FC2ブログ

この時期に・・・・ 

ルノー コレオス

この時期に大変痛い出費だ。
長男は春から4回生になり、次男は大学に入学する。
おまけに次男は下宿。
もう一つおまけに二人とも学費の高いデザイン系。
いくらがんばって仕事をしても追いつかない。

そんな一大事に拍車をかけたのが今回の車騒動。
前回にも書いたが、修理や来年の車検費用を合わせると80万円を超える。
もうすでに6年も乗っている車にそんな金をかけるのは、どう考えてもあり得ない。

そこで登場「ルノー・コレオス」。
なんとこの時期に合わせたのか新型登場。オレンジ色までラインナップされている。
SUVでオレンジ色はかなり貴重だ。

と、半ば破れかぶれで購入を決した。

次に買う車は4WDと決めていたので、かなり満足感のある選択ではある。
あまり乗っている人もいないし、デザインはなんと言っても「おフランス」。
エンジンは故障しても安心の日産製。
価格も同クラスのワーゲンやアウディよりも安い。
おまけにディーラーも近い。
輸入車の場合、ディーラーが近いと言うことはかなりの安心感である。最近は昔ほどのことはないが
国産に比べ確かに故障は多い。修理も高くつく。直せるところが限られている。

だからディーラーは近い方がよい。

と、いろいろ言い訳がましいことを並べているが、速くも納車が楽しみでならない。
結局は、うれしいのだ。

ルノー コレオス

車というのは、かなりライフスタイルを変える。
以前フォードの4WDに乗っていた頃は、釣り中心の生活をしていたように思うし、今の車になってからはそんなアウトドア・ライフも一変、服や靴を買いあさる買い物中心の生活になった。

果たしてこの車は、私のライフスタイルをどう変えてくれるのだろう。

いずれにせよ、納車が待ちどうしい。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

法廷点検の憂鬱 

ルノー ラグナ

我が愛車ルノー「ラグナ」が1年の法廷点検から帰ってきた。
普段まったくといっていいほど洗車をしない私は、点検や車検で戻ってくる車がぴかぴかになっていると大変うれしい。
ところが今回はちょっと様子が違った。
一見ぴかぴかになってはいたけれど、修理や交換を要するところがゴロゴロと現れ、えらいことになってしまった。

まずタイヤ。山がない。
冬場はかなり危険だ。早急に交換が必要との指摘があった。費用は約10万円。

つづいてバッテリー。
以前、朝突然上がってしまった経験があるので、要交換といわれるとかなりびびる。費用は約3万円。

つぎにブレーキパッド。
これが減りきってしまうとブレーキがきかないので、交換しないわけにはいかない。

それ以外にも諸々の交換費用が20数万円。

とどめは、車底のひび割れ。以前コインパークの段差で相当きつく底を擦ってしまったときにできたらしい。

締めて修理、交換費用60数万円。 唖然。
しかも来年には車検で約20万円が上乗せされる。合計80万円。 唖然。

次男が春から富山に下宿するので何かと物入りなときになんということか。
あと少なくとも3年は乗るつもりでいたのに・・・・。
あと3年乗るためだけに80万もの費用をかけるのは、どう考えても納得できない。
しかし、このまま乗るというのは命を軽く扱いすぎだ。
次男の荷物を運ぶために富山にも行かなくてはならないし。

買い換えしかないか・・・・。
「今ならまだ下取りができますよ」と悪魔のようなディーラーの声がする。
そういえば昨日銀行から電話がかかってきた。
これ以上まだ金を借りろと言う。

ひょっとして奴らは「グル」か・・・・?。
あまりにもタイミングが良すぎるではないか。

ん・・・・・・・。また一つ悩みの種が増えた。

FC2 Blog Ranking