FC2ブログ

リバティーのシャツを着て 

男性でリバティーのプリントと聞いてピンと来る人はなかなかの洒落人。
その独特の花柄や唐草、モチーフなどの総柄は、他社のものとは一線を画す。
その緻密な柄をプリントするには、非常に繊細な技術と計算されたテキスタイルデザイン、上質の生地が不可欠だ。

リバティー

元来花柄が多いので、どうしてもレディースの印象が強いが、よくよく探すといくつかのブランドでメンズのシャツに出くわす。
特に今シーズンはリバティーブームもあって、例年よりも多く見かける気がしていた。

わたしとリバティープリントの出会いは、10年ほど前に契約していたDOLCEというブランドでシャツをつくったのがきっかけだ。契約といっても私は服自体をデザインするわけではなかったので、プリントや刺繍の柄を描いていたのだが、そのDOLCEというブランドにおられたIさんという女性デザイナーに、当時はまだメンズではほとんどつくっているブランドがなかったリバティーのプリントシャツを奨められた。
もともと私はトラッド育ちなので、ストライプやチェックの柄物シャツは少々派手でもOKだったが、その奨められたシャツはなんと総花柄。さすがに少々躊躇したが、そのなめらかな生地のすばらしさと微妙なカーラーにひかれ、思い切って購入した。
まるで絹のようになめらかだったそのシャツは、昨年の夏まで私のワードローブでとっておきの1枚としてラインナップされていたが、さすがにもう何度も洗濯したので、生地が薄くなってしまい、すり切れるところまで発見する始末。
と、いうこともあって昨年と今年1枚ずつリバティープリントのシャツを買った。

リバティー

これは今年買ったものだ。梅田の阪神百貨店をうろうろしていて見つけた。
ブランドはアニエスb。サイズ的なこともあって今までこのブランドのものは買ったことがなかったが、この柄にひかれ、ダイエットの成果もあって迷わず買った。

私は、ネイビーのジャケットが好きなので、その中に着ることを想定していたが、茶色のツイードジャケットでもなかなか相性が良い。去年買ったものはブルー系の柄だったので、その点でもこのピンクが良かった。

問題はいつ降ろすかだ。
普段着にできる値段ではないので、東京や神戸に出張の時がチャンスか。

ただ、私自身はもうこのような柄のシャツを見慣れたが、世間的には「なんて派手な野郎だ・・・」と思っている奴がいても何の不思議もない。下手をするとおばちゃん用のブラウスを着ているのかと思う奴もきっといるはずだ。

だからこそ最初に着ていく先はアパレルの得意先に限る。彼らならすぐにリバティーと見抜いてくれるに違いないからだ。
第一候補は今度の24日か。大阪で夕方に打ち合わせがある。
ただ、JOMAというフットサル用のブランドとの打ち合わせなので、リバティーは向かないかもしれない。

まあ、そこまで計算して服を選ぶこともないので、着たいときに着ればいいのだが。

リバティーを知らないという人はこの本でお勉強を。
彼女や娘さんに笑われる前に。

The Liberty Home: Distinctive Sewing Projects from Classic Liberty FabricsThe Liberty Home: Distinctive Sewing Projects from Classic Liberty Fabrics
(1997/10)
不明

商品詳細を見る
LIBERTY PRINT 1875-2010 SPRING&SUMMER (e-MOOK)LIBERTY PRINT 1875-2010 SPRING&SUMMER (e-MOOK)
(2010/02/27)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

今年もまた 

レイバンのサングラス

私はこんな仕事をしているにもかかわらず、目は全く問題がない。もちろん眼鏡もかけていないし、コンタクトもしていない。
10年ほど前に目の回りにヘルペスができたので念のために眼科に行った。
そのときについでに視力を計ったところ「2.2」といわれた。

ただ、最近少し夕方になると名刺に書いてある小さな電話番号や住所の文字が見えにくいことがある。朝からずっとパソコンに向かっているのだから、考えてみれば当たり前のことだが、本人的には少しショックだ。

前おきはこれくらいにして本題はこのサングラス。
5つめのサングラスだ。
1つは釣り用の偏光レンズが入ったもの。これは便利だ。水の中の様子が裸眼の時とは比べものにならないほどよく見える。残りの4つはいわゆるファッション用。
ところが、前置きで言ったように私は子供の頃から眼鏡というものに全く縁がなかったので、どうもサングラスというものも苦手だ。
何気なくかけている人を見るとうらやましく思うが、自分がかけるとなると何か構えてしまう。
特にいつも顔を合わせる人の前ではなおさらだ。
別にイキっているわけではないのだが、イキっていると思われるのがいやなのだ。

だから私は大阪や神戸に行くときにこっそりサングラスをかける。
別に変装する必要はないので、堂々とすればいいのだが、どことなくぎこちない。
ポリスに職務質問でもされないかとびくびくしている。

もう一つサングラスが苦手な理由がある。
18の時、デザイン学校に入りたての私は原付で通っていたのだが、そのときちょっとイキってサングラスをしていた。新しい環境の中なら不自然に思われないのではないかという計算があったからだ。
しかしその計算が裏目に出た。
通学時に何となく視界が不自然なせいもあって、チャリンコのオッさんを引っかけてしまった。
オッさんの方はほとんど無傷だったが、わたしは四条通を転がり回って服はぼろぼろそこらじゅう傷だらけという無惨な姿となってしまった。しかもその日は入学して最初の健康診断ということでレントゲンや肺活量を計るたびに行列に並ばなければならない。
デザイン学校というのはだいたい女性が8割という幸せな環境であるが、この日ばかりはそれも裏目に出た。

おかげで保健室の保健婦さんや女生徒たちに一気に顔を覚えられてしまった。

そういうトラウマもあって私はサングラスが苦手だ。
それは重々わかっているのに、また今年もサングラスを買ってしまった。
サングラスは苦手だなどといっておきながら変なこだわりがあって、「サングラスといえばレイバン」と
わかったようなことをいっている。

ああ、今年もまた神戸や大阪に行く電車で、職務質問ぎりぎりの男になってしまった。
でも、いつかはきっと、イキった男に見えないようにさりげなく、そしてかっこよくサングラスをかけてみたいものだ。

FC2 Blog Ranking

競馬カメラマン 仲真吾個展 

仲真吾個展

競馬カメラマン仲真吾個展
Moment Captureの開催が正式に決定しました。
日時 12月1日から28日
場所 カフェ103PULPO
(ホームページは103PULPO http://www.103pulpo.com

約20点程度の作品を展示し、期間中にイベントも企画されています。
会場はカフェですので、写真展をごらんになっていただくにはカフェのご利用が必要です。

ギャンブルだけではない競馬の魅力をファインダーで切り取った作品が、新しい競馬との出会いを生んでくれそうな気がします。
京都近郊の方は是非お立ち寄りください。

FC2 Blog Ranking