FC2ブログ

法廷点検の憂鬱 

ルノー ラグナ

我が愛車ルノー「ラグナ」が1年の法廷点検から帰ってきた。
普段まったくといっていいほど洗車をしない私は、点検や車検で戻ってくる車がぴかぴかになっていると大変うれしい。
ところが今回はちょっと様子が違った。
一見ぴかぴかになってはいたけれど、修理や交換を要するところがゴロゴロと現れ、えらいことになってしまった。

まずタイヤ。山がない。
冬場はかなり危険だ。早急に交換が必要との指摘があった。費用は約10万円。

つづいてバッテリー。
以前、朝突然上がってしまった経験があるので、要交換といわれるとかなりびびる。費用は約3万円。

つぎにブレーキパッド。
これが減りきってしまうとブレーキがきかないので、交換しないわけにはいかない。

それ以外にも諸々の交換費用が20数万円。

とどめは、車底のひび割れ。以前コインパークの段差で相当きつく底を擦ってしまったときにできたらしい。

締めて修理、交換費用60数万円。 唖然。
しかも来年には車検で約20万円が上乗せされる。合計80万円。 唖然。

次男が春から富山に下宿するので何かと物入りなときになんということか。
あと少なくとも3年は乗るつもりでいたのに・・・・。
あと3年乗るためだけに80万もの費用をかけるのは、どう考えても納得できない。
しかし、このまま乗るというのは命を軽く扱いすぎだ。
次男の荷物を運ぶために富山にも行かなくてはならないし。

買い換えしかないか・・・・。
「今ならまだ下取りができますよ」と悪魔のようなディーラーの声がする。
そういえば昨日銀行から電話がかかってきた。
これ以上まだ金を借りろと言う。

ひょっとして奴らは「グル」か・・・・?。
あまりにもタイミングが良すぎるではないか。

ん・・・・・・・。また一つ悩みの種が増えた。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/405-05f96a53