FC2ブログ

中高時代はみんなステレオにあこがれた。 

マランツ

私が中学・高校の頃、男子はだいたい通る趣味がきまっていた。
特に音楽好きは、まず中学時代にギターに挑戦する。
ただ、これはほとんどの場合途中で挫折する。
経験したものにはわかると思うが「F」というコードで皆立ち止まる。そしていつかうやむやにしてしまい、ギターは寂しくも押し入れに追いやられるのだ。
そして多くの場合、年下の従兄弟や後輩へと引き渡されていくのだ。

それとだいたい時を同じくして興味を持つのが「オーディオ」という今では死語に近い音響製品を楽しむ世界だ。
このくらいの年代になると洋邦を問わず好きな音楽というものができているのが普通なので、それを聴くための装置が必要になる。
今のようにiphoneやipodのようなすばらしい機械は当然無いので「ステレオ」というものがあこがれの対象となる。
当時は日本のオーディオ界が一気に花開いた頃で、各家電メーカーも音響製品用にブランドを持っていた。
パナソニック→Technics
東芝→Aurex
日立→Lo-D
コロンビア→DENON
サンヨー→OTTOという具合だ。
底に音響メーカーが加わる。
SONY、Pioneer、YAMAHAなどだ。
なかでもMARANTZやテープデッキのTEACなどは私のような貧乏少年にはとうてい手の届かない高嶺の花であった。

やはり音響メーカーのものが人気ではあったけれど、やはり価格が高めであったので、家電メーカーも結構検討していた。

そんな中、私も高校に入学と同時に貯めていたお年玉や高校の入学祝いなどをかき集め、念願のシステムコンポーネントステレオを買うための資金を確保した。
当時のお金で約20万円。
私にとっては人生で最大の買い物であるし、感覚的には家でも買うくらいのインパクトがあった。

当然下調べは念入りに。カタログでデータやスペックを比較して気持ちを高ぶらせる手法は、今もまったく変わっていない。
今ではかんこ鶏が鳴く寺町の電気屋街に足げく通い、集めたカタログは積み上げると裕に1メートルを超えた。

そして選んだのが、かなりマイナーなAurex。
東芝が送り出すかなりコストパフォーマンスに優れた機種だ。
スペックは今でもはっきりと覚えている。
プレーヤーのターンテーブルは当然ダイレクトドライブ。回転ムラは0.05%以下。SN比は60dB。
スピーカーはフロア型の大型のもの。バスレフ型の3ウェイ。ウーファーは28cm。
チューナーは当時まだデジタルタイプは恐ろしく高かったので追針式。チューニングダイヤルを回すとあまりにもなめらかに廻るので針が端から端までスーーーーーっと流れたものだ。
(経験したことのない人にはどういう状況かさっぱりわからないと思う。)
そして極めつけはアンプ。
当時、システムコンポというとほとんどがプリメインアンプ(パワーアンプとプリアンプがいっしょになったもの)であったが、私のはパワーアンプとプリアンプが分かれたセパレートであった。

これはかなり自慢であったし、パワーアンプの出力計の針が振れるのを一日中眺めていても飽きることはなかった。
そしてカセットデッキ。これも通常とは少し違っていた。
ほとんどのデッキはVUメーター(音量の平均的な値を差す)メーターを採用していたが、私のはPEAKメーター(音量の最大瞬間値を差す)を採用していた。その分シビアな録音ができるとほくそ笑んだもんだ。
しかも、それらすべてを購入して半年後には2台目のデッキを購入。
それもAurexであったが、これがまたすごい。
当時の最先端カセットテープ「メタルテープ」対応である上に、他社が採用するドルビーシステムの性能をはるかにしのぐ「adresシステム」搭載であった。
それによりテープノイズは今までよりも格段に低減され、カセットテープで聴いているにもかかわらず、オープンリール並みではないかと思えるほどの音質を実現していた。

それから約35年。
システムコンポを持つということが一般的ではなくなり、もっと省スペースでも高音質のミニコンポ全盛の時代にあって、一昨年何年かぶりにもう一度システムコンポを持ってみたくなった。

今では、技術革新の恩恵で昔の超高級ブランドでも手が届く価格となっているので、貧乏少年であった頃よりもずっと安い価格で手に入れることができる。

そこに目をつけ、当時では絶対に買えるわけもなかったブランドでそろえてみた。
チューナーはYAMAHAのデジタル(きょうび当たり前か)、プリメインアンプとCDプレーヤーはMARANTZ、スピーカーはなんとJBLである。
これでも当時私がかき集めた金額を大きく下回っている。
技術革新というのはありがたいものだ。

現在は事務所のミーティングルームに鎮座しているが、ほんとうはもっと広い部屋で大音量で昔聴いていたような曲をかけてみたいものだ。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

私は作業部屋にある可愛いラジオが好きです^^

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/468-602d93ab