FC2ブログ

京都の街に未来のヴィジョンはあるか 

京都

仕事で東京や大阪へ行くとつくづく思うことがある。
それは、わがまち京都の今後について。
私は京都に生まれ育ち、その歴史と伝統に敬意を払い、この街を愛してきた。

ただ、ここ最近の京都は、外人をはじめとした観光客が激増したり、雑誌やメディアで日本の心の源のように紹介されたりと内外からは注目されてはいるものの、今ひとつ活気がない。街としてのときめきが停滞しているのだ。

たとえば東京。もちろん日本の首都であるから発展は当たり前だが、ここ2~3年の間にどれだけ変貌していることか。丸の内界隈の高層ビルラッシュや高級ブティック街の出現、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、国立新美術館、赤坂サカス、汐留界隈、表参道ヒルズなど数え上げればきりがない。

そして大阪。梅田では阪急百貨店のリニューアル、大丸の増床、大阪駅北側の総合開発、南海パークス、○I○Iの出店、IKEA大阪店オープンなどの開発ラッシュ。また、近郊では西宮ガーデンズなども相次いでオープン。
また、大阪では財政難の突破口として府庁の移転問題が激しく議論されたり、東京でもオリンピックの誘致に必死だ。

これらはそれぞれに賛否両論あるとは思うが、すべてに共通していえることは民間と行政が真剣に議論をし、お互いに協力し合いながら自分たちの街を少しでも魅力あるものへ変えていこうという姿勢が現れているということだ。
たとえそれがビジネスのためであろうとそんなことはかまわない。一番大切なことは民間と行政が一体となって自分たちの街の未来に対してビジョンを持っていることだ。

それに引き替え京都はどうだろう。
京都駅南開発事業の目玉であったはずの京都最大級のショッピングモールはいまだに開店のめども立たず空き家のまま。何年先かわからない水族館建設は完全に民間に頼り切り、地下鉄まで通した京田辺は同志社大学だけが貧乏くじを引いたかのようにそのほかの発展はないまま。せっかく京都高速ができても行き着く先に何もない状態だ。
あれだけ大騒ぎをした迎賓館にしても、いったい年にどれだけ稼働していることやら。一般市民は憩いの場所を提供したにもかかわらず見学することしかできない。
稲荷山トンネルに至ってはいつ走っても自分の前後は何も走っていない状態、京都駅前のヨドバシが完成したときの交通渋滞の予測もはたしてどれだけされているのかわかったものではない。現に周辺道路は伊勢丹とビックカメラだけで現状でも満杯状態だ。

前々回このブログで取り上げた市民しんぶんの記事で、知事と市長が何を話し合うためにわざわざ同席したのかというと、驚いたことに「市バスの走行環境改善」と「放置自転車問題」。
それも確かに大事ではあるけれど、そんな問題は担当者レベルで話し合えば十分だ。
有名大学を出た職員がわんさかいるではないか。
知事や市長はもっと大きな視野で京都の未来へ向けた開発計画について話し合うようになれないものか。
厳しいようだが、実にレベルが低い。

京都の街には仏教界や伝統産業の組合など難しいしがらみが多いのはよくわかる。
ただ、その業界の努力もあって年間に5000万もの観光客が来ているのも事実だ。これだけ世界からも注目される「京都」という街の首長になった以上そのくらいのことは百も承知のはずではないのか。
現市長や前市長のように自分の母校をブランド化することが教育改革だなどといっていることで市民が納得するとでも思っているのか。
ここ最近京都府も京都市も首長は身内(助役や教育委員会上がり)からばかり出ている弊害としか思えない。

ここらでもっと大きな視野でこの伝統ある京都の街を活性化するリーダーの出現を望みたいものだ。
それがたとえタレントであっても、国会議員の鞍替えであってもかまわない。
京都出身の京都を愛する人物であれば、あとは「京都」という街をどう経営してゆくかのビジョンを示せる人物が良い。
役所の中から出すのはもう人材の限界が見えたと思うのだが・・・・。

またまた辛口なコメントになったが、私は京都を愛する一市民として、声高に言い続けることくらいしかできないのであえてここで言わせていただいた。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

古伊万里のなます鉢 

古伊万里なます鉢

古伊万里の中でも染め付けといわれる磁器の白と呉須の藍で表現される世界は、骨董の中でもっとも人気の高い領域です。
古伊万里中心の骨董屋をのぞくと、だいたいは手前から小皿、中皿などの比較的小さい皿、そば猪口などがまず目にはいるのが定石です。
そしてその後に控えるのが上の写真のようななます鉢。
そば猪口のいろいろな用途で普段使いができますが、このなます鉢もそれに劣らず使い出があって人気です。

そば猪口に比べて面積が大きいので、その分柄が重要になってきます。
人気の蛸唐草や花唐草は柄にもよりますが1枚20,000円前後となかなか手が出る価格ではありませんが、写真のみじん唐草や山水画のようなものなら10,000円前後から手に入ります。

食卓では刺身や炊き合わせを少しだけ盛って、食材の間から柄を楽しみながら使うのがいいでしょう。
だいたい見込みには松竹梅の決まった様式を踏襲しているものが多いので、その周りの額縁までが料理を盛っても良い境界でしょうか。そうすれば周りの柄が料理を引き立ててくれるはずです。

予算が許せば5枚組でそろえたいところですが、幸いなことにこのなます鉢はどれをとってもおおかた同じような寸法ですから、一つづつ気にいった柄をそろえて5枚にするのも一興。
できれば呉須の色がだいたい近いものでそろえると統一感があってさらに趣の深いものになるでしょう。

古伊万里のなます鉢、刺身を盛ってそば猪口で一杯やりたいところです。

FC2 Blog Ranking

もっとちゃん考えてくれ京都市民しんぶん 

きょうと市民しんぶん

京都の市民しんぶん最新号です。
千年の都にふさわしいと思う人がどれだけいるでしょうか。

しかも「市民しんぶん」というタイトルは「市民」と「しんぶん」が左右逆。
京都市の広報課に何人の人がいるのか知りませんが、誰も異議を唱えなかったのでしょうか。
毎号使用しているイラストも疑問符。

しかも今回は衆議院選挙にあわせたのか、京都市と京都府の長がそろって一面の写真に登場。
さらに笑わせるのが「門川市長と山田知事が懇談」とトップに。
その都道府県の知事とその中で政令指定都市に指定されている京都市の市長が懇談したことのどこが珍しいのか。そんなことはしょっちゅうあって当たり前だし、ましてそれを1面のトップ記事にする必要がどこにあるのか。
全く持ってこの写真はいらない。
ふつうなら放置自転車や市バスが走っているところの写真があってしかりである。
民主党が圧勝することを見越して少しでも存在感をアピールしたいのか。


おまけにこの記事のしたには毎号市長のコラムがあってそこにも顔写真がのっている。
少し前まで自分の似顔絵を描かせてことあるごとに登場させていたりもした。

いったいこのしんぶんをつくっている奴らは1200年前から引き継がれてきた京都の街の品格や伝統、歴史をどう考えているのか。
その街の広報課としてプライドはないのか。

決まって公共のデザイン物はどうでもいいような修正を2回も3回も4回も5回も入れるかとおもえば、肝心の広報物の品格やクオリティーには目もくれない。
本人たちはわかったようなことをいっていても勉強不足だから説得力もない。

給料も印刷代も私たち市民の血税から出ているのだということをもっと自覚してもらいたい。

ひさびさに強烈な辛口批評であったが、それくらい私は怒っているのだ。

FC2 Blog Ranking

大連に行ってみたい 

大連

わたしの祖父母は戦前の昭和10年頃、大連で結ばれ母が生まれました。
最近わかったのですが、私の祖父は当時の大連でバンドネオンという楽器のプロとして、ナイトクラブやダンスホールで演奏活動をしていたようです。

私は父方、母方ともに祖父を写真でしか知りませんので、祖父がどんな人であったか、どんな人生を歩んだのかなど、ここ最近になって非常に興味がわき、是非とも知りたくなってきました。
まあ、私自身も年をとってきたからかもしれません。
そしてもう一つの理由、それは何より、今の自分の性格や容姿、特性などがどこから受け継いだのかということに以前から非常に興味があるからです。

そんなこともあって、祖父母が結ばれた場所である大連に一度行ってみたくなったのです。

戦前の大連は満州国の玄関口としてそれは華やかだったのだそうです。
(参考サイト満州写真館 大連市街地
そして今現在もその当時の面影を残す建物がたくさん残っていて、華やかだった頃を感じることができるようです。

私は時折、仕事の関係で中国に行こうと誘われるのですが、今までは何となく気が乗らず断っていました。でも今度、もし大連に行けるチャンスがあれば是非いってみたいなと、思うようになってきました。

FC2 Blog Ranking

まるめ工房 WEB SHOP OPEN! 



コイズミデザインファクトリーが応援する陶芸作家「山極めぐみ」の作品を紹介し、販売するサイト「まるめ工房」がオープンしました。

何度かこのブログでも彼女の作品を紹介しましたが、よりたくさんの人に独特の世界観を持つ彼女の作品を知ってもらい、使っていただこうとウェブショップオープンに至った次第です。

「和」にも「洋」にも自然になじむ器たちを是非手に入れて実際に使ってみてください。
今ならオープン記念のプレゼントやオープン記念価格の商品もあります。

実際の製作工程の紹介や彼女のプロフィールもアップされていますので是非一度ご覧ください。

まるめ工房 http://www.marumekobo.com

FC2 Blog Ranking

10年ぶりの同窓会 

8月の29日に10年ぶりの中学校同窓会がありました。
土曜の昼間からのスタートだったので、どのくらいの人が集まるのか少々不安でしたが、卒業して30年の月日がたっているというのに、200人の卒業生中約4分の1の50人が1時間に参加してくれました。
2次会も何人かの入れ替わりがありましたが、約40人が参加。驚くべき参加率です。
午後1時のスタートで二次会が終わったのは午後6時。この時点で5時間が経過しています。

そしてさらに驚くべきは3次会。
場所を居酒屋に移して午後7時スタート。ここでも参加者は約40人。何人かは2次会とメンバーが入れ替わっているものの、3次会終了の午前1時でもこれだけの人数が残っていました。

さらにさらに4次会。
カラオケボックスに場所を移し、集まった人数は17人。終わったのは午前3時。

おまけに5次会。最終的に残った5人でうどんを食べに。

スタートから終了まで、なんと16時間。
こんなに長丁場の宴会はもちろん初めて。

ただ、こんなに楽しい宴会も初めてでした。遠方からわざわざこの同窓会のために帰ってきたもの、病気を経験してみんなと会えたことによろこびを感じるもの、久々に恩師に会えて感激するもの。みんなとても楽しそうで、本当にすばらしい同窓会でした。
幹事の女性にみんな本当に感謝して、また5年後に再会しようと決めました。

私も少しはお手伝いをさせてもらいましたが、せっかく作ったスライドショーがパソコンのトラブルで肝心の修学旅行のところをとばされてしまい、ちょっとがっかりです。

次回の5年後はどんなメンバーが来てくれるのでしょう。
今から楽しみです。

FC2 Blog Ranking