FC2ブログ

鉛筆ホルダーの誘惑 

鉛筆ホルダー 2

一見万年筆。
でも実は鉛筆ホルダー。
大阪の手作り万年筆で有名な加藤製作所製です。

鉛筆というのは実に便利な筆記具で、濃淡、細太自由自在。失敗しても消すこともできる。
それなりの紙に描いたときには、紙面と芯のこすれる感じが何とも心地よい。

ただ、弱点は描いたものが摩擦に弱いこと。芯の主な成分である黒鉛は長期の保存に耐えるのだけれど、こすられると弱い。
ただ、道具というものはどれをとっても万能ということはないので、その道具の長所も短所も理解した上で使いこなせば、なんということはない。
長く使っているとその欠点すら「味」とか「趣」とかに変わってくるものだ。

鉛筆ホルダー 1


鉛筆には、友達がいてそいつを一緒に持つとさらに便利になる。
消しゴムとペンケースがそれだ。
もっともそいつらを一緒に携行しようとすると、そいつらを入れる鞄も必要となってどんどん話が大げさになる。

ところがこの鉛筆ホルダーがあるとすべて解決。
もともと万年筆やボールペンで描くことになれていると「消す」という作業は省いてしまっても問題がないので消しゴムはいらない。
すぐに折れてしまう芯もホルダーのキャップが守ってくれる。
おまけに胸のポケットにアクセントにもなるとなれば一石三鳥というところか。

ただ、描いている途中で芯が折れてしまったときは、ご愁傷様としかいえない。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/211-3af3549a