FC2ブログ

今日は退職記念日 

昭和63年の11月30日、私は勤めていた会社を辞めた。
入社して3年と8ヶ月。

私が勤めていた会社は、主にアパレル関係の会社に対して付属品を販売したり、二次加工を請け負ったりするのが中心の業務だった。
アパレルの付属品といっても何のことかぴんと来ないと思う。
私も会社に入って何ヶ月かはいったいここの会社は何をしている会社なのだろうと不思議に思っていた。
最もわかりやすいのは、服や雑貨を買うとついている下げ札(タグ)やブランド名を表示した衿部分についている織りネームという奴である。
そんな風にいうとかなりしょぼいイメージがあるが、カジュアル系のブランドやデニムにはかなりたいそうな付属品がついていたりするし、ヒップラベルやフラッシャーなどになると完全に商品の顔となる部分なので、結構大事であったりする。

それだけではもうからないし、おもしろくもないので、私は積極的に二次加工の仕事を担当した。
二次加工といっても、これまた何のことやらという感じだろう。
わかりやすくいえば服に施してある刺繍やプリントのことだ。
Tシャツなどカジュアル系のブランドではこの二次加工が商品の売れ行きを左右する。
刺繍の柄やプリントの柄で服を選ぶことが多い若者のブランドではなおさらだ。

私はそういうものを大阪や神戸のブランドに対してデザインや二次加工のテクニックを提案していた。

いろいろあって、その会社を辞め、フリーのデザイナーとしてスタートしたわけであるが、その3年半ほどの間に様々なことを勉強した。
アパレルというビジネス、二次加工のこと、付属のことはもちろん、印刷の工程や仕組み、ブランドという概念もそうだ。

おそらくそのときの知識やノウハウがなかったら、もっとフリーになってから苦労したに違いない。
一般的なグラフィックデザインだけではないうちの業務の源はこの時期に学んだことだ。

営業と企画の確執や、経営陣に対する不満、仕事内容にないする欲望、遊ぶ金ほしさ、実にいろいろな条件が重なって、とうとう退職するにいたったのである。

当時24歳。現在48歳。
私の人生の丁度中間に起こった劇的な変化である。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

昭和か? 

昭和の広告

これでも最新号の広告だ。
最近駅のホームにある売店で時折見かけるやたら昭和な広告。
まるで昭和30年代の駅貼り広告のようなにおいがする。

ひょっとすると、そういう目で見ている私のような昭和人が食いつくのを狙っているのだろうか。
なぜか記事の内容もやたら昭和だ。
ただ、残念なことにこの広告ばかりに気が行ってしまい、肝心の文藝春秋の記事内容にはあまり興味がわかない。
この広告の制作者もそこまではなかなか気が回らなかったようだ。

FC2 Blog Ranking

2着目完成 

ハリスツイード1

3日目の東京は快晴。心も軽い。メトロに乗って颯爽と京橋へ。
今度は迷うはずがない。

エレベータが開いて店内に入ると一昨日の伊達な店員は休みのようで、また違う店員が対応してくれた。
一昨日も発注したことを告げると、仕上がりも見ないで2着目を発注しても大丈夫なのかと逆に心配された。

今日はスポーツジャケットを作りたいというと、また好き者のカモが来たとばかりに店員もテンションが上がる。
基本形はだいたい決まっているが、普通のジャケットよりアレンジできる部分が圧倒的に多く、しかもマニアック。

ハリスツイード7

なんといっても特徴的な背中の切り替え。そして動きを軽快にしてくれる背中のプリーツ。
とどめはウエスト部分のベルト状切り替え。
さらに馬に乗るときに都合がいいサイドベント、銃を構えるときに肘をつくためのエルボパッチ。

んーーーーーん。完璧なブリティッシュ。

前に戻って、両サイドのポケットはプリーツ入りのフラップ付き。フラップのラインが美しい。
胸は切り替え入りのパッチポケット。衿にはタブも。

最後に生地は100周年のハリスツイードだ!完璧!

ハリスツイード2

ハリスツイード3

ハリスツイード4

ハリスツイード5

ハリスツイード6

ハリスツイード8

今まで服を買ってこんなに興奮したことはない。
これで締めて54,000円。安い!!

別に私は街中で馬に乗るわけでもないし、銃をぶっ放したりもしない。
でもこのディテールが絶対に必要なのだ。
これこそがブリティッシュなスポーツジャケットなのだ!

FC2 Blog Ranking

3日目は2着目 

答えは税込10,500円。安い!

