FC2ブログ

いせ辰 千代紙ノート 

いせ辰 千代紙ノート

私は、一応「書く」とか「描く」ということを仕事としているので、筆記具やノートには目がない。
最近の文具ブームに乗って、実にいろいろなノートが文具店や雑貨屋に並んでいるが、また一冊使う当てのないノートを買ってしまった。
ノートというのは、必然があって初めて求めるものであったのに、最近ではそれが、ノートを買ってから必然を探すようになってしまった。

いせ辰 千代紙ノート

このノートは、大阪・阪神百貨店の催しで見つけた「千代紙」のノートだ。東京は荻窪の和文具店のオリジナルらしい。
この手のノートはそれなりのプライスなので、買ってから何に使うか慎重に決めなければならない。しかし、慎重に決めなければならないので、なかなか使い道が決まらない。挙げ句の果てにコレクションになってしまい、何冊も貯まってしまう。

いせ辰 千代紙ノート

このノートは白い和紙が基本となって、数ページ毎に型染めの千代紙が入る。
千代紙というのはやはり型染めでないといけない。印刷では独特のアバウトさがそがれるだけでなく発色が弱い。
上の写真は、「桃」と「赤」の型染めだが、同じ柄でもCMYKの印刷とはまったく別のものとなってしまう。

ただ、型染めとなると余計に高い。
だから、もったいなくなって使えなくなり、コレクションに化けてしまうのだ。

マーブリングノート

おまけにこんなノートまで一緒に買ってしまったではないか。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/428-9cfabb12