FC2ブログ

おとな買い 

シューズキーパー

シューズキーパーのおとな買いだ。いっきに10足分も買った。
高いものになると1万円以上もするが、今回私が買ったものは、もちろんそんな代物ではない。
ABCマートという靴の量販店が販売しているものなので、1足分で2000円ちょっとだ。

2000円ちょっとといっても、立派にシダー製。木の香りが心地よい。
これなら靴のいやなにおいも取ってくれそうだ。
以前にも買ったことがあるので品質に心配はなかった。

今回買い足した分でようやく持っている靴のすべてにシューズキーパーが入ったことになる。
かなりうれしい。

シューズキーパー

こんな単純な形をしているけれど、こいつを靴に入れているのといないのとでは、靴のもちがぜんぜん違う。
というか、靴の見栄えが全く違う。
どうしても靴というものは、はいているうちに幅が広がって脱いだ姿があまりにも情けないという状態に陥る。ところがシューズキーパーを入れていると靴本来のフォルムが長期間崩れないだけでなく、シダーの心地よい木の香りが靴のにおいを緩和してくれる。

いくら2000円とはいっても10足分も買うと20000円以上になり、ちょっとした靴が1足買える。
それでもシューズキーパーはそろえる価値が絶対にある。

紳士たるもの靴はいつもぴかぴかで型崩れしていないものをはいていなければならない。

前に一度書いたことがあるが、最近の若者は靴にお金をかけない。
なぜか財布にはヴィトンなどのブランド品を選ぶが、靴は同じものを延々と履いていたりする。

あるアンケートで25才から35才までの男子が持っている靴の数はスニーカーも合わせて平均5.1足。
普通は1足くらいスニーカーを持っているので、残りの4足が革靴か。
そのうちカジュアルなものが半分あるとすると、ビジネス用には2足と言うことになる。
これではいけない。
靴というものは1日はいたら2,3日は休まさなければ中の湿気が取れない。
そういう状態で毎日同じ靴をはき続けると極端に傷みが早い。

それを避けるには最低でも3足の靴を1日づつ交代ではかなければならない。
理想を言うと茶色が3足、黒が2足、カジュアル用の革靴が3足、スニーカーが1足、アウトドア用のトレッキングシューズが1足。つまり最低でも10足は必要なのだ。

さらに細かく指定すると
茶色
●コインローファー
●ウイングチップ
●ストレートチップ
黒色
●ストレートチップ
●モンクシューズ
カジュアル用
●茶色か赤、ネイビーなどのデッキシューズ
●サドルシューズ
●スウェードのプレーントウ
スニーカー
●トップサイダータイプかコンバースタイプ
トレッキングシューズ
●メリルの紐付き

これにあと革のサンダルがあればまずは合格か。

特に新入社員諸君、これから1足づつ買い足していかなければならないので、大変だとは思うが、ここでがんばって靴をそろえると5年先に他とは大きく違ってくるはずだ。

まずは足下から。
おしゃれの基本である。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/355-c10b6668