FC2ブログ

5カ年計画に書いたこと デザイン・ビジネスの