FC2ブログ

メンソレそれともメンタム? 

メンソレ


「腫れてんのやったらメンタムぬっとき」
子供の頃よく言われたものです。
でも、時たま「メンタム」が「メンソレ」に変わっていたこともあったように思います。
「腫れてんのやったらメンソレぬっとき」。

ここで言う「メンタム」も「メンソレ」も「メンソレータム」という塗り薬を指すことはおわかりのことと思いますが、もう一つ近江兄弟社から出ている「メンターム」というほとんど同じ商品もあって、「メンタム」とはひょっとするとこっちのことなんだろうか?
と、言う疑問がわいてきました。

そこで調べてみると意外な事実が・・・。

メンソレータム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メンソレータムとは、元来アメリカ合衆国のメンソレータム社 (The Mentholatum Company, Inc.) が19世紀に開発し、同社または同社とライセンス契約を結んだ会社が製造・販売していた塗り薬の商品名で、現在は同社を買収して親会社となったロート製薬が製造・販売する、塗り薬を含めたスキンケア商品のブランド名である。
名前の由来はmenthol(メンソール)とpetrolatum(ペトロレータム、ワセリンの別名)の組み合わせからである。
日本では、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが率いた近江セールス株式会社(のちの株式会社近江兄弟社)がライセンス(商標・輸入・販売権)を保有し製造・販売していたが、経営破綻により返上。その後ロート製薬がこれらのライセンスを取得し資本・技術の全面提携を経て、1988年にメンソレータム社を買収して自社の海外拠点とした。

ブランドとしての概要

現在、「メンソレータム」の製造・販売・商標権やマスコットキャラクターのリトルナースまたはナースちゃんの使用権はロート製薬が独占的に保有しており、その商標はルーツの塗り薬に限らず同社が製造・販売するスキンケア商品群全般のグローバルブランドとして商品名のみならず、各国の現地法人の社名やロゴマークに至るまで使われている(メンソレータム社の社章とは異なる)。
「リトルナース」は近江兄弟社が日本でメンソレータムの販売権を持っていた時代に商業デザイナーの今竹七郎がデザインしたもので、当時天才子役として世界的に人気のあった女優シャーリー・テンプルがモデルといわれている。
リトルナースには家族の優しさや奉仕という意味が込められている。近江兄弟社が製造・販売権をメンソレータム社へ返還した際、リトルナースの商標権もメンソレータム社へ売却した。

近江兄弟社メンタームとの関係

近江兄弟社メンターム(おうみきょうだいしゃめんたーむ、略称メンターム)は、近江兄弟社が会社再建のためにメンソレータムの販売権をメンソレータム社へ返上した後、残ったメンソレータムの製造設備などを活用して新たに製造・販売した塗り薬である。
主原料や効能はメンソレータムとほぼ同じで容器のデザインも酷似しているが、メンソレータムが黄色ワセリンを使っているのに対し、メンタームは白色ワセリンを使っているため色合いが若干異なる。また、メンソレータムが医薬部外品なのに対し、メンタームは医薬品である。
製品パッケージの大きな違いは、シンボルだったリトルナースの代わりに、メンタームキッド(こちらも今竹七郎デザイン)が描かれているところである。

といった、納得の結末が。
どうりで似ていたわけだ。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/167-a437e6fa