伊勢丹メンズ館で生地を選んで仕立てて、これは絶対安い。
主要なトラッドメーカーの定番ボタンダウンはこれよりも高いところが多いので、これは絶対にお得。
今回の東京行き2つ目のがっちり買いましょうは予想以上の成果。

実は今回の東京行き、もう一つ隠し球があった。
お祝い返しや御礼でもらったJCBギフトカードが30000円分もあったのだ。
この使い道を新幹線の中でいろいろと考えていたが、結局決まらず、悶々としていたのだ。
先のシャツで使ってもよかったのだが、中途半端に分割して使うと何に使ったかよくわからんということになるのでそれは見送った。

アニアリの鞄、靴、万年筆・・・・といろいろ思いをはせたが、名案を思いついた。
一昨日、ハリスツイードのジャケットをつくった帰り際に気になっていたエレベーター横のスポーツジャケットだ。
スポーツジャケットというと誤解されそうだが、アディダスやナイキのパーカーのようなものではない。
もっとトラッドで素敵なジャケットだ。
イギリスの紳士が野にでてハンティングやゴルフをするときのエルボのついたスポーティーなジャケットだ。
スポーティーといっても思い切りトラッド色満開なので、以前から1着欲しいと思っていた。
しかも今回はそれをハリスツイードで作れるというのだ。

念のため一昨日の店がギフトカードを使えないといけないので、新宿の駅構内にたくさんあるチケットショップで換金をした。若干手数料的なものはかかるが、数百円でたいしたことはない。

これで3日目の予定は決まった。京橋へ逆戻りだ。
3日目は2着目。
これで決まり。

FC2 Blog Ranking

伊勢丹メンズ館 

伊勢丹メンズ1

今回の東京行きの2日目は、最初から新宿と決めていた。
伊勢丹のメンズ館を見るためだ。国内メンズ売り場の最高峰といわれるところを見ていないのは具合が悪いので、ゆっくりと時間を作った。
決して買い物がしたかったわけではない。と、思う。

さすがの品揃えにうっきうきしながら歩いていると、オーダーシャツの売り場に出くわした。
最近の私はオーダー付いていて、オーダーの売り場には目がない。
あの着心地の違いとお得感を味わうと、なかなか既製を買う気にならないのだ。

そこで見つけたのがこの生地。
一見白だが、実は織り柄でクレストが入っている。
これはいい。

伊勢丹メンズ2


早速店員に採寸してもらう。
ここで採寸したデータは京都の伊勢丹でも生きるらしい。うれしい。

オーダーといってもシャツの場合は衿まわりと袖口くらいしか凝りようがないが、あまりどこにでもあるようなものにはしたくなかったので、スナップダウンという衿にした。
ボタンダウンがスナップ式になっているのだ。

伊勢丹メンズ3


袖口はいたって普通。
ダブルカフスという手もあるが、腕時計の収まりが悪くなるし、仕事中袖をまくるのが面倒になるので、私はダブルカフスにしない。

あと胸のポケットはなしにした。シャツのポケットにものを入れることはまず無いので、無駄なものはつけない。

で、上がってきたのがいちばん上の写真だ。
美しい。
袖を通すのが楽しみだ。
レジメンのネクタイに紺ブレが王道か。

さて、これでいくらでしょう。

FC2 Blog Ranking

まず1着 

ハリスツイード10
今回の東京行きでもっとも楽しみにしていたものがこれだ。
スーツファクトリーdpiの扉が開いて、ハリスツイードでジャケットを作りたいと告げた。

店員はサドルシューズに赤のチェックパンツの伊達ないでたち。
まず記事を選ぶように促され生地見本の前へ。
あらかじめnetで見ていたものの現物が目の前にある。
と、そのとき私はめざとく棚の下にさりげなく置かれていた別のチェック生地を見つけた。
聞くと、その生地でも同じ金額でオーダーできるという。

迷わず選んだのがこの生地。

ハリスツイード13

いったい何色の糸が織り込まれているのだろう。
これこそがハリスツイード。
納得のチョイスだ。

次に基本となるスタイルを選ぶ。
私はやはりアメリカントラディショナルモデルだ。

ハリスツイード12

タブもつけた。
そしてボタンはやはり革巻き。

ハリスツイード11

なかなか上質の革だが、これもオプションでなく標準。

ハリスツイード9

そしてとどめはこれ。100周年の織りネームだ。これがなければ始まらん。

ほかにもサイドベント、裏地の小紋柄など、こだわり部分満載のジャケットが完成した。
約2週間で到着。

このオーダーで予定終了となるはずであったが、入り口付近にあったスポーツタイプのジャケットがやけに気になりながら店を後にした。

FC2 Blog Ranking

いざ!ハリスツイード 

腹ごしらえを済ませ、向かう先はスーツファクトリーdpi。
ハリスツイードのジャケットをオーダーするためだ。

日本橋高島屋の前を中央通り沿いに銀座に向かって歩く。
道の両サイドともに新しいビルの建設ラッシュだ。
ネットの地図をプリントアウトしておいたので、迷うことはないと思っていた。
地図では地下鉄京橋の駅を地上に出てすぐと記してあった。
向かい側にある明治屋が目印だ。
ここは何度か通ったことがあるのでよけいに安心していた。

