FC2ブログ

2009年に思う 

政権交代

今年もあと数時間で幕を閉じようとしています。
月並みですが、私なりにこの1年を振り返ってみました。

今年はなんといっても政権交代でしょう。自民党政権に嫌気をさした国民の選択でした。
ただ、鳴り物入りでスタートした民主党政権も、鳩山首相、小沢幹事長両方の政治資金問題をはじめ、普天間基地の移設問題や景気対策、赤字国債、子供手当の扱いなど問題は山積み。
このままでは来年夏の参議院選挙が乗り切れないのではないかとの憶測も飛び交うほどです。

一方自民党の方も、これといった強力な攻勢をかけている様子もなく、不気味なほど静かです。
これは私の勝手な想像ですが、きっと自民党は今政権を取り戻しても解決方法の見えない問題が山積み過ぎて、自分たちの首を絞めるだけだと考えているのではないでしょうか。
いったん悪い膿を出し切ったところで政権に返り咲く方が得策といえるのではないかと考えていても何の不思議もないのです。

景気は二重底をうったという意見と、まだまだ先は暗いという意見が交錯していますが、最近の景気というのは株価や円相場、GDPなどわかりやすい指標だけでは判断できないほど複雑に入り組んでいますので、対策は余計にやっかいです。
良く言うデフレというのは、最近でこそ聞き慣れた言葉ですが、戦後先進国の中でこのデフレということを経験した国は今の日本以外にひとつもありません。ですから対策をとるにも今ひとつ効果がはっきりしないのが悩ましいところです。
日本人というのは、欧米人に比べてひとつの方向に流されやすい面を持ち合わせていますので、景気のいいときも悪いときもずっとその状態が続くように思いこんでしまい、必要以上にざわざわとあわてふためいてしまうところがあります。もちろんその原因のひとつにはマスコミのエスカレートした報道もありますが、それをそのまま鵜呑みにしてしまいやすい日本人の性質が最も問題であり、景気回復のための方策にとって大きなポイントであるように思います。

では、私たちデザイナーにとっての環境はどうだったでしょうか。
最も目立ったのはデザイン事務所の倒産や解散の増加です。私の周りの事務所も何軒かそういう結果を招いたところがありました。
その結果、ある程度の人数を抱えた事務所が激減し、そこにいたスタッフが散らばって1,2人の小さな事務所が増えるという現象が起こっています。
小さい事務所というのはもちろんキャパシティーも小さいので、限られた件数の仕事しか受注することができませんから、その得意先の業績に振り回されることになり、もろに影響を受けることとなります。ただでさえ、こんな景気の時ですから得意先も内製化やコスト削減といった努力をしますので、受注は減る一方です。

そうすると、仕事を確保するために価格を下げて競争力を持とうとするところが現れてきます。少しでもデザイン料を安くすることで受注を増やそうというのです。
ただ、これをやり出すと、もう負のスパイラルに巻き込まれてしまったも同然。

デザインという仕事は、どこまで行っても手間仕事です。
一部にはロイヤリティーや版権など左うちわ的な仕事もありますが、ほとんどの仕事は「こなしてなんぼ」です。
そういう性質の仕事でどんどん価格を下げるということは自殺行為以外の何ものでもありません。
たとえば印刷会社のように機械さえ回せば利益がかけ算で増えていくような業種や、製造業のように企業努力によって生産コストや原料コストを下げて価格競争力をつけるという業種ならいざ知らず、カメラマンやライター、デザイナーといった仕事はどこまで行っても「こなしてなんぼ」なのです。

デザイナーを抱える企業もまた大きな問題を抱えています。
ひとつは、新規採用を控えていたためにデザイナーの年齢構成が中・高齢者に偏ってしまい、いつまでたっても若手が育たない状態に陥っています。これは中長期的に見てかなり悪い傾向で、5年、10年先を考えると非常に危険です。かといってベテランを解雇して若い人材を採用するとデザイナーとしてのスキルが下がり、クオリティーという意味での競争力が落ちてしまいます。
しかも、なぜか企業の企画室やデザインの部署というのは、ある程度の年齢になるとデザイナーがディレクターやプランナーという肩書きを持ち実務から離れる傾向がありますので、実務の現場ではいつまでたってもスキルが上がらないといった現象が起こります。
その上、勤務条件が年々悪くなる状況ですから、若手が居着かないという弊害まで起こしてしまい、余計にその傾向に拍車がかかります。
さらに、内製化を進めるがために内部のデザイナーがすべての仕事を担当することになりますので、どんな仕事にも幅広く対応できるスキルが育っていない状況で仕事を担当することとなり、得意先のニーズにこたえることができない、という事態になります。

このように、企業内のデザイナーもデザイン事務所も負のスパイラルに巻き込まれ、なかなか出口が見えないというのが2009年の状況でしょう。

ただ、だからといってそのスパイラルから抜け出ないわけにはいきません。
何かしらの方法を考えなければ、淘汰されてしまうのを待つばかりです。

私は、おそらく2010年はその方法論を探る年ではないかと思います。
そして、その方法論を見つけたところが生き残り、景気回復時にさらなる発展が待っているのです。

ただし、何かひとつの方法論で解決するような簡単な問題ではありません。
それは人の健康が「食事」「運動」「投薬」「精神」など様々な要素で成り立つように、ビジネスにも様々な改善すべき要素がいくつもあるはずなのです。

2010年、結局のところ根気よくひとつひとつの要素を確実に改善することが、この時代に生き残る方法論ではないでしょうか。

四十半ばのデザイナー、今年もあと4時間少々というときに考えた結論です。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/254-0384e94d