FC2ブログ

26年が過ぎ、27年目が始まる 4 

ワンルームマンションに机を3つ置いてさらにコピー機、本棚、アルバイトが来たときにはそのための机、それだけのものを置いてスペースに余裕があるわけがない。
しかも、当時はまだ仕事自体がアナログであったため、今よりもずっと画材などの道具も多く、極めつけはスプレーのりだった。
スプレーのりを使ったことのある方であれば想像がつくと思うが、あれはスプレーなので周りに飛び散ることは避けられない。だからそのために段ボールで周りをガードし、べたべたがつかないようにして使用する。それがそこそこ大きなスペースを取るのでさらに狭くなる。

思えば、私の事務所は常に狭さとの戦いであったように思う。
今までに26年間で5回の引越をしてきたが、その都度「これだけ広ければ大丈夫」と思うのだが、1年もすれば早くもてぜまになり、モノがあふれてしまう。
一説には私がものを買いすぎだと言われるが、いるものはしかたがない。と、思う。

そう頃ちょうど都合の良いことに、出入りの画材店の持ちビルに空きができたので入らないかという誘いがきた。
烏丸丸太町という絶好の立地でありながら、地下の10坪ほどの狭いところなので保証金もいらないという。
たとえ10坪でも今のワンルームよりはずいぶん広いし、気兼ねなく仕事ができる。
ワンルームマンションの場合、居住専用だったので、デザイン事務所だというのを内緒にしていたからだ。

1年半ほどでそのワンルームマンションから晴れてテナントビルに移ることとなった。そのビルの1階には画材店、ランチに困ることはないほど周りには飲食店もある。大阪、神戸へのアクセスも地下鉄の駅まで徒歩1分。
周りには広告代理店や新聞社もあるので仕事が舞い込むかもしれない。

そんな状況で独立3年目がスタートした。

つづく

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking