FC2ブログ

レトロなレディオ 

レディオ

私のロンパールームにはいろいろなおもちゃがあります。
中でも目を引くのはこのレトロなレディオ。
AMとFMが聴けるだけで、CDもipodも聴けません。
おまけにモノラル。
チューニングは懐かしのダイヤル式です。

しかしこれがなかなか良い感じです。
正面の大きなダイヤルで最も良く聞こえるポジションを探す行為が実に心地よく、きれいな音で入った放送が自分のねらった局かどうかを確認するまでのタイムラグが、古き良きエアチェック時代を思い出させてくれます。

このレトロなレディオは1959年当時のイギリスBUSH社が発売したもののレプリカですが、メーカーのHPでは
「1959年、ラジオはまだ娯楽の主役でした。米ソ冷戦の緊張を感じつつも世界が明るい未来を信じていました。ソ連のルナ2号が月面に到着し、エルビス・プレスリーやポール・アンカが英国にも流れていました。日本では当時皇太子の今上天皇が美智子様と御成婚され、国民に新しい皇室を強く印象付けた年です。自動車ではTR82と同じ丸みを帯びた流線形のボディーを特徴とするカルマンギアが世界中の若者から支持されました。40数年前、むねをときめかせてラジオ前面の大きなチューニング・ダイアルを回したイギリス人がたくさんいました。このBUSH TR82 は、ロンドンのヴイクトリア&アルバート美術館*1に英国のアーツ・アンド・クラフトとして展示されています。1959年製造のモデルの復刻版で、ブッシュラジオ社の復刻版証明書が付いています。情報伝達のツールではなく、娯楽の主役だったラジオです。」
と、説明されています。

このレディオを聴きながらカメラの修理をするのが私の至福の時間ですが、この部屋はインターン生などの作業部屋でもあるので、そのBGMを流すことがこのレディオの役目になっています。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/267-ff589694