FC2ブログ

キャラクター考 

お気楽な奴ら

最近、「ゆるキャラ」よか「おとぼけキャラ」などという言葉をよく耳にします。
様々なイベントや企業のPRなど目的は様々ですが、ここ最近では、単純に「かわいい」とか「親しみがある」という言葉だけではおさまらくなっている気がします。

そういえば、いままでも時代に応じたキャラクターたちが、様々な場面でメディアを賑わせてきましたが、それらはどれもなかなか個性的で、時代の臭いを色濃く反映していたものです。
この写真のキャラクターたちは、私のロンパールームに鎮座しているものたちですが、ほとんど今から30年以上前のものばかりです。
太陽の塔がキャラクターかどうかは難しいところですが、こうしてソフビのフィギュア(オブジェ?)になった姿は、立派にキャラクターとしての存在感があります。
とぼけた表情や単純にかわいいもの、ヒーローもの、アニメの主人公など立場はいろいろでも、こうして集めるとなんだか彼らも知り合い同士のような錯覚を覚えます。

ここ最近、彦にゃんのブームから、何かというと公共のイベントなどでキャラクターを設定しますが、彦にゃん以外は今ひとつ感心しません。
奈良のせんとくん、まんとくん、たわわちゃんなど、何十年も先に人々の心をほのぼのとさせてくれるキャラクターとはとうてい思えないのです。

そう思うと、彦にゃんを考えたイラストレーター(名前は忘れました)は、なかなかのセンスの持ち主と思いますが、如何せんこの彦にゃん、今は小浜に嫁ぎ、2児の母親となっている私の妹に、うり二つだということをつい最近気づいてしまいました。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/184-ff936bb5