FC2ブログ

慰安旅行リベンジ 

犬山

今年も慰安旅行が近づいてきた。
うちの事務所は、最近では珍しく全員で慰安旅行へ行く。
年々人数が増えて今年は8名で行く。
8人ともなると費用もバカにならないので、昨年7名になったときから1泊にグレードダウンした。
それまでは2泊3日の贅沢旅行だったが、なにぶん人数が増えるとこれまで通りとはいかない。

私が独立して2年目の夏、うちの事務所として初めての慰安旅行を行った。
行き先はその年名古屋で開催されていたデザイン博だ。
新幹線の切符は事務所近くの旅行代理店で手配し、(当時はもちろんネットで取るなどという手法はない)旅館は犬山の観光協会に電話をして押さえることができた。
当時のメンバーは3名。
それでは寂しいので、アルバイトにも声を掛け、アルバイトは3万円負担ということで出発した。
いきなりアルバイトの1人が遅刻し、新幹線に乗り遅れるというハプニングがあったが無事にデザイン博会場に到着。
ただ、とにかく暑い。
デザイン博の見学もそこそこに、名鉄に乗り宿泊地の犬山へ。
名鉄犬山遊園駅で下車するとなかなかノスタルジックな風景が広がる。
レトロな鉄橋を渡った対岸に目的の旅館があるはずだった。
ところが・・・・・。
見渡しても旅館らしき建物が見当たらない。
どうしたことか・・・・と、目をこらすと、あまりにも信じられない光景が・・・・。
どうひいき目に見ても旅館とはいえないような木賃宿が現れた。
困った・・・・。
私は旅館が旅の中で最も大きなウエイトを占めると考える方なので、これは非常にまずいパターンだ。

案の定、風呂、料理、部屋、どれをとっても最悪の宿であった。
今更観光協会を恨んでもどうにもならない。

それからかれこれ23年の月日が流れた。
来年はうちの事務所も設立25周年を迎える。
と、そこで思いついたことがある。
25周年よりも前にあの忌まわしい慰安旅行のリベンジをしよう!
あの旅行がトラウマとなりそれ以後の慰安旅行は絶対にいい宿を取るようにした。
香港、東京ディズニーランド、ハウステンボス、北海道、上高地、金沢、湯布院、飛騨高山などことごとくいい宿にこだわった。
そして今年、もう一度犬山へ行って犬山で一番いい宿に泊まろう!

と、いうわけで今年の慰安旅行は23年ぶりに再び犬山へ行く。
犬山城を見学し、名鉄犬山ホテルに泊まる。
2日目は、前回とこれまた同じく明治村へ行く。

明治村

前回と同じとはいえ前回も参加したメンバーは私しかいないので、他のメンバーにとっては初めての場所だ。
私は明治村が結構好きで、今度が3度目になる。
写真を撮るには最高の場所なので、今からどのカメラで行くか迷うのも楽しい。

ただ、今回は大所帯の8名。
どんな珍道中になるのやら。
出発は5月20日だ。


関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/340-28ced081