FC2ブログ

こんなモン買うのはものずき? 

インク瓶の蓋

私は万年筆が好きだ。今でも事務所内ではスケジュール帳も万年筆で書く。
普通の予定はブルーブラックのインク、時間が拘束されるものはT'sブルー、重要なものは紅という風にインクとペンを使い分ける。
インクの色を間違うといけないので、ペン自体も中に入っているインクとあわせるようにしている。

一番よく使うペンはペリカンなので、ブルーブラックのインクもペリカンのものを使うことが多い。

上の写真もペリカンのブルーブラックのインク瓶だが、蓋がちょっと違う。

よく見ると「Penstyle」と書いてある。
そう、万年筆好きの方ならご存じかもしれないが、ネットショップを積極的に展開するペンハウスのオリジナルだ。
と、いっても蓋だけである。インクと瓶はノーマルなペリカン製だ。
つまりは蓋だけが売っているのである。
世の中に消耗品の蓋だけを売る商売が存在するとは。

素材はアルミの削りだし。1個2,000円もした。インクよりずっと高い。
そんなものを売っていること自体驚きではあるけれど、
それを買っている私はもっと驚きだ。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

センス無しではいてられん 

扇子

最近、ロフトや東急ハンズなどの大型雑貨店では、この時期扇子売り場が盛況だ。
父の日前から売り場が出現しだし、お盆過ぎまで涼感グッズのメインとしてかなりの売り場を取ってある。

ただ、どうもあまりいい柄がない。特にメンズ。この場合は紳士物と言った方がよいか。
多いのはやたら龍や鯉の絵が大胆に描かれた若干ガラの悪い系。
なぜかこういうものまで黒が多い。前に書いた車の色の話と同じことか。

骨に紙を貼ったものと布を貼ったものがあるが、もちろん布のものの方が高い。

写真のものは一昨年私が買ったもの。そんなに高いものではないので本当は毎年買い換えたいところだが、いかんせんいいのがない。

一つ私の提案だが、ネクタイの柄で扇子はできないものか。
たぶん正絹のネクタイ生地では厚みがありすぎて、折りたたむことができないのかもしれないが、夏物のネクタイによくある綿の生地ならできないことはないようにも思うが。
ただ、だからといってそういう柄を紙に印刷して扇子にするのはやめて欲しい。
なんかちょっと違う。

今年こそ買い換えようと思っていたが、どうも、無理っぽい気がしている。

FC2 Blog Ranking

肥える恐怖と切ない空腹 

マクドのランチ

私は現在ダイエット中。
緩やかな大人のダイエットだ。

この商売を始めた28年前は身長172cmで63kg、ほぼ理想であった。ウエストも76cm。
どこのブランドでもサイズは問題なく選び放題であった。

それから四半世紀。年は来年50になる。
身長は今年2月に生まれてはじめていった人間ドックで計ったところ174cm!。
2cm伸びてるじゃないか!!!!!っと、そんなはずはない。
今のデジタルの身長計は正確だが、昔の頭にコツンと当てるタイプはいいかげんだったに違いない。

そして体重は76kg。実に13kgも成長した。
おそらく知恵がついた分身になったか、苦労が身になるタイプなのだろう。

どちらにしても多すぎる。

実は1年前はもっとあった。79kg。
さすがに焦った。
セレクト系のショップではほとんどサイズが合わない。
トラッド系のアメリカンブランド(ブルックスブラザーズやラルフローレン、エディーバウワー、GAPなど)しか選択肢がない。

これではファッションについて偉そうなことはいえない。

そこでダイエットとなった。
じわじわと減らす作戦をとったのでそれほど極端に食事を減らしているわけではない。
人並みにしただけだ。

そして、朝は体操と腹筋。
これは効果がある。皆さんもぜひお試しいただきたい。
おかげで最近はBEAMSなどのセレクトショップでもサイズが合うものが1/4程度は出てきた。

若い頃は昼飯にラーメンの大と焼きめし、そして餃子が2人前というのが普通だったので、
人並みにするのも実はけっこうつらい。

でも、そろそろ人並みの食欲になってきたので、今日の昼食はこれだけ。
ダブルクオーターパウンダーチーズにポテトとコーラ。
アメリカナイズされている。

しかし、カロリーを見るとdoki!
朝の腹筋が無駄になってしまった・・・・・・・。

FC2 Blog Ranking

モノトーンの車ばかり 

車の色

うちの事務所があるマンションのガレージ9割以上が白・グレー・黒のモノトーンだ。

日本の車事情はいつからこうなったのか。
20年ほど前まではそうではなかったように思うが・・・・。

白やグレーといえば社用車、黒はハイヤーか霊柩車、またはヤンキー、という概念があったが、最近はどうも違っている。車のカタログなどを見ても白、グレー、黒はほとんどの車種にあるが、それ以外の色といえばかろうじて赤やブルーがある程度。
それとて販売台数はほとんどが白かグレーに偏るという。

