FC2ブログ

京都の景観問題と色彩について 

京都市の景観条例で大手ハンバーガーショップやコンビニの看板が他府県とは違い京都のものだけが白ベースであったり、茶色ベースであるというのはご存じのことと思います。

何百年もの伝統ある街並みに合わせた色彩にしなければいけない・・・という発想からでしょうが、ここに大きな問題があると思います。

なぜ、景観を乱さないものというと『白』『黒』『茶』なのでしょう。
地味だからでしょうか?
寺社の建物がそういう色だからだでしょうか。

だったら伏見稲荷や平安神宮の鳥居の色はどうでしょう。
とても鮮やかな朱色です。
大きなお寺が掲げる仏旗や幔幕はどうでしょう。
祇園祭の鉾や船の飾りは?
さらに祇園や上七軒の提灯や呉服屋さんののれんは・・・・。

このように日本古来の色や京都の伝統を表す色にも鮮やかで華やかな色はたくさんあります。
古代から日本人が大切にしてきた「色」にはそれぞれ文化に基づいた背景があり、闇雲に派手にしているわけではないのです。

ですから景観問題を論じる上で『色』というテーマは、簡単にカラーチャートや色番で定義できないはずであり、下手をすると日本古来の色彩文化までも排除してしまう可能性があるのです。

そういう意味でもただ単に地味にすればいいという現在の規制はいかがなものでしょうか。
宗教上の不公平や商売上の不公平も必ず起こってきます。
いくら基準を細分化しても必ず抜け道を探し出す不届きものも現れます。

もともと景観問題というものは規制ありきでは成り立ちません。住民の意識や道徳観が育ってなければいくら規制をしてもいたちごっこの繰り返しです。
ましてやこの条例を作った京都市自体が市バスの派手な車体広告を堂々と認め、街中を走り回らせています。景観保護という極めて倫理観を必要とする条例を作った本人が全く逆のことをしているようでは住民の意識など高まるわけもありません。

京都の景観を守る====
必要なのはつぎはぎだらけの条例ではなく、まずは手本を示す行政と、それにならい意識を高める住民の倫理観ではないのでしょうか。

スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking

それいけ新聞配達少年! 

あまり信用してもらえませんが、学生時代苦学生だったこともあり、私はかなりたくさんのアルバイトをしていました。
短大を卒業して就職し、初めてもらった給料は、学生時代のアルバイトで稼いでいた1ヶ月の給料より大幅に少なかったほど、たくさんのアルバイトをしていました。
その中で最も長期間続いたのは、新聞配達です。地元京都新聞の朝刊。
今から32年も前のことですが、1ヶ月働くと朝2時間程度で約3万5千円から4万円。高校生や大学生には結構な収入です。しかも早朝ですから他の予定に影響も少ないので都合が良かったのです。

ただし、これが結構辛い。
朝は常に4時半起きです。雨が降ろうが雪が積もろうが台風が来ようが常にその時間です。もちろん元旦もです。
ですからこの頃私は、夜9時か10時には寝ていました。

最も辛いのは、梅雨時期と真冬の雨です。両手を使わないといけないので傘は差せませんから「カッパ」というやつです。しかも今のように薄くて軽いものは相当高価でしたから、一般的にはビニールでできた重くて蒸れる雨合羽というものです。そういう天気の日は朝、家を出るときにほんと情けなくなったものです。

配っている道中も、突然飼い犬にほえられたり、朝帰りの酔っぱらいと喧嘩をしたり、これから配る新聞を盗まれたり・・・・、さんざんな目に遭うときもあります。

でも中には、いつも私が配達するのを玄関で待っていてくださる老人や、夏の暑い日にはジュースをくださるおばさん、正月にはお年玉を用意してくださる方など、実際に人の温かさというモノを感じる本当にいい経験になりました。

卒業して就職するために新聞配達を辞めるとき、京都新聞社から優秀配達員として表彰もしていただき、感謝状と記念のメダルをもらいましたが、それはいまでも大切に取ってあります。

どうか皆さん、汗まみれになって新聞を配っている少年を見かけたら
「おはよう」と声をかけて、温かい目で見守ってあげてください。

FC2 Blog Ranking

第2回朱雀中学ゴルフ俱楽部合宿 無事終了 

10月3日4日の1泊2日、第2回朱雀中学ゴルフ俱楽部合宿が晴天に恵まれ行われた。

メンバーは10名。
私たちが通っていたころ朱雀中学校の同じ学年は約200名だったので、約半分100名ほどが男子。そのうち1/10の10名がこの合宿に参加したというのはまさに奇跡的。卒業してから37年も経っているというのに。

まず集合は朽木のローソン前。ヤンキーの集合ではない。
私とO君はそれぞれ自分の車で向かった。途中のろのろ走る車が前につかえていたため、集合場所への到着がぎりぎりとなった。そこで集合後、一路昨年と同様わかさカントリークラブへ。
道中熊川宿を越え、15分も走れば到着した。
早々に準備し、初日のラウンド開始。あまりスタートまでに時間がなかったこともあり、練習は一切無し。

