FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

ときどき文具マニア 

ノート

以前は「小泉の文具箱」というブログをここから分離してやっていたのだが、あまりに更新回数が少なく、アクセスも上がらないので仕方なく閉鎖。
セーラー万年筆にオーダーした「ウオッカインク」やそのインクを入れる「ウオッカブラウン」という万年筆のことなどかなりマニアックなことも書いていたのだが、これからはこのブログで文具のことも書こうと思う。

写真のノートはアンティーク感満開のノート。
革の型押しカバー付きだ。
閉じたときは革紐でぐるぐる巻きにしてボタンに巻き付けて止める。

中身はなんと和紙。

ノート

このノートをどんな場面で使うのかよくわからんが、でもなんとなく よい。
このノート1冊と太めの万年筆を1本小さなポーチに入れて、スケッチ旅行というのはどうだろう。
スケッチ用の小さな水彩絵の具セットがあるとなお良い。

行き先は古い家並みが残る町やあまり有名でない寺社か。

こういう妄想に近い計画は、だいたいの場合叶わない。
道具や計画は準備万端であるが、いかんせん時間がとれない。
無理をしてでも時間を作ってしまわないと、いつまでたっても妄想で終わってしまう。

体の自由がきくうちに思い切って行ってみますか・・・・。

スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

ボタンを変えて気分を変えて 

ボタン

ジャケットの釦を変えると見た目の印象ががラッと変わる。
ユニクロなどの低価格量販店で気に入ったものを見つけたけれどなんだかしっくりこない・・・というときにお勧めの方法だ。
とくに春夏物のアンコンタイプジャケットには有効で、たったの何千円で買ったものが一気にセレクト系のものに見えるから不思議だ。
だいたい低価格のジャケットは釦もかなりチープなものが多い。
見るからにプラスティックの黒やグレーのものがほとんどだ。

それを自分の気に入った釦に変える。
春夏物の定番であるサッカーなどの生地やダンガリーなどのジャケットは釦を変えるだけでこんなにも変わるものかと思ってしまう。

釦は手芸店に行けばいくらでも売っている。
男性の場合手芸店にはなかなか入りにくいと思うが、勇気を出していってみよう。
意外と男性客もいるもので見つけたときは変に親近感が沸くものだ。
モード学園などの男子学生や一風変わったファッションデザイナー風のおっさんも良く見かける。

釦売り場には様々な釦が並んでいるが、できればそのときに釦を変える予定のジャケットを着ていくことをお勧めする。
釦の大きさをあわせるためだ。
同じデザインや素材の釦でもサイズの違うものが何種類も並んでいるので、選ぶときには注意が必要だ。

値段もピンきり。プラスティック系のものは安いが、やはり質感がいまいちな場合が多い。
貝やウッド、水牛の角など、素材によって価格が大きく変わるが、やはりこの程度は奮発をしていい物を買いたい。

写真のようにカードに縫い付けたものや1こづつ売っているものなど、様々だがたかが何百円のものなので安心すればいい。

ネイビーのブレザーにつける金釦も、セレクト系のショウケースに入っているものにしようとすると1万円前後するが、手芸屋で買えば2000円前後ですむ。

いつもいつもセレクト系でジャケットを買っていては財布の中身が心配だし、夏物のカジュアルなものは思い切ってイメージを変えることもできるのでこの方法はお勧めだ。

FC2 Blog Ranking

あけましておめでとうございます 

2012 年賀状 筆文字

今年もよろしくお願いいたします。


昨年は震災や円高、ユーロ危機など様々な苦難の年でしたが、果たして今年はどんな1年になるだろう。
私個人としては、昨年に引き続き、いや、もっともっと自分を活性化する年にしたいと思っている。

私はよく京都競馬場の2400mのレースが人生に似ていると思うのだが、今年の6月に49歳になる私の人生は、バックストレッチを通過し、第三コーナーの坂を上り勝負所にさしかかっているという感じだろうか。
まだ2人の息子があと1年間と4年間大学で勉強をするので、そのための学費や自分の事務所も25周年を迎えるための準備、今年新しく立ち上げるイラストレーションスタジオやデザイナーの地位向上を目指すNPO法人設立など、課題は山積みだ。

年始早々の仕事も山積みだが、それは今の時代幸せなこと。

かといって無理は禁物。
体ももう若くはない。
幸い今のところどこも悪くはない幸せな体だが、油断は禁物。
もともと不規則でストレスのたまりやすい生活を送っているので、いつ急に倒れたりしても何の不思議もない。

酒は最近少し自重気味だ。
明くる日の二日酔いがつらいのと酒の席ではあまり酔いすぎると自分の良くない点がぼろぼろと露見するような気がするからだ。
実際、このくらいの年になってくると、そういう風な友人を見かけることが増えた。

楽しみは、もともと人よりもたくさん抱えていると自負しているので、充分に足りている。

そしてもう一つ。
今年はもっと東京へ行って少しでも時代の匂いをかぎ取ってこようと思う。
もちろん何でもかんでも東京というつもりはないし、京都のブランド力をあげていこうと提唱している一人であるから地元のチカラを充実させることも重要であることは承知だ。
しかし、やはり先頭の様子というものは常に伺っておくべきだ。これから先どういう進路を取るのかということをあらかじめ感じ取っておくことはデザインという仕事をする上で大切だ。
もちろんそのついでに買い物もしたいというのが本音ではあるが。

いざ、2012。
今年の終わりにどう振り返ることができるか、それは自分自身の過ごし方いかんに問われるのだ。

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。