FC2ブログ

リベンジ成功!犬山 その2 

二日目の朝も快晴だ。
天気までもが私のリベンジを祝ってくれている。

23年前は犬山遊園駅から犬山駅まで電車に乗り、そこからバスで明治村に入るというルートだった。
しかし、今回はちょっと違う。
朝食のバイキングを堪能したあと、ホテルの玄関にはお迎えのタクシーが2台。
昨日のうちにフロントに手配しておいたのだ。
これでホテルの玄関から明治村の入場門まで直行だ。実に楽だ。

山道を少し走るとやがて明治村の門が見える。周りは山と日本一のため池が広がるのみで、のどかなものだ。
入場券を買って中へ。っと、思ったがちょっと待て。
昼飯の予約を忘れてはいけない。
23年前は村内の食堂でカレーを食べた。
しかし今回は明治の雰囲気そのままに残した大井牛肉店で文明開化の香り漂う「牛鍋」(今でいうすき焼き)を賞味しようという計画だ。
午前中の散策ルートを回っていざ、牛鍋へ。
予想通り味は最高。飛騨牛の旨味が口中に広がる。ビールまでいただき昼間っからご機嫌だ。

そのあと午後も村内を散策。村内を巡回するバスに乗り最深部へ。
そこには23年前果たせなかったもう一つの課題が残っている。

明治村1

かのフランクロイド・ライトが設計した旧帝国ホテルのロビー内でお茶を飲むことだ。前回はなぜか素通りしてしまったからだ。
ただ、あまりゆっくりしていると時間が足りなくなるほど明治村は見所が満載なので、そこそこに次のポイントへ。
大阪・池田にあったという呉服座の舞台裏を見学したり、京都河原町にあった聖ザビエル協会のステンドグラスに感嘆したり。

明治村2

しかし、気がつけば帰りの時刻がどんどん迫っている。
最後に自分の誕生日の新聞をプリントアウトできる施設によって帰路へ。
本来はバスで犬山駅まで行くつもりだったが、最後までリベンジの手は緩めず、またまたタクシーを呼んだ。
満員のバスを待つ人々を尻目にエアコンの効いたタクシーで犬山駅へ。爽快な気分だ。

犬山駅からは名古屋まで指定席の特急。たった30分だが、最後まで手は抜かない。
京都までの新幹線までに夕食を取る。
ちゃんと予約もしておいた。
名古屋名物ひつまぶしだ。

ひつまぶし

めちゃくちゃうまい。茶碗に4杯もとれてボリュームも満足だ。
最後は出しをかけてわさびをのせて。
一同満腹になったところで新幹線へ。
京都までぐっすりといいたいところだが、たった35分なので乗り過ごしの危険がある。

あっという間に京都に到着し、解散。

私はリベンジを果たした満足感で一杯だ。
だが、果たしてスタッフは満足しただろうか。

そして、来年も無事に慰安旅行を行えるように、また明日からがんばるのだ。



関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/349-9ce45eb4