若狭カントリー

一応始球式用のボールをKS君が打つもいきなりのチョロ。
とりあえずは無事に1組目がスタートした。

私は1ホール目からまさかのパー。
これはいけるという錯覚に、午前中はまずまずで自己ベストも夢ではない感じであったが、午後は別人のように崩れ、ここ2年の中で最悪に近いスコアとなってしまった。

10848025_736414489824310_541841546474157234_n.jpg

写真は昼食のヒレカツカレー。なかなかうまい。私は結局2日連続でこれだ。

風呂から上がり、宴会に備えて食材と酒を買い出しに行く。52のおっさんが10人もぞろぞろとスーパーの食品売り場でカートを押す。昨年は買い込んだものが半分以上が余ってしまうというまったく大人げない買い方をしてしまったので、今回はかなり慎重に量を調節した。つもりだった。

買いあさるおっさんたち

クラブハウス内のホテルに戻り、宴会がスタート。
頼んであった食事はなかなか充実していて満足度も高い。そして乾杯。
見る見る酒が減っていく。サントリーから新しく発売された「知多」とさっきのスーパーで買った「響」をソーダで割り、がんがん飲む。そこは52のおっさん、「角」や「トリス」のような安物ではない。

宴会スタート

ただ、食物の方には皆なかなか手が伸びない。ホテルで用意された食事でそこそこ満腹になってしまったようだ。
全く昨年の状態を学習していない52のおっさん10人。
あれほど「揚げ物は買うな」「お菓子も買うな」と合い言葉のように唱えながら怪しげにスーパーをうろうろしていたというのに。
案の定、コロッケ、揚げ餃子、焼餃子、刺身、ウインナー、シュークリームなどほぼすべての品目が余っている。
ビールやソーダまで大量に余っている。
全く学習力のない52のおっさん10人は、全員満腹状態。

しかし、酒は飲む。
10時をまわる頃になると早くも脱落者が出だす。
そして昨年同様MK君がべろべろ状態で訳のわからないことを言い出す。
さらに1人、2人と脱落し、最後は5人で後片付け。

部屋へ戻って就寝となった。

12088269_736819973117095_3369080526568215476_n.jpg


翌日も絶好のゴルフ日和。部屋からの景色も絶好。
9時30分のスタートということで8時30分に朝食。和食か洋食が選べるので私は迷わず和食。焼き魚など十分な量だ。

前日の反省からせめてパターだけでもと、スタート前に練習。ただ、最近確実にパターの精度が上がっているので、本当ならアイアンの練習をしておきたかったところだ。

2日目のラウンドも1日目後半のスランプを見事に引きずっている。シャンクが止まらない・・・。ドライバーも当たらない・・・・・・、ショートホールで一度もグリーンに乗らない・・・・。
最悪だ・・・・。12というのもたたいた。
まあ、課題のあぶり出しということで今回はじっと耐えよう。そしてまた練習だ。

そして、楽しかった2日間もいよいよ終盤。風呂から上がり、レストランでコーヒーを飲みながらスコアの確認。
皆2日目は苦労していたようだ。

最後は初日待ち合わせたコンビニ前で解散。それぞれが家路につくのだが、4人だけは例の焼肉屋でさらに反省会だ。

来年の3回目を約束し、皆帰路についた。明日からはまた日常に戻る。
それにしても皆、楽しそうだった。これでスコアが良かったらいうことはなかったが、特に私自身、反省ばかりのラウンドだったので不完全燃焼な気がする。
来年こそは度肝を抜くスコアで反省会を迎えたいものだ。
そのときはきっとまたルーツゴルフのニューモデルだ。自分のデザインしたクラブでまわる快感を独り占めする贅沢を味わえるのだ。
楽しみだ・・・・。

FC2 Blog Ranking

第2回朱雀中学ゴルフ俱楽部合宿 明日に迫る 

ルーツゴルフ

明日から1泊2日で第2回朱雀中学ゴルフ俱楽部合宿が開催される。場所はわかさカントリークラブ。初日1ラウンドのあと場内のホテルで反省会及び宿泊、2日目にも1ラウンドをこなし、終了となる。

昨年は8名2組の参加であったが、今回は2名増加の10名3組となった。

朱雀中学校を卒業して37年、52歳という年齢になってもいまだに同級生たちとこのような会が行えるのは本当に幸せなことだ。私の周りでも他にこんな例は聞いたことがない。

夜の反省会はいたってまじめなものだ。1日目の各ホールの反省や各自課題のおさらいなど翌日のプレーに向けて勉強に余念がない。

私も個人的にベストスコア更新をなんとか達成したいと思っている。相棒はこのThe Roots Karyouだ。
自分でデザインしたフルセットのクラブとキャディーバッグでラウンドするという贅沢はなかなか味わえるものではない。

さてウェアはどうしようか。
もうそろそろ暑さのことは考えなくても良さそうなので、クラブとのコーディネートでクラシックにいきたいところだ。ニッカーズにハンチング、ニッカホースはやはりアーガイル模様がいい。いっそのこと蝶タイでもしてやろうかと思うが、明日はやはりスコアのこともあるので、それは翌週の授与品会のコンペにとっておくか。

10人全員が今夜はなかなか寝付けないだろう。
まるでおっさんの修学旅行だ。

では結果報告は後日・・・・。

The Roots Karyouについて詳しくは↓
KD Golf Store

FC2 Blog Ranking