FC2ブログ

「量より質」という言葉はいかがなものか 

京都

昨年、久しぶりに京都の観光客が減少した。
長年の目標であった5000万人を達成したかと思えば、たった1年で減少に転じた。

理由はおおむね世界同時不況のあおりとのことだが、果たしてそれだけであろうか。

今年京都市や観光関連団体が掲げている方向性に「量より質」というスローガンがある。
誰が考えたのかは知らないが、今の京都市のリーダーならこんな節操のないスローガンをぶち挙げても何の不思議もない。
だいたい「量より質」というのはどういうことか。
意地悪な解釈をすれば、「とにかく多すぎるのは、さばくのがやっかいなので数は少なくても質の高い観光客だけ来てくれればいい。」という風になってもしかたがない。
現に各団体の言い分を見ても「長期滞在型で京都の伝統と文化をじっくりと堪能してもらう」ということが平然といわれる。
だいたい長期滞在をして京都の伝統や文化を堪能するにはどれだけ金がかかると思っているのか。

京都観光に来た人々のアンケート結果を何かで見る機会があったが、「店員や運転手の対応が横柄」とか「見せてあげているという態度が気に入らない」などという悪評が目立った。
もともと京都人は腹の中で何を考えているかわからないなどといわれるが、そういう既成概念を実証しているようなものだ。

ただでさえ京都の観光地は本物が少ないといわれるのに、1200年の伝統だけにあぐらをかいていてどうするのだ。
ましてや天守閣すら残っていない城や1つも国宝がない寺が世界遺産のひとつに数えられていたりするような低い意識の観光地が「量より質」とは何事か。

100歩譲って「量より質」というのは「おもてなし」のことであって「粗悪なおもてなしをたくさんするより質の高いおもてなしをしましょう」という意味であるならわからなくもないが、それなら「量より質」などという言葉の使い方はあまりにも相手の気持ちを考えていないし、センスがない。

だいたい京都ブームというものは京都人がつくりだし、様々な努力の上に盛り上げたというよりは、各方面のメディアがドラマやバラエティー、映画、雑誌などに乗っかって助長したものに過ぎないのに、京都人はそれを1200年の伝統が外国人や日本人観光客に受けたんだ・・・などと勘違いしているので、観光客がじわじわと減少してもなすすべがない。いままで自分たちで盛り上げてきたわけではないのでどうしていいのかわからないのだ。

私自身京都に生まれ育った人間であるが、どうもこういう京都人の他力本願さが好きではない。
「日本に京都かあってよかった」などと他府県の反感を買うようなキャッチコピーしか思い浮かばない京都市長をはじめ、京都の観光関連団体や観光関連業者はいまこそ我の姿を鏡に映し、もっと謙虚な気持ちで海外や国内からの観光客を迎える心構えが必要だ。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

KDF WEB SITEリニューアル 

KDF WEB

久しぶりに当社のWEB SITEを全面リニューアルしました。
何年も同じデザインで続けていたので、ここらで心機一転。
SEO対策も一応がんばってみました。
yahooでは「京都 デザイン事務所」とか「デザイン事務所 京都」と検索すると2ページ目に来ます。
以前はアフィリエイトの検索バナーがあったので、googleではほぼトップに来るのにyahooでは6ページ目にようやくトップページではないページが来ているという状態だっただけに、今回のリニューアルで大幅に改善されました。

今回もデザインのコンセプトは「何でもありで統一感もある」ということに変わりはありませんが、前回より多少シンプルになったかなという気はします。


相変わらず事務所で運営しているブログへのリンクバナーが右端にずらり。
今回は思い切って「KDF最近のお仕事」という弊社ギャラリーのダイジェストページのようなブログを一番上に持ってきました。

左端にはRSSで3つのブログの更新ニュースを表示し、今までよりもさらにアクセスアップを目指します。

まだまだ進化していく途中ですので、ちょくちょく見ていただけるとうれしいです。

コイズミデザインファクトリー KDF WEBhttp://www.koizumi-design-factory.com

FC2 Blog Ranking

参議院選挙が終わって 

民主大敗

予想通りの大敗。誰でも予想がつくようなまずい戦略を民主党はなぜやってしまったのか。
与党か野党か、それぞれみんなの思惑もあり、選挙結果についてここで述べる気はないが、
今回の選挙でかなり気になったことがある。

それは論戦のテーマだ。
消費税問題、法人税減税、景気対策、雇用対策、福祉や子育て支援、高速道路料金問題、赤字国債、緊迫した財政、これらは皆よくよく考えてみると「金」の問題だ。
結局のところどこにどれだけ「金」を回して、その「金」をどこから持ってくるか、という問題に終始している気がしてならない。
それは言い換えれば「誰が誰に金を出すか。」「誰がどれだけ金をぶんどるか」ということに過ぎない。
つまり、「金」の取り合いだ。
「金」の取り合いのために選挙をしているようなものだ。

日本という国はいつからこんな国に成り下がったのか。

国民の教育レベルを上げるといっても行き着くところは結局「金」の取り合いだし、教育産業の優遇に過ぎない。

もっと国民の根本をたたき直すような政策を唱える政治家はおらんのか!
「金」をかけなくてもできる人間教育などいくらでもある。
学力偏重にまた逆戻りするだけのことだというのがなぜわからんのか!

