FC2ブログ

京都景観問題の「色」について 

京都のまちも景観論争が市民レベルまで広がってきたように感じる。

従来は屋外の大きな広告や建物に注目が集まっていたが、最近の京都市の方針はもっと小規模の商店や看板にまで規制を強化するようになったからだろう。

もちろん論争が市民レベルにまで降りてきたことはいいことだと思うが、その規制内容に少々疑問を感じているのは私だけだろうか。

大手ハンバーガーショップやコンビニの看板が他府県とは違い京都のものだけが白ベースであったり、茶色ベースであるというのはご存じのことと思うが、あれももちろん景観問題の規制によるものだ。

何百年もの伝統ある街並みに合わせた色彩にしなければいけない・・・という発想からだろうが、ここに大きな誤解というか、間違いがあるよう思う。

なぜ、景観を乱さないものというと『白』『黒』『茶』などの地味な色なのだろう。
寺社の建物がそういう色だからだろうか。

だったら伏見稲荷や平安神宮の鳥居の色はどうだろう。
とても鮮やかな朱色だ。
大きなお寺が掲げる仏旗や幔幕はどうだろう。青や赤、朱など大変美しい。
祇園祭の鉾や船の飾りは?
さらに祇園や上七軒の提灯や呉服屋さんののれんの色は・・・・。

このように日本古来の色や京都の伝統を表す色にも鮮やかで華やかな色はたくさんある。
古代から日本人が大切にしてきた色というのは日本の文化であり、そういう色はたくさんある。

だから景観問題を論じる上で『色』というテーマは、簡単に定義できないはずであり、下手をすると日本古来の色彩文化までも排除してしまう可能性がある。

そういう意味でもただ単に地味にすればいいという現在の規制はいかがなものか。
もっともっと色のことを勉強して、その上で様々な意見をまとめる必要があると思うのだが・・・・。

参考までに
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000056/56450/guide_koukoku(S)_2.pdf

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/445-a92185b1