FC2ブログ

これでいいのか!京都市美術館 

京都市美術館

私は生まれも育ちも京都です。学生時代、会社員時代もすべて自宅からという、良くも悪くも生粋の京都人です。
それ故に、京都の市政や文化事業、街の気質などには思うところがたくさんあるのですが、ここ最近もっとも気になっているのが、京都市美術館のことです。

京都市美術館は公立の美術館として日本で2番目に古く、戦前から当時最大の美術展であった帝展をはじめとして、常設展や特別展、市展を開催し、戦時下の悪条件を克服して、京都美術界の発展に寄与してきました。

と、そこまでは立派なものですが、最近では行政の無能さによるものかどうか知りませんが、全く持って面白味に欠ける運営といわざるを得ません。
昨今、地方都市の公立美術館や企業が運営する私立の美術館など全国でちょっとした美術館ブームが起こっていますが、そのどれをとってもそこに携わる人々の熱意や美術に対する純粋で前向きな姿勢がひしひしと伝わってきます。
ところが、この千年の都、日本伝統文化の都といわれる京都にある公立の美術館が、こんな状態では地方や海外からのお客様に対して、あまりにも恥ずかしい限りです。

確かに今現在も「ルーブル美術館展」という立派な展覧会をやっていますが、有名な画家や歴史ある公募展を開催すれば美術館としての役割を十分に果たしているのか・・・・と、いう疑問に駆られます。
第一、芸術の都といわれるパリには、そのルーブルという世界に誇れる美術館があるというのに、何かというと「千年の都」という言葉にあぐらをかいているわがまち京都には、こんなしょぼくれた美術館しかありません。

ここで京都市美術館にかけている要素をまとめてみました。
●空調がなっていない。
●ミュージアムショップすらない。
●気の利いたカフェやレストランは全くない。
●企画展に偏りがあり、斬新な催しや広く一般に訴える時流に沿った展示がない。
●ホームページもありきたりで、収蔵作品についての記述などがあまりにもおざなり。
●トイレや洗面所などの基本的な設備が最低レベル。  などなど。

これでは、美術に対する興味や文化を市民レベルで裾野を広げることなどとうていできません。一部の画壇や美術界の重鎮方が口うるさい土地柄ではあるけれど、美術館を運営しているのは京都市民の血税です。
もっと市民の美術に対する文化的レベルを向上させる施策はないのでしょうか。

今の京都市長は、ある新聞のインタビューで「京都にはほんまもの(「ほんまもん」ではないのか?)がある」と豪語していましたが、その「ほんまもん」がある街の美術館がこれでは「千年の都」という言葉にあぐらをかいているといわれても仕方のないことではないでしょうか。


スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

ハイボール・ブーム 

最近やたらと居酒屋やカフェ・バーでハイボールの宣伝を見かけます。
特に目立つのはサントリーの角瓶。あの無骨なガラスのビンです。

サントリーという会社は昔から大変広告のうまい会社というイメージがありますが、このところちょっと大衆向けすぎていまいちかなと思っていたところ、私のような40半ばのおっさんには実にぐっと来るCMを作ってくれました。



出演しているのはあの「三丁目の夕日」の小雪。
この人は妙な魅力があります。どちらかというとくせの強い顔立ちでいながら、何かしら憂いがあるというか何というか。

その彼女の魅力を存分に余すところなく発揮しているのが、最近の角瓶の宣伝です。

まあ、それを見てわざわざ角瓶のハイボールを注文している私などは、なんとも平均的で宣伝にのりやすいアホなおっさんなのでしょうか。

FC2 Blog Ranking

ご当地マンホール 

大津市マンホール

いろいろな観光地で写真を撮っていると、ときどきその土地を代表する行事や場所の絵柄を使用したマンホールを見かけます。私は見つけると何となく写真に納めていますが、その数も結構なものになってきたので、これからコレクションすることにしました。

上の写真は滋賀県の大津市のものです。琵琶湖大橋やミシガン、花噴水、花火大会など大津を代表する行事や場所が描かれ、かなり賑やかなデザインとなっています。

今まで私が見たのは、神戸の異人館や金沢大学、今井町、富田林など数十カ所になりますが、その都度写真に納めていなかったりしますので、これからはせっせとコレクションしてみようと思います。

FC2 Blog Ranking

金沢21世紀美術館 

21st_Century_Museum_of_Co.jpg

最近仕事で立て続けに金沢へ行く機会があったので、この際少しくらいは観光もしてやれと思い、うろうろと歩いてみました。
そして、まずはここかと思い足を運んだのは、超人気スポット「金沢21世紀美術館」。

私はこんな仕事をしていながら、あまり美術館というものが好きではありません。
それはきっと、学生時代にこれっぽっちもおもしろみのない京都市の美術館に嫌と言うほど通った結果のトラウマかと思っているのですが、最近の美術館はどうやらひと味もふた味も違うらしく、お決まりの有名画家の企画展や公募展ばかりでなく、現代アートや写真、個人に特化したものなど各美術館なりに様々な特色を持っているようです。
カフェやレストラン、ミュージアムショップもかなり充実していて、企画展のためにお金を払わなくてもそこそこ楽しめるようになっていたりします。

