FC2ブログ

ボタンを変えて気分を変えて 

ボタン

ジャケットの釦を変えると見た目の印象ががラッと変わる。
ユニクロなどの低価格量販店で気に入ったものを見つけたけれどなんだかしっくりこない・・・というときにお勧めの方法だ。
とくに春夏物のアンコンタイプジャケットには有効で、たったの何千円で買ったものが一気にセレクト系のものに見えるから不思議だ。
だいたい低価格のジャケットは釦もかなりチープなものが多い。
見るからにプラスティックの黒やグレーのものがほとんどだ。

それを自分の気に入った釦に変える。
春夏物の定番であるサッカーなどの生地やダンガリーなどのジャケットは釦を変えるだけでこんなにも変わるものかと思ってしまう。

釦は手芸店に行けばいくらでも売っている。
男性の場合手芸店にはなかなか入りにくいと思うが、勇気を出していってみよう。
意外と男性客もいるもので見つけたときは変に親近感が沸くものだ。
モード学園などの男子学生や一風変わったファッションデザイナー風のおっさんも良く見かける。

釦売り場には様々な釦が並んでいるが、できればそのときに釦を変える予定のジャケットを着ていくことをお勧めする。
釦の大きさをあわせるためだ。
同じデザインや素材の釦でもサイズの違うものが何種類も並んでいるので、選ぶときには注意が必要だ。

値段もピンきり。プラスティック系のものは安いが、やはり質感がいまいちな場合が多い。
貝やウッド、水牛の角など、素材によって価格が大きく変わるが、やはりこの程度は奮発をしていい物を買いたい。

写真のようにカードに縫い付けたものや1こづつ売っているものなど、様々だがたかが何百円のものなので安心すればいい。

ネイビーのブレザーにつける金釦も、セレクト系のショウケースに入っているものにしようとすると1万円前後するが、手芸屋で買えば2000円前後ですむ。

いつもいつもセレクト系でジャケットを買っていては財布の中身が心配だし、夏物のカジュアルなものは思い切ってイメージを変えることもできるのでこの方法はお勧めだ。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking