FC2ブログ

不況はチャンス? 

不況の時は

なかなか出口の見えない不況が続く中、いつか訪れる好景気を待ちわびるか、それともこんな時こそチャンスと考えるか、ビジネスに対する姿勢が最も問われるときではないかと思う。

景気というのは、もちろん実生活の中で善し悪しを感じるものではあるけれど、自分の極限られた範囲だけで判断するというのはひじょうに視野が狭いと言わざるを得ない。

友人の会社が倒産したとか、どうも自分の勤めている会社の業績が思わしくないとか、賞与が少なくなったとか。
もちろんそれは景気が悪い証拠ではあるけれど、経済というものはもっと大きく見た方が良い場合が多い。

例えば、多くの会社が大きく赤字を出しているとする。赤字を出すと言うことはその会社は損をしたわけである。ただ、ここでよく考えないといけないのは、たくさんの会社が損をしたからといって世の中のお金が減ってしまったわけではない。
どこかに必ず、それと同じだけ得をした奴がいるはずである。

そいつはいったい誰か・・・・。

それを理論づけて考えるのがマーケティングという奴であり、不況の時こそ考えないといけないことである。
その得をした奴とビジネスをすれば良いだけのことである。

損をしたもの同士が低価格競争をしたり、過剰なサービスに走ったり、そんなせまい競争ばかりしているから、不況という穴からよけいに抜け出せないのではないか。

と、自分を発憤させることがまず第一にやるべきことである。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/208-b64cbfc4