この「金沢21世紀美術館」はものすごく簡単に言うと子供から大人まで楽しめる現代アートの美術館ですが、無料で利用できるライブラリーやミュージアムショップ、レストランがかなり充実していて、アートを鑑賞した後、お茶や食事を楽しみ、アカデミックなミュージアムグッズを買って帰るという実に文化的な1日が過ごせるようになっています。特にレストランはメニューもちゃんとしていて、ランチの時間にはバイキングをお目当てに1時間待ちという長蛇の列。

下の写真はこの美術館で1番の人気作品である「スイミングプール」。
上からのぞくとまるでプールの底に人が立っているように見え、逆にプールの底から上を見ると水の外に空が広がって、のぞき込む人たちがゆらゆらと見えるという仕掛けです。

現代アートについてはまた後日書かせていただくとして、何よりもこの美術館の成功は、難しいことを言わず、誰でも身近にアートとふれあうことができるようにしたと言うことにつきるでしょう。

金沢21世紀美術館

FC2 Blog Ranking

鉛筆ホルダーの誘惑 

鉛筆ホルダー 2

一見万年筆。
でも実は鉛筆ホルダー。
大阪の手作り万年筆で有名な加藤製作所製です。

鉛筆というのは実に便利な筆記具で、濃淡、細太自由自在。失敗しても消すこともできる。
それなりの紙に描いたときには、紙面と芯のこすれる感じが何とも心地よい。

ただ、弱点は描いたものが摩擦に弱いこと。芯の主な成分である黒鉛は長期の保存に耐えるのだけれど、こすられると弱い。
ただ、道具というものはどれをとっても万能ということはないので、その道具の長所も短所も理解した上で使いこなせば、なんということはない。
長く使っているとその欠点すら「味」とか「趣」とかに変わってくるものだ。

鉛筆ホルダー 1


鉛筆には、友達がいてそいつを一緒に持つとさらに便利になる。
消しゴムとペンケースがそれだ。
もっともそいつらを一緒に携行しようとすると、そいつらを入れる鞄も必要となってどんどん話が大げさになる。

ところがこの鉛筆ホルダーがあるとすべて解決。
もともと万年筆やボールペンで描くことになれていると「消す」という作業は省いてしまっても問題がないので消しゴムはいらない。
すぐに折れてしまう芯もホルダーのキャップが守ってくれる。
おまけに胸のポケットにアクセントにもなるとなれば一石三鳥というところか。

ただ、描いている途中で芯が折れてしまったときは、ご愁傷様としかいえない。

FC2 Blog Ranking

発展するサンゴ水槽 

サンゴ水槽

7月の頭にセッティングしたサンゴ水槽がようやく賑やかになってきました。
現在収容しているサンゴは、バブルコーラル、マメスナギンチャク2個、ディスクコーラル2個、アワサンゴ、パレオクビライシ、オオバナサンゴ、キクメイシ、スターポリプ、イエローポリプ、チジミトサカの13個。
それぞれに特徴があってひじょうに不思議な生物たちですが、かなりデリケートなために飼育するのも大変。
2週間に一度は50リットルの換水。毎週日曜はエサやり。

知らない方も多いと思いますが、サンゴというのは光合成もしますし、エサも食べます。エサを食べているところは、イソギンチャクとほとんど同じですが、その同じサンゴが光合成もするという何とも変わった性質を持っています。

また、夜には縮こまってしまい、昼間の優雅な様子はまったく影を潜めます。その落差は信じられないほど大きく、特にアワサンゴなどはまったく想像もつかないほど変化します。

ゆらゆらと水流にたなびくサンゴを見ていると仕事でのストレスが癒されるのは良いのですが、サンゴを飼うという大変さでストレスがたまるのが何とも悲しい話です。

FC2 Blog Ranking

今年もまたインターン生がやってくる 

明日からまたインターン生がやってきます。
今年はなんと30日間。
今時の専門学校生は本当に大変です。
見も知らぬ職場で30日間も働かされるわけですから。

ここ最近、うちで受け入れるインターン生は女性にしていただいています。
別に私個人の好みの問題ではなく、うちのスタッフのメンバー構成の問題からです。

うちのスタッフは、私以外全員女性です。年齢もバラバラ。
そこへまだ18や19の男子学生が一人でインターンにくると、気後れして実習どころの騒ぎでなくなってしまうのです。
私がいるときはまだいいのですが、日によってほとんど出たまんまのこともありますから、そんなときは本当にかわいそうです。

そんな理由で最近は女性にしてもらっています。
今回明日からくる子も女性です。
兵庫県の香住出身で、下宿しながら学校に通っているようですが、30日間もインターン実習とは本当に気の毒です。
私が学生の頃はそんな制度がなかったので、気楽なものでした。

何はともあれ、30日間がんばってほしいものです。

FC2 Blog Ranking