FC2ブログ

骨董への誘い 



200年以上も昔の蕎麦猪口で、
とびきりうまいざる蕎麦を食べたり、
幕末の器に旬の刺身を盛ったり。
暮らしの中で、ちょっと贅沢な気分に浸るには、
普段使いの骨董がうってつけ。

とびきり上手のものは手が出なくても、
古伊万里あたりなら手頃な値段で素敵な器が簡単に手に入ります。
骨董屋さんには、少し上等な新品を買うくらいの価格で、
普段使いにちょうどいいものがいっぱい並んでいます。

骨董というとお金持ちの道楽のように思われていますが、
若い人でもお小遣いの範囲で、
十分素敵な骨董に巡り会うことができます。
基本は、自分自身で気に入ったものを選ぶこと。
ただし、後々に後悔のないよう
少しだけお勉強をすることも楽しみのひとつ。

まずは、少しだけ蕎麦猪口のお勉強をして骨董市へ出かけてみましょう。
予算は、無理のない範囲で。
福沢諭吉が1枚あれば楽しめます。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/30-ffcb03a2