特に軽自動車を除いた普通車にその傾向が強いようだ。
軽自動車の場合、若い女性にターゲットを絞ったものなどが多いのでまだその傾向は強くはない。
普通車で新車を買う場合、下取りのことなどを考えて無難な色を選んでいるのかもしれないが、それにしてもモノトーン傾向が強すぎるように思うが・・・・。

欧米の街角を見ると、赤や黄色、ブルーにグリーン、オレンジやネイビーなど様々な色の車があふれている。
たとえ街並みが古い石造りの地味な色であっても、そういう派手な色の車や看板が見事に調和している。
人それぞれが自分の好きな色を選んで楽しんでいる。

車メーカーもそれが当然というように様々な色の車を用意している。

確かに日本の車は性能では世界一だ。
しかし、そこから一皮むけないのはやはりデザインや色の自由さ、わくわく感が今ひとつ欠けているのではないだろうか。

私も今の車にする前は、試しにグレーの車に乗ってみたが、それまでにネイビー、ブルー、グリーンというような色に乗っていたので、何かつまらない気がしていた。

その反動もあってか、今回は一気に派手なオレンジ。
(写真の中央付近の赤に見える車)

おかげで最近は運転が楽しい。ちょっとくらいの遠出もわくわくだ。

FC2 Blog Ranking

自分の作品というもの 

絵皿 私の作品

最近仕事で、お得意先様の先代社長が生前に書かれた自分史のようなものを読ませていただく機会があった。
その本の中には、「やきもの」や「書」、「スケッチ」、「絵手紙」などたくさんのご自分の作品が写真とともに紹介されていた。
旅行の先々や季節の便りなど、ご自分の好きなときに好きに描かれている作品が、私には大変新鮮に感じられた。

私は、この商売を始めてもうかれこれ28年になる。(勤め人時代の3年半を含む)
その間、仕事としてお金をいただく絵を何百、いやひょっとすると何千も描いてきた。

しかし、よくよく考えてみると、自分自身が好きに描いた絵などほとんど存在しない。
自分が休みの日や旅行先で描いた絵などまったくといっていいほどないのだ。
このことに最近ようやく気づいた。

私ももう来年は50になる。その半分以上もの間こんな仕事をしているというのに、自分自身が欲して描いた絵が無いというのはあまりにも自分の職業に対して失礼である。

そこで一念発起。

これからは少しづつでも自分の作品というものを残していき、商売とは無縁の絵や作品を貯めていこうと思っている。ゆくゆくは私も自分史をつくってみたいと思っているので、そこに自分の作品をいっぱい載せてやろうと思う。
上の写真は長浜へ慰安旅行に行ったおりに描いた絵皿。こんなものでもいいから自分のサイトを
自分の作品で埋め尽くしたい。

FC2 Blog Ranking

小泉の雑記帳 まる5年経過!6年目に突入。 



この写真は、このブログを始めて1番最初にアップしたときのものだ。
早いもので、このブログも丸5年。我ながらよく続いたと思う。

最初の頃は、競馬やファッショントレンド、仕事の作品紹介、骨董のこと、カメラのととなどをごちゃ混ぜにしていたが、それではあまりにも節操のないものになってしまったので、1、2ヶ月後にはいくつかのテーマ毎にブログを分けた。

今現在私が書いているブログは6つ。それ以外にマイベストプロのコラムとfacebook、自社のホームページも合わせると9つにもなる。

この5年の間には、立ち上げては消えしたブログが他に3つ。
やはりつづかないものにはコンテンツに無理があった。

ただ、5年も続けているとそれなりにメリットも多々あって、今更ながらインターネットの奥深さに感心する。
最近では新規の/お客様がネットを見たということで問い合わせをいただいたり、様々なクリエイターから売り込みがあったりと、確実に事務所自体の知名度が上がってきているなと感じる。

ここで改めて私のブログを紹介させていただくので
ぜひご覧いただきたい。

koizumi design factoryのオフィシャルホームページ
http://www.koizumi-design-factory.com/

camera倶楽部 (カメラのことや私の写真の紹介)
http://cameraclub.blog104.fc2.com/

trend×trend (巷で流行のトレンドのこと)
http://trendxtrend.blog112.fc2.com/

競馬雑記帳 (我が愛するカントリー牧場産駒を応援するブログ)
http://keibazakkicyo.blog119.fc2.com/

Guitar Salon (アコースティックギターのことなら小泉に聞け)
http://guitarsalon.blog117.fc2.com/

Koizumi Design Factory THE LATEST WORKS (コイズミデザインファクトリーの最近の作品)
http://kdfworks.blog46.fc2.com/

そして京都新聞マイベストプロ
http://mbp-kyoto.com/koizumi-design-factory/

FC2 Blog Ranking

NPO法人 淀駅周辺の将来を考える会 認可! 

