのですが、8Gのタイプでも3万5千円程度します。思い切って奮発する気になってヨドバシの売り場をうろついていると、そこにSoftBankのブースが。
なんと2年間月々1.450円程度でiponeが手にはいるというではありませんか!
24ヶ月で34.800円。ほぼipod/3Gと同じ。しかも私はポイントが6000点もありましたので実質3万を切ることになります。

これはもうiphoneに機種変しかないでしょう。

私は思わず「こんなんじゃipod/3Gなんか売れへんようになるでしょ?」と店員につっこんでしまいましたが、あっさりその店員は「アップルもソフトバンクもそれでいいようですので。」と流されてしまいました。

いずれにしてもこれからはiphone三昧。
たっぷりとウオッカのレースを堪能できます。フフフ・・・・。

FC2 Blog Ranking

まずはブログから 

DTclubSTORYタイトル

先日書いた競馬グッズのブランドを立ち上げるという話の第2弾。
いろいろな競馬グッズを企画制作してサイトやショップで売っていこうというものですが、そのサイトを立ち上げる準備中に、まずはスタッフのブログを立ち上げました。

今現在私の記事はアップされていませんが、近々病弱のデザイナーということで登場します。
何を隠そうこのプロジェクト、そこらの競馬グッズショップとひと味もふた味も違うのが、そのコンセプト。
いきなりトップページのタイトルバックの画像があの久保吉輝氏の作品。
DTclubのロゴは生え抜きの競馬好きデザイナーであるこの私です。それだけでもかなりのマニアックさですが、プロジェクトの運営スタッフの面々もいずれ劣らぬ強者ばかり。

果てさてどうなることやら、まずはブログで小手調べ。
DT CLUB STORY→http://dtclubstory.blog92.fc2.com/

FC2 Blog Ranking

KDF STAFF BLOGスタート! 

うちの事務所の女性スタッフによるブログがスタートしました。
はっきり言って強制です。正社員は一人につき月3回の更新を義務づけました。その他のスタッフも含めると、つごう月20回は更新されることになります。
特別にテーマは設けていませんが、あまりにも世間知らずのスタッフが多いので、世の中に自分の考えや思いを発信することをとおして、少しでも世間を勉強してくれればと思っています。
どんなブログになるのか全く想像もつきませんが、暇なときはのぞいてみてください。
staffblog_s.jpg
http://designerskeizaigaku.blog119.fc2.com/

FC2 Blog Ranking

今年もはや12月 

梅田ヨドバシ前のイルミネーション

昨日、一昨日と二日続きの出張でした。昨日は大阪、一昨日は東京。
暗くなるのがはやくなったので、出張の仕事が終わる時間には街がイルミネーションであふれます。
東京は六本木、秋葉原、八重洲と廻る強行スケジュールだったので、さすがにイルミネーションを眺めている余裕はありませんでしたが、大阪はやはり近いという安心感からか、街の華やいだ雰囲気を感じ取ってきました。

うえの写真は梅田のヨドバシ前。ここは別に12月でなくても街路樹に青い光がともっているのですが、何となく12月にはまた違って見えてしまうのは不思議なものです。

私は、22年前の12月に独立しましたので、この時期になると何となく感慨深いものがあります。当時はまだバブルの前でしたが、それでもさすがに12月の街は華やいでいて、独立した自分が何となく疎外感というか寂しさというかをじんわり感じたものです。

その頃の丸ビルはまだ広告の電飾が回っていて、それを下から眺め、ふう・・・とはきだした息が、真っ白だったことをなぜかはっきりと覚えています。

あの年の12月のことは、きっと一生忘れないと思いますが、さすがに今はあの頃ほど寂しい気持ちになるわけもなく、ただ、ばたばたとせわしなく過ぎてゆくだけの時間を少しでもゆっくりかみしめながら年末の華やかさを味わえたらいいなと思っています。

FC2 Blog Ranking