FC2ブログ

25周年目突入前に回想 3-2 

4つ目の事務所に行ってから大きく変わったこともあった。

まずは通勤。それまでは通勤も納品もすべて愛車ベスパでこなしていたが、事務所の場所がかなり北になったことと、私の年齢から寒さに辛抱ができなくなったので、車での通勤に変更した。
車は長男が生まれたときにFORDのフェスティバという小さいキャンバストップに載っていたが、アウトドア趣味が高じて、これまたFORDのトーラスという5mもある大きなワゴンに載っていた。
そのあともFORDのエクスプローラーという4WDに乗っていたので3台続けてFORDということになるが、これもすべてアウトドア志向によるものだった。
おかげで服もアウトドアブランド中心となり、傍目には決してオシャレなどというものではなかったし、いつでも釣りに行けることを念頭に置いていたので、靴までもがそういったものになっていた。

これは問題である。
私はこれでもメンズのブランドコンセプトを作ったり、ブランドのヴィジュアルを担当したりしているので、こんなことではいけないのだ。

しかしこのアウトドア趣味はこの事務所を引っ越してもしばらくはつづくのだった。

それからもう一つ、大きな変化があった。
とうにバブルが崩壊していたので、それまで多かったアパレル関係の仕事が減り始めた。
だからといって売上を落とすわけにはいかないので、増えたのは印刷関連のデザインだった。
デザイン事務所にとっては当たり前のことではあるけれど、うちは少しよそとは違ってアパレル関連の仕事がたくさんあったので割といいバランスをとれていたが、その図式に若干変化が現れた。

もう一つうちはよその事務所と大きく違うところがある。
広告代理店とは一切仕事をしないということだ。
これは偏見だと思って読んで頂きたいが、私はどうも広告代理店というのが嫌いだ。
デザイン料の低下やきつい仕事環境を創りだしたのは広告代理店だと思っているからだ。
現にクリスタープラザエム時代に近くにあった広告代理店と大げんかをして仕事を一切断ったという事件もあったし、印刷会社からの仕事であってもその代理店からの仕事とわかっていると、きっぱり断っていた。
いまだに代理店の仕事はほとんどないし、これからもきっとないと思う。

そしてこの頃スタッフは私を入れて3人に減っていた。
これは相当きつかった。ただ、この頃守りに入っていたのかなと思う理由の一つはスタッフを増やそうという気になかなかなれなかったことだ。外注に頼るということもはじめてしまった。
スタッフを増やすのはもちろん人件費のリスクがあるし、人が増えると場所も必要になる。
そうするとハードルがどんどん高くなるのでさらに臆病になってしまう。
今から思うとここの5年間はそういう自分の遠回りをあとになって気づかせてくれる期間だったのかもしれない。
こういうハードルを越えることの大切さとしんどさを身をもって感じた期間だったのだと思う。

ただ、やはり北へ行きすぎた。
得意先に行くのもかなりの距離があるし、大阪や神戸に行くにも時間がかかる。
ビルもかなり古かったので今ひとつ満足いかない。

やはり引っ越そう!と、5年たった頃に思った。
今度は靴を脱いでゆっくりと落ち着いて仕事のできるマンションがいいかもしれない。と、思った。

そう思い出すともう辛抱が効かない私は、さっそく部屋探しをはじめるのだった。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/476-18d55127