FC2ブログ

いつか視力が落ちるのか? 

デスクトップ

私は若い頃から目がいい。
審美眼がどうのとか、目利きだ、というのではない。
単に視力がいい。

最近でこそ、多少衰えてきたようだが、若いときはどこまでも見えるような気がした。

20歳からこの仕事に就き、今年で29年になる。
その間、デザインというものがアナログからデジタルに移行した。
と、言うことはフィールドが紙からディスプレイに変わったと言うことだ。

ご存じのように、デザイナーというのは深夜まで仕事をするものと相場が決まっていて、私もその例外ではない。
どこかの事務所のように連日徹夜に近いというようなことはないが、それでも日付がわかると言うことはよくある。その上、これでも一応経営者であるので、帳票類の整理や事業の計画、税理士さんからの宿題など夜遅くになってからしなければならない仕事も山積みだ。

おまけにディスプレイというものは、目を悪くすると言われているので、アナログな時代よりもさらに状況は悪化している。

現にデザイナーは眼鏡率、コンタクト率が非常に高いし、その状況を改善しようという動きもない。

このままではいつか私も視力が落ちて眼鏡やコンタクトのお世話にならないといけなくなるのだろうか?
友人や周りの人たちは現時点でもこの視力を保っていること自体、奇跡だという。
私もそう思う。

ただ、年齢とともにやってくる老眼というものもあるので、状況はよけいにややこしい。
たしかに、最近洋服についている洗濯表示やカタログの細かい字がぼやけるときがあるように思う。
自分では「そんなはずはない・・・」などと思っているが、こういう慢心が墓穴を掘る。

机の上にはこんなにディスプレイが私の方を見ているし、家に帰ってもfacebookの更新やテレビを見ることもあるのでなおさらだ・・・・。

今から眼鏡の顔に少しでもなれるように、色の薄いサングラスを頻繁にかけようか・・・・。
言っておくが、今年の夏買ったものは別にそのためではない。

ん・・・・・・・・、眼鏡は似合わんな・・・・。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking