FC2ブログ

やさしさの問題だ 

今回の震災で様々な報道がなされているが、こういうときは人間としての優しさの本質が問われるときだ。
いくら、体に影響のないレベルだとテレビやラジオで訴えかけても、ミネラルをーターを買い占めに走ったり、乾電池が不足していると聞くと我先にと必要以上のものを買いあさる。
一緒にがんばりましょうといいながら、義援金は出すが自分の水や乾電池は買い占めて確保する。
つまり、結局は金で解決するわけだ。

あきれたことにこういうことは東京など比較的震源に近い場所ばかりかと思えば実際はそうではない。
うちの事務所にほど近い(ここは震災の影響は全くなかった京都だ)AEONグループの水売り場でも同じ現象が起こっている。
水売り場には1本も残っていないし、カップ麺売り場の棚もほとんど空。お米も普段に比べて少ない状態だ。

買い占める必要などないし、買い占めは本当に困っている人々の生活を余計に困らせることになると、あれだけテレビやラジオで言っているにもかかわらずだ。

海外では日本人の災害時における秩序ある態度が賞賛されているらしいが、せっかくのその評価にたいして誠に恥ずかしい限りだ。

火事場泥棒のようにこんな時期には義援金詐欺や被災家屋からの窃盗がつきものではあるが、そのように誰が見ても悪いことをする奴らは確かに存在するし、絶対に許されることではない。
しかし、「こんなときこそ手をとりあって・・・・」などとお決まりの台詞を並べて便乗商法に励む奴らはもっと邪悪だ。

ビッグなミュージシャンのチャリティーなどは社会的知名度を最大限に活用した貢献の仕方だと思うが、「売り上げの一部や全部を義援金に寄付します。」などといっている聞いたことも見たこともないミュージシャンやアーチストなどはメディアに登場することで知名度を上げる効果を期待しているのではないかと疑いたくなるものも存在する。
ことあるごとに「みんなで元気を与えよう」などと声を上げているがそんなことで被災者が元気になると本気で思っているのだろうか。

かといって私自身、義援金以外の貢献ができるのかといえば、それはできない。
金で解決しているだけだ。
ただ、必要のないものまで買い占めたり、おかしな風評被害を助長したりすることだけは絶対にしないつもりだ。
そして、ボランティア精神をひけらかすことも絶対にしないつもりだ。

淡々と自分の普段通りの生活を送りつつ、自分にできる範囲の寄付や援助をする・・・・。
そういう自然体のボランティア精神を大事にしたいと思うのだ。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/337-a67c231c