FC2ブログ

慰安旅行リベンジ 

犬山

今年も慰安旅行が近づいてきた。
うちの事務所は、最近では珍しく全員で慰安旅行へ行く。
年々人数が増えて今年は8名で行く。
8人ともなると費用もバカにならないので、昨年7名になったときから1泊にグレードダウンした。
それまでは2泊3日の贅沢旅行だったが、なにぶん人数が増えるとこれまで通りとはいかない。

私が独立して2年目の夏、うちの事務所として初めての慰安旅行を行った。
行き先はその年名古屋で開催されていたデザイン博だ。
新幹線の切符は事務所近くの旅行代理店で手配し、(当時はもちろんネットで取るなどという手法はない)旅館は犬山の観光協会に電話をして押さえることができた。
当時のメンバーは3名。
それでは寂しいので、アルバイトにも声を掛け、アルバイトは3万円負担ということで出発した。
いきなりアルバイトの1人が遅刻し、新幹線に乗り遅れるというハプニングがあったが無事にデザイン博会場に到着。
ただ、とにかく暑い。
デザイン博の見学もそこそこに、名鉄に乗り宿泊地の犬山へ。
名鉄犬山遊園駅で下車するとなかなかノスタルジックな風景が広がる。
レトロな鉄橋を渡った対岸に目的の旅館があるはずだった。
ところが・・・・・。
見渡しても旅館らしき建物が見当たらない。
どうしたことか・・・・と、目をこらすと、あまりにも信じられない光景が・・・・。
どうひいき目に見ても旅館とはいえないような木賃宿が現れた。
困った・・・・。
私は旅館が旅の中で最も大きなウエイトを占めると考える方なので、これは非常にまずいパターンだ。

案の定、風呂、料理、部屋、どれをとっても最悪の宿であった。
今更観光協会を恨んでもどうにもならない。

それからかれこれ23年の月日が流れた。
来年はうちの事務所も設立25周年を迎える。
と、そこで思いついたことがある。
25周年よりも前にあの忌まわしい慰安旅行のリベンジをしよう!
あの旅行がトラウマとなりそれ以後の慰安旅行は絶対にいい宿を取るようにした。
香港、東京ディズニーランド、ハウステンボス、北海道、上高地、金沢、湯布院、飛騨高山などことごとくいい宿にこだわった。
そして今年、もう一度犬山へ行って犬山で一番いい宿に泊まろう!

と、いうわけで今年の慰安旅行は23年ぶりに再び犬山へ行く。
犬山城を見学し、名鉄犬山ホテルに泊まる。
2日目は、前回とこれまた同じく明治村へ行く。

明治村

前回と同じとはいえ前回も参加したメンバーは私しかいないので、他のメンバーにとっては初めての場所だ。
私は明治村が結構好きで、今度が3度目になる。
写真を撮るには最高の場所なので、今からどのカメラで行くか迷うのも楽しい。

ただ、今回は大所帯の8名。
どんな珍道中になるのやら。
出発は5月20日だ。


スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

サンゴ水槽復活! 

サンゴ水槽

家のサンゴ水槽が見事に復活した。
久々の休日を丸一日使って大掃除をし、装備も拡張したのだ。

拡張したのはブルーのLED電球。
サンゴというものはブルーの光を好むので生育上も好都合であるし、何よりサンゴという奴はブルーの光を当てるとよけいに美しく幻想的に見える。

この水槽も高校3年の次男が高校に受かったときにご褒美として買ったものだから(実は私も欲しかった)、かれこれもう丸2年がたったことになる。

購入当時からのこの水槽の住人は、マンジュウイシモチという名前も見かけも変わった魚が1匹と、水槽の真ん中で怪しいほどのエメラルドグリーンに輝くオオバナサンゴのみになってしまった。

私が家に帰るのはほとんどが深夜なので、セッティングしたタイマーが照明を消してしまってからという状態だ。そこで今回の掃除を機会にタイマーのセット時間をずらし、私が帰宅してからも照明がついているようにしてみた。
この水槽を眺めながら一杯やるというのが現実的になったのだ。

うれしい。楽しい。そしてすばらしい。
酒は何を用意しようか・・・・。
バーボン? ワイン? それともやはりビールか・・・。

春の夜は、水槽でも眺めてほろ酔い気分、というのが最近の私の一番の楽しみだ。

FC2 Blog Ranking

ドラゴンフルーツ 

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツというらしい。
じつに奇妙なルックスをしている。
黒いぷつぷつは、どうやら種のようだ。
それにしても無作為な並び方をしている。
ふつう、フルーツの種というものはちゃんと規則にのっとって並んでいるものだ。
ところがこのドラゴンフルーツはどうだ。
規則など全く意に介せず、という感じなところが南国生まれっぽくていい。

おまけに皮のマゼンダ色はいったいどういうことだ。
おおよそ、食べ物の色とは思えない。
この果実を初めて切った奴はキットこの意外性に驚愕したに違いない。

ただ、味はいたって普通だ。
ちょっと酸っぱいキウイを想像すればそう遠くはない。

でもこいつは少々値が張るので、わざわざ思い切って食べるほどのものではない。
最近ではイオンなどのスーパーでもちょくちょく見かけるが、依然としてそう易々と買える値段ではない。

いつかこいつもパックに5個入りで498円とかになるのだろうか。
キウイやマンゴーがそうであったように。
古くはバナナやパイナップルだってそうだった。

でもこいつがパックに5個入りで売られている姿はそう易々と想像はできない・・・・。

FC2 Blog Ranking