FC2ブログ

スタッフ募集 

久しぶりにスタッフを募集します。
詳しくはオフィシャルサイトまで。


正社員と土曜日のみのアルバイトとWEB専門の契約社員の3種類の募集をします。
女性の経験者のみという条件付ですが、デザインを一生の仕事としたい方、自分の食いぶちは自分で稼ぐという心意気の方、お待ちしています。

スタッフの一人が出産のため退社するにあたり補充要員と業務拡張のためのアルバイトと契約社員を募集します。

うちの事務所は社長の私以外は全員女性というかわった形態です。これは創業時から変わらず続いており、取引先様や知り合いから「なぜ?」とよく不思議がられます。男性の方が一生の仕事として長くいてくれるのではないかというご意見をいろいろな方からいただきます。
ただ、私自身が男性を雇ったことがないということが一つと、長い目で見たときに女性の方が事務所のためにがんばってくれるという思いから、女性のみのメンバーを続けていくことに変更は考えていません。

男性の場合は、がんばってうちの事務所で1人前に育っても、ある時どこかよその事務所に移ったり、独立するということが十分に考えられます。そのときにうちの事務所の戦力がマイナスになり、代わりに他の事務所や独立した事務所が戦力プラスになります。その上下の動きは相当大きなものです。

女性の場合は、大企業であっても一般的にデザインという職種が結婚や出産と同時に続けられなくなってしまう(残業やストレスがかなり多いため自分の生活スタイルに合わせられなくなる)という風潮がありますので、「私はこの仕事が好きだしづっと続けたいけれどいつまで続けられるのだろう?」と不安に思っている人がたくさんいます。
せっかくそんなにやる気を持っている人材がいるのに、結婚や出産までの期間限定てきな雇用の状態では、その人本人のモチベーションが上がらず、勉強してもっともっと力をつけたいという努力をしなくなってしまいます。

ですからうちの事務所では、女性がデザインというものを「一生の仕事」としたいと思ってくれるように、結婚後や出産後もその人の生活スタイルに合わせた仕事の仕方を選んでもらえるようにしています。
そうすることで結婚や出産後もデザインという仕事が続けられるという安心感をもってもらい、実力をアップするために努力をしてもらえるように考えているのです。
ただ、それには「事務所に必要だと思ってもらえる人材になっていないとダメですよ」という条件もつけています。当たり前のことですが必要とされる人材でなければどんな職種でも一生の仕事になどすることはできません。

現在、うちの事務所には出産を控えた人、結婚後も独身の時と同じように残業もばりばりこなすという人、結婚しているので月曜から金曜までの定時(6時)までの人、子供ができたので手が離れる時期を待っている人など様々な状態の女性がいます。
いくら男女平等という時代であっても、結婚した相手の経済状況や勤務条件などで本人の意志を貫けない場合がありますが、そうであってもデザインという仕事を続けたいのであれば、その道の可能性を残しておいてあげるというのが大切だと考えています。

さあ、我こそはという勇ましい女性の方、コイズミデザインファクトリーのスタッフが待っています!

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

京都景観問題の「色」について 

京都のまちも景観論争が市民レベルまで広がってきたように感じる。

従来は屋外の大きな広告や建物に注目が集まっていたが、最近の京都市の方針はもっと小規模の商店や看板にまで規制を強化するようになったからだろう。

もちろん論争が市民レベルにまで降りてきたことはいいことだと思うが、その規制内容に少々疑問を感じているのは私だけだろうか。

大手ハンバーガーショップやコンビニの看板が他府県とは違い京都のものだけが白ベースであったり、茶色ベースであるというのはご存じのことと思うが、あれももちろん景観問題の規制によるものだ。

