FC2ブログ

2010年大晦日 

2010年大晦日

2010年の大晦日は大雪となった。
朝方から降り出した雪は夕方に5時(今現在)になってもやまない。

今年初めてお招きいただいた離世の年越しそばの会に出かけたのが午前9時30分頃。その頃にはもうあたりは一面の雪景色だった。
おいしいおそばとお寿司をいただいて、おみやげまでいただいた後、車に戻ったときには完全に雪国と化していた。
帰路、鴨川の橋を渡るのはかなり危なっかしい状態だったが、それでも何とか家にたどり着くことができた。

大晦日に大雪というのは記憶がない。
ここ何年か京都にまとまった雪というものが降らなかったせいもあって、雪が積もるということ自体が私の想定から消えていた。

さて、今年も後7時間あまり。
迷走する政治、低迷する経済、堕落する民衆。他力本願と擦り合いの世の中は今年限りにしたいものだ。

来年私はひとつ思っていることがある。
今更なぜ・・・・?といわれそうではあるが、私自身の能力をできる限り100%発揮したいと思っている。
今まで47年間生きてきて自分の能力を100%発揮したと思える年など1度もないし、それ自身実は不可能なことなのかもしれない。
ましてや、だいたいどこまで発揮すれば100%なのかも自分自身わからない。
でも、あえて来年の大晦日に「今年は100%発揮できたかもな・・・・」と思いたいのだ。

100%というからには「ビジネス」「趣味」「健康」「人間関係」すべてにおいてがんばらねばならない。
どれかひとつがかけたり、犠牲になってはいけないのだ。
つまり言い訳はゆるされないということだ。

そろそろ日が暮れる。
来年のスタートラインに向けて気持ちを落ち着かせよう。
スタートの号砲とともに一気にスパートするために。
新年早々おもしろい仕事も山積みだし、新年会も目白押しだ。
ますます睡眠時間が短くなりそうだが、「健康」にもがんばらねばならないので無理は禁物。

はてさてどんな1年が待っているのか、今年の大晦日は、今まさにこれから冒険に出る探検者の心境だ。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/325-8c5664f8