FC2ブログ

B級ヒーローが懐かしい。 

YOUTUBEというのは時に意外な発見や懐かしい映像を提供してくれる。

たまたま何かの映像を探していても、気がつくとむかしのCMやアニメをあさっていたり、好きだったアイドルの映像を見て年甲斐もなくホットな気分になったり。

最近はイベントの告知などビジネスでの利用も当たり前になったので、ますます利用することが多くなったが、いつも行き着くところはそういう映像探しだ。

今日行き着いたのは「ミラーマン」。いわゆるB級ヒーローだ。



ヒーローものには大きく2種類ある。
1つは等身大もの。そしてもう一つはどでかいやつだ。

等身大ものといえば、いまだにつづいている仮面ライダーがA級だろう。
そして、超人バロムワン(○○ゲルゲというおぞましい怪人が毎週出てくる)、怪傑ライオン丸(馬に乗ってやってくる)、レインボーマン(戦う前にお経を上げる)、キカイダー(機械のくせに背負っているギターはエレキギターではなく、アコースティックギター)などがB級か。

どでかい奴もけっこういる。A級はなんといってもウルトラマン。
B級ではサンダーマスク、スペクトルマン、ジャイアントロボ、そして登場ミラーマンだ。

だいたいの変身するヒーローは、何か変身するための道具を使うものだが、こいつはそんなものはいらない。
よくその道具をなくしたり、敵にとられたりして変身できないという間抜けな奴もいたが、こいつにはそんな危険はない。何しろ鏡のように自分が写るものさえあればいいのだ。
鏡があれば最高だが、いわゆる鏡面仕上げのようなものであれば何でもいい。水面やスプーン、ナイフといったものでも変身してしまう。
便利な奴だ。

私は小学校の頃、お年玉でこのミラーマンの変身セットなるものを購入した。
もちろん親はあきれていた。

仮面、手袋、上半身用の衣裳はサイドをひもで縛る。両足用も同じ仕組みだ。そして最後にベルトを締める。
完璧だ。

しかし、小学生の私にはひとりで着ることはできなかった。
いちいち親に頼み込んで変身していた。
そして、市営住宅の廊下や階段を走り倒すのだ。


そんな甘酸っぱい思い出を
今日も私にYOUTUBEはよみがえらせてくれるのだ。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/459-5ab1df22