国民の良識とか道徳心を確立すれば、いろいろなことが自然と解決する。
犯罪も減るだろう、贅沢ばかり言ってはたらかんやつも減るだろう、非常識な雇用形態で人を働かすやつも減るだろう。親も大切にするだろう。
短期間でこんなことは実現しないが、10年先、20年先の日本を支える世代の人間教育こそ落ちぶれてしまった国を立て直す方法ではないのか。

数学や英語もいいが、私は道徳の時間を今よりももっと増やして子供の頃からそういう良識を育てるべきではないのかと切に願う。
もう日本はそのくらい情けない国になってしまっているのだ。
長い間かかって堕落したものは一瞬にしては改善するはずがない。
また長い時間かかって回復するしかないのだ。

FC2 Blog Ranking

今日は参議院選挙投票日 

あいにくの雨で投票率が下がりそうですが、今日は参議院選挙の投票日です。
日本国民である以上政治に文句を言うための最低条件は投票に行くことです。投票も行かずに文句を言ってはいけません。
いつも選挙のたびに不思議に思うのは、なぜこの人が・・・・という人が立候補していることです。
今回もタレントやスポーツ選手、写真家というのもいました。
別にタレント議員を否定するつもりはありませんし、逆に役所上がりのような人ばかりが続くより風穴があいていいと思うことはよく借りますが、(今の大阪府知事や大阪市長、宮崎県知事、東京都知事など)同じタレントでも何でこの人?とか、このスポーツ選手がなぜ今?というのがよくあります。

今回の参議院選挙はまさにそれ。

自民党も民主党もその点は似たり寄ったりで、大差はありません。

投票に行って時々思うのですが、今回のように比例代表と選挙区の2つを書くときに「この候補者はいいと思うがその人のいる党はいかがなものか・・・・」ということがよくあります。
今回の選挙でも私は、選挙区に書いた人物の所属する党を比例区では書きませんでした。
もちろんそういうことがあるのでこのような制度になったということもあるのでしょうが、何となく釈然としない気持ちが残るのも事実です。

今夜遅くには大勢が判明します。
日本の行く末はいかに。

FC2 Blog Ranking

イオンモールkyotoはたして 


イオンモールkyotoがオープンして1月が経った。
紆余曲折の結果ようやくオープンにこぎつけた感があったが、この辺で一度検証してみよう。

まず、売り場構成。
これはお世辞にも良いとは言えない。
1階の正面から入っていきなりまだテナントが埋まっていないスペースがドカンと現れる。
ZARAがカミングスーンということのようだが、いくらなんでも1階の正面からこれでは先が思いやられると思いながら2階、3階と進んで行くとまたまた秋オープンという開きスペース。
さらに4階に進んで唖然とした。
本来の階はいわゆる食堂階なのだが、現状では約1/5が開きスペースのまま。
しかも、埋まっているテナントの中には、鉄道模型店やラジコンを走らせるコース、占いのブース、手芸店など、どう見てもにわかに埋めたようにしか思えない。

次にテナントの内容。
これは微妙だ。
一部になかなかと思わせるショップもある。
1階の雑貨屋や別棟のスポーツ用品店、同じくインテリアショップ。そして京都駅近辺から姿をけして久しい映画館。これらはなかなか評価できる。
ただ、アパレル系のショップに新鮮味がない。中には京都初出店のところもあるがそれほどのインパクトがないショップが多い。
そして最も問題が4階。
いくらなんでもオープンして間もないモールにラジコンのコースや鉄道模型のジオラマコーナーはいただけない。そういう趣味を持った人には失礼かもしれないがこの手の売り場は、テナントが埋まらなくなった商業施設などでよく見られるもので、何かうらぶれ感がぬぐえない。

そして建物自体のできばえ。
これはかなりレベルが低いと言わざるを得ない。真中の吹き抜けのモビールや様々な設備のしつらえ、自転者置場や駐車場の数、どれをとっても合格点は無理だ。
最も呆れたのは、せっかくのエントランスが臨時の自転者置場にするためにコーンで区切られみるも無惨な状態であることだ。

次に客層。
これは簡単いうとイオンらしい。
よくいえばニューファミリー向け、悪くいえばスーパーのレベル。いわゆる百貨店層でなない。
わざわざ靴や服を着替えて行くレベルではなく、普段着で行けるレベルだということだ。
実際、サンダル履きの子供や男性がかなり多い。


そして客側として非常に恥ずかしいのは、入場者のマナーが悪いことだ。
休憩用のソファーがいっぱいだからといってフロアに座りこんだり、ショップの商品が売れて空いた棚で子供がまるでジャングルジムのようにあそんでいても親は叱りもしなかったり、最もひどいと思ったのはテナントが埋まっていない開きスペースでバドミントンをするようなやつまでいたことだ。
上海万博での中国人のマナーが取りざたされているが、これでは日本人も偉そうなことは言えない。

いずれにしてもせっかくオープンした施設だ。この秋オープンする駅前のヨドバシとともに是非成功して欲しいもおだが、それには京都市と京都市民の力が必要だ。
市民は最低限の公共の場でのマナーを守り、気持ち良く買い物ができる施設を育てることが必要だし、京都市は交通システムや施設への導線の整備、周辺開発など課題が山積みだ。

そういうものが達成されてこそすてきなショッピングモールが出来上がり、魅力あるテナントが集まるのだ。

FC2 Blog Ranking