何百年もの伝統ある街並みに合わせた色彩にしなければいけない・・・という発想からだろうが、ここに大きな誤解というか、間違いがあるよう思う。

なぜ、景観を乱さないものというと『白』『黒』『茶』などの地味な色なのだろう。
寺社の建物がそういう色だからだろうか。

だったら伏見稲荷や平安神宮の鳥居の色はどうだろう。
とても鮮やかな朱色だ。
大きなお寺が掲げる仏旗や幔幕はどうだろう。青や赤、朱など大変美しい。
祇園祭の鉾や船の飾りは?
さらに祇園や上七軒の提灯や呉服屋さんののれんの色は・・・・。

このように日本古来の色や京都の伝統を表す色にも鮮やかで華やかな色はたくさんある。
古代から日本人が大切にしてきた色というのは日本の文化であり、そういう色はたくさんある。

だから景観問題を論じる上で『色』というテーマは、簡単に定義できないはずであり、下手をすると日本古来の色彩文化までも排除してしまう可能性がある。

そういう意味でもただ単に地味にすればいいという現在の規制はいかがなものか。
もっともっと色のことを勉強して、その上で様々な意見をまとめる必要があると思うのだが・・・・。

参考までに
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000056/56450/guide_koukoku(S)_2.pdf

FC2 Blog Ranking

骨董を使おう 


暮らしの骨董入門 (淡交ムック)暮らしの骨董入門 (淡交ムック)
(1995/12)
不明

商品詳細を見る


以前、この本のデザインをさせていただいてからちょっと古伊万里にはまってしまった。
京都の新門前や各地の古い町にはいい骨董屋がある。
財布の中身に限度があるので、そんなに高価なものは買うことができないけれど、ちょっと奮発すれば200年も前の人々が使っていた食器が手に入る。

磁器や陶器は、生地や紙のものに比べ耐久性があるので、状態のいいものがたくさん残っていて、比較的安価で手に入る。
ただ、古伊万里にはまりだした当時は、せっかく買っても、それほど上物でもないのにもったいなくて使えず、飾ってあるばかりであったが、ようやく自分の中でほとぼりが冷めてきたので、徐々に使い始めてきた。

とくに蕎麦猪口は使いでがある。
もちろん蕎麦をすするもよし、小鉢代わりに珍味や突き出しを盛るもよし。

私は、古伊万里の蕎麦猪口にロックアイスを入れて日本酒やバーボンをロックで飲むのが格好いいと思っている。
好きなギターの曲を流しながら一杯。
至福の時間だ。

私がデザインしたわけではないが、こんな本も参考に蕎麦猪口くらいから古伊万里入門というのはいかがだろうか。

古伊万里に魅せられた暮らし―ふだん使い実例集 (Gakken interior mook―暮らしの本)古伊万里に魅せられた暮らし―ふだん使い実例集 (Gakken interior mook―暮らしの本)
(1997/03)
不明

商品詳細を見る



古伊万里―見る、買う、使う 人気の和食器の魅力をさぐる (講談社カルチャーブックス)古伊万里―見る、買う、使う 人気の和食器の魅力をさぐる (講談社カルチャーブックス)
(1993/05)
白洲 正子、鈴田 由紀夫 他

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

いいものを持つということ 

オークション戦利品トリッカーズ

「いいもの見、知り、持つ」ということはなぜ大事なのだろう。
誰だって苦しい財布事情のなか、少しでもいいものを持ちたいのは山々だけどそうも行かないのが現実だ。

でも、そこを何とか無理をしていいものを持とう。

いいものを持つということは、満足感や充実感を得、実際にレベルの高いものの持つ品物としての価値を感じ取ることができるだろう。

でもそれだけではない。

いいものを持つということを続けていると、良くないものに我慢ができなくなる。
その「良くないものに我慢ができなくなる」という感覚が大事だ。
その感覚はいろいろな場面で少しでも現状よりいいものを目指すという意識を育てるので、
結果がおのずと違ってくる。