ところが・・・。

地図ではもうとっくに通り過ぎているはずなのに、いっこうに店が見つからない。
おかしい。
何度も行ったり来たりを繰り返す。
しかし、ない・・・・。

と、もう一度プリントアウトをよく見ると「昭和ビル別館5F」と書いてある。
肝心なところを見過ごしていた。
私としたことが、はやる気持ちを抑えきれず、凡ミスを犯してしまった。

気を取り直し、エレベーターの前に立つ。
ボタンを押して待っていると、おりてきたエレベーターの中からいかにもスーツ好きそうな男性が。
彼もハリスツイード狙いか・・・。
などと、いろいろ思いを巡らせている間に5階に到着。

ついにハリスツイードへのドアが開いた。

To be continued

FC2 Blog Ranking

あなご丼 うまし! 

玉い

ハリスツイードの話をじらすわけではないが、昼飯によったこの店のあなご丼がやけにうまかったので紹介しよう。
場所は日本橋高島屋の裏手。
詳しくはホームページをご覧いただきたい。
http://anago-tamai.com/

昼時ということもあってか、店の前には4~5人の先客。
ところが、日々の行いもあってか、私だけが1人の客であったため、お先にどうぞとカウンター席へ案内された。
先客に一礼して早速、ノンアルコールビールとお昼の定食を注文。
あなご丼に赤だしと刺身、香の物がついて1400円也。
しかも、ここのあなご丼は途中少しあなごとご飯を残しておいてそこにあなごのだしをかけ、お茶漬けにするといういかにもうまそうな仕掛けを用意している。ちょうどひつまぶしのような感じだ。

これがむちゃくちゃうまい。
江東区の区役所から空腹を我慢し、意識朦朧となりながらそば屋かうなぎ屋を探していたが、あなごという手があった。
以前、広島の宮島でもあなご丼を食べたが、あちらは小さく切ったあなごであるが、江戸風は大きなあなごがそのままのっかっている感じだ。

穴子丼

ランチの定食は写真の箱めしが丼に変わる。
それでもおなかは十分に満足だ。

途中にこういう店を発見するのも、また旅の醍醐味だ。

FC2 Blog Ranking

ハリスツイード100周年 

ハリスツウィード100周年記念

私のTREND×TRENDというブログでも書いているが、ハリスツイードが今年100周年らしい。
もっと経っているような感覚だが、以外とこの程度か・・・という感じだ。

織りネーム

しかし、今年の生地には上のような黒いプレミアムタグがつくので、トラッドファンは見逃せない。

実は今回東京に行った最大の目的はこれにある。
この100周年タグのついたハリスツイードでジャケットをオーダーするという荒技だ。

おそらく各メンズのトラッド系ブランドは、このタグのついた品番をリリースすると思うが、おそらくジャケットで最低でも7万から8万は覚悟しておかなければならない。
ブランドによっては通常2着は買える値段だ。
ちなみにヘンリーコットンのもので7万8千円。ブルックスブラザーズやラルフローレンになるとおそらく10万に手が届くレベルになるだろう。

しかも既製服でおまけにツイードとなるとサイズ感が非常に難しい。
胴回りが合っても袖が長いとか、丈がいまどき過ぎて短いとか。
デザイン上も革ボタンであって欲しいところが普通であったり、サイドベントにしたいのに普通にセンターだったり。

ところが、現在マイブームのオーダーなら、たとえパターンオーダーでもボタンやディテールは思い通り、生地も選べて裏地にも凝れる。もちろんのことだがサイズはぴったりで着心地抜群だ。

私はネットでそれがかなえられるテーラーを懸命に探し、東京の京橋に発見した。
ここなら、ハリスツイードの生地20種類の中から好きなものを選び、ボタン、ディテール(ボタンの数、ポケットの形状、ベントの位置、付属の種類など)も選び放題。多少のオプション費用を出せば肘当てや、バックにダーツや切り替えまで入れることができる。

ジャケット見本

そこまでやって、37,000円。
絶対安い。しかも国内縫製。

これを逃す手はない。
私は江東区の区役所から再度東西線で日本橋に戻り、穴子丼で昼飯を済ませたあと、その店に直行した。

To be continued!

FC2 Blog Ranking