淀駅周辺の将来を考える会

かねてより申請中のNPO法人 淀駅周辺の将来を考える会が正式に認可されました。
この会は京阪電車淀駅が高架化し、地域の様子が一変するため、それを機会に周辺地域を活性化させ沈滞化を防ごうという趣旨で始まりました。
それに加え、取り残されたようになっていた淀城址公園周辺の再整備や、周辺水環境の改善、地域の商店街活性化、淀の歴史遺産整備啓蒙など住民と一体となって淀を住みよい街にしようという通り組が進められています。

私は淀の住民ではありませんが、幼い頃からの競馬好きがこうじて、淀の人たちと知り合うことができ、少しでもチカラになれればと参加に踏み切りました。
私の仕事は、事業部会というセクションの理事につかしていただき、地域のイベント事業や、このNPO法人の広報的なことを仰せつかっています。

まず手始めにこの会として行うのは、淀城址公園を再整備し、桜の苗木を植えて桜公園化しようというプロジェクトです。地域の団体とも連携しながら、苗木のオーナー制度などを企画しています。

さらに、淀駅周辺の歴史遺産と京都競馬場を巡りながら謎解きをするクイズラリーの企画も進行中ですので、皆さんのご協力とご参加を是非お願いいたします。

淀駅周辺の将来を考える会ブログ→http://yodoeki.blog69.fc2.com/

FC2 Blog Ranking

京都が観光客を迎える姿勢 

京都観光

震災の影響からか、昨年は減少したものの、京都を訪れる観光客は増加の一途をたどる。
様々な施策の効果が出てきているらしい。

そんな中で、京都市が掲げる観光客に対する目標とキャッチコピーに疑問を感じるのは私だけだろうか。

まずは観光客の受け入れ方について。
「量から質へ」
これが京都市の考え方らしい。
いったいこれはどういうことか。

私には「金を使わんしみったれた客がたくさん来るより、上質な金持ちがそこそこ来てくれる方がいい。」としか受け取れない。
僻んだ考え方かもしれないが、京都にくるバックパッカーの学生や外国人、修学旅行生など、それほど大金を落としてはくれない客はあまり来られても迷惑だ・・・・ととられても仕方がないのではないか。

そしてさらに、キャッチコピー。
「日本に京都があってよかった。」
思い上がりも甚だしい。
日本にはなかったほうがいい場所など一つもない。
日本人の気持ちの中にはそれぞれ故郷や思い出の地というのがあって、その人なりのあってよかったと思える場所があるものだ。
「日本に京都があってよかった」などと思っているのは、一部の熱狂的な京都ファンか京都人だけであって、このコピーのような気持ちを観光客が感じるものではない。
それはイコール観光客の心に訴えかけることができていないということだ。

このような思い上がりの気持ちは京都市の施策だけでなく、観光客を受け入れる業界にも似た体質がある。
観光業界では観光客がなんの苦労もなく押し寄せるので、自然と対応が横柄になる。
そう、自然と横柄になってしまうということは、心底相手に感謝していないということだ。

世界遺産だかなんだか知らないが、観光に来てもらえる側の心得として、気持ちよくかえってもらえるようにすることが大切だ。その気持ちもないような街が観光都市を名乗るなどというのは、はなはだ失敬なことである。

FC2 Blog Ranking

49歳になった 

バースデーケーキ

49歳になった。
来年は50である。

例年通りスタッフがお祝いをしてくれた。
うちに事務所では、スタッフが誕生日の日はケーキでお祝いをすることになっていて、ろうそくの火を吹き消すイベントが待っている。
いつもミーティングルームでブラインドを下ろし、暗くしてからろうそくに火をともす。
そこで一斉に「ハッピーバスデー・ツーユー♪ハッピーバスデー・ツーユー♪」と歌い出す。
その日の主賓がろうそくを吹き消したら拍手。

去年はこのケーキに48本のろうそくを立てられた。

ケーキ1

火がつくとこうなる

ケーキ4

火災報知器が鳴りそうだ。

でも毎年こうやって祝ってくれるスタッフに感謝だ。

おまけにプレゼントまでいただいている。

バースデープレゼント

今年はスコッチウイスキーとミネラルウオーターとソーダ。舶来だ。

今までのプレゼントは主に私の好物が多かった。
メロンの丸かぶり、佐藤錦サクランボの1箱一気食い、マンゴー2個一気食いなど。

今年は50を前にしてかなり大人なお祝いだ。
スタッフのみんな、ありがとう。

FC2 Blog Ranking