さあ、「良くないものに我慢ができなくなるように、いいものを見、知り、持とう。」

決して私の買い物癖の言い訳ではない。

FC2 Blog Ranking

100年前のガード下 

新橋橋架

東京は新橋のガード下。

新橋といえばサラリーマンの街という印象があるが、ここは日本鉄道発祥の地でもある。
この新橋から日本の鉄道文化は始まった。

NHKのブラタモリという番組の受け売りではあるが、このあたりは当時海沿いだったらしい。地域住民の反対からできるだけ街中を外れ、海岸線ぎりぎりをルートとしたらしい。
現在では埋め立てが進み、海岸線からはかなりの距離がある。

このガード下は当時の情景を伝える貴重なポイントだ。
しかし、東京人はあまりにもこのガード下をぞんざいに扱う。
明治の文明開化の象徴ともいうべきこの文化遺産を。

ただ、このガード下はサラリーマンの憩いの場でもあるようで、居酒屋や小料理屋が軒を連ね、夕方ともなると平日でさえ歩くのがやっとという感じだ。

私はなぜか新橋には縁があって、東京に行くときはよくこの駅で下車する。

終戦後まだ焼け野原だったこのあたりに『フロリダ』というダンスホールがあったらしく、私の祖父はそこでタンゴバンドのバンドネオン奏者をしていたらしい。
以前競馬グッズの仕事を請け負っていた頃はJRAの本部へもよく足を運んだ。
ある得意先の債権者説明会や取材など、様々な用事で訪れるところだ。

銀座も近い。
大方の場合、そのあとは銀座で無駄遣いの時間を過ごし、東京駅へ戻るというのがお決まりのルートだ。

FC2 Blog Ranking

オリビア・ハッセーが好きでした 

オリビア・ハッセーが好きでした。
中学3年の頃です。

この頃私は自分の中で大きな変化に気づいていました。
小学校4年生からずっと好きだった桜田淳子にあまり興味がなくなってきていたのです。
ファンクラブにも入り、会報誌の「さくらんぼ」が届くのを心待ちにしながら、彼女が出るテレビ番組はすべて録音するという徹底ぶりでした。
コンサートへも何度も足を運び、LPはすべてもっていましたし、部屋に壁や天井はすべて桜田淳子のポスターで埋め尽くされていました。

それほど好きだった桜田淳子にあまり興味がなくなってきたのです。

代わりに興味がわいたのは一人ではなく複数でした。
大場久美子、杏里、小林麻美、そしてあのオリビアハッセーです。

ロミオとジュリエットに出演した時の彼女の清純な美しさは、今まで見たこともないまぶしいものでした。
一気に私のランキングの中でトップに躍り出た頃、なんとカネボウがCMに起用したのです。

そのときの歌がこれ。



あの霧の摩周湖の布施明がなんとエレキギターをもってポップな曲を歌い倒します。相当な歌唱力がないと歌いきれないこの曲をいとも簡単に歌い上げるのです。作曲はあのゴダイゴのキーボーディストであるミッキー吉野。

そしてこの曲をきっかけに布施明はこともあろうにオリビアハッセーをゲットしてしまいます。(後に離婚)

16歳の小泉少年は、途方に暮れたものでした。
そして誓うのです。
「絶対歌がうまくなってやる!」

FC2 Blog Ranking

尾崎紀世彦 追悼 

パッパッパラララ、ドン というイントロがなつかしい「また逢う日まで」などのヒット曲で日本レコード大賞を受賞した、歌手の尾崎紀世彦さんが5月31日、東京都内の病院で亡くなっていたことが1日、分かった。

死因は肝臓がん。

その豊かな声量と立派なもみあげがトレードマークで、今年で芸能生活50年。グループサウンズのメンバーとして活躍後、71年には大ヒット曲「また逢う日まで」で日本レコード大賞を受賞している。

わたしたちの世代は大晦日にレコード大賞の発表を見ることが年末最大のイベントだった。
その流れで紅白を見、オケラ参りというのが当時のわたしたち仲間のお決まりであった。

その歌謡曲黄金時代の大スターがまた一人逝ってしまった。
ご冥福をお祈りしたい。


FC2 Blog Ranking