FC2ブログ

名古屋 いい街、いい人 

出張で名古屋へ行った。
今年の慰安旅行で犬山へ行ったときに新幹線から名鉄に乗り換えた時以来だ。

名古屋というのは何かにつけて微妙な感じがしていたが、今回の行き先は乗換えなどではなく、名古屋がメインなので少々期待が膨らんでいた。

まず最初に驚いたのは、街がきれいなことだ。栄や伏見といった中心部でも道にごみが落ちていて見苦しいといったことはない。
道が広いこともそういった印象を助長する。
戦災にあったために道が整理されているということを聞いたことがあるが、東京や大阪だって焼け野原になったのは同じなのに名古屋だけがこのように美しく整理された街になっているのはなぜだろう。

次にうれしかったのは、食いもんががうまいことだ。
名古屋といえば味噌カツとかひつまぶしが有名だが、今回はそれらに勝るとも劣らない「名古屋コーチン」を食した。
栄にある名古屋コーチン専門店をたまたま見つけ、恐る恐る入ってみたが、これが大正解。
刺身の5種盛りやシンプルな炭火焼、〆の雑炊などどれをとっても大満足だ。

あくる日の昼食はこれまたたまたま見つけた隠れ家的イタリアン。
前菜、パスタ、メイン、それぞれにレベルが高い。

それ以外にもホテルの朝食や最終の夕食で食べたソーセージやチーズ、出張中ほとんど不満のない食事をとらせてもらった。

そして、何よりも今回名古屋がすばらしいと思ったのは、「人」の対応だ。
そのなかでも素晴らしかったのがタクシーの運転手。名古屋にいる間に何度か乗ったが、どのタクシーの運転手も100点満点の対応だ。
正直京都のタクシーとは全く比べ物にならない。世界の観光都市を自負する京都のタクシーがご存知のような対応であることに比べ名古屋のタクシーは本当にすばらしかった。
ショップの店員や飲食店のスタッフもそうだ。京都のようにお客さんを値踏みするようなことは全くない。
最後まで気持ちよく食事ができた。

東京にも大阪にもこびず、独自の文化を育ててきた名古屋。
今回そのパワーの源を少し感じ取ることができた気がする。
買い物をする一般人のマナーや子供のしつけ、道を歩く人々の様子、そんな何気ない人々の様子が私のような他所ものにはとても安心感を与え、心地よい気持にさせてくれている気がした。

また、きっとここへ来るだろうな・・・・という気がする、そんな素敵な街、名古屋であった。


名古屋の品格 (学研新書)名古屋の品格 (学研新書)
(2008/09)
岩中 祥史

商品詳細を見る


名古屋 (ことりっぷ)名古屋 (ことりっぷ)
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


名古屋 (タビハナ)名古屋 (タビハナ)
(2010/07/05)
不明

商品詳細を見る
関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/359-7e8d108e