FC2ブログ

次男が旅立った 

昨日、次男が高岡へ旅立った。
前日の夜は少し二人で話した。
4年間思い切り遊んで、いろいろな人と出会って、様々なことを体験して、ものを作り、勉強もし、存分に楽しんでこいと伝えた。
私の学生時代は、アルバイトとバンドとデザインの勉強に明け暮れ、2年という月日があっという間に過ぎ去ってしまい、楽しむという余裕などなかったので、息子たちには4年間の学生時代を存分に楽しんで欲しいと願う。

今度会うときには、一回り大きくなった息子を見ることができるだろうか。
時間が経つにつれ、離れていることに違和感がなくなるというが、それにはどのくらいの時間を要するのだろう。

息子の旅立ちや、スタッフのおめでたによるリタイヤ、デザインビジネスを取り巻く環境の激しい変化、ここ2~3年は私自身の人生においても大きな転機になるかもしれない。
50を前にして、まだ転機が来るのか・・・という気がしなくもないが、もちろんいい方向に向く転機にしなければならない。
ただ、そろそろ年齢的にも自分自身の到達点を定めなければならない時期に来ているようにも思う。

40歳になった頃、そろそろここが到達点かな・・・と思ったこともあったが、何のことはない、そんなものはまだまだ先であった。

たびだった息子を激励しつつも、本当は自分自身を奮い立たせているにだろうか、妙な使命感と焦りのようなものを感じる。

息子よ、とにかく前に進め。
私も老体にむち打って、まだまだ前に進むつもりだから。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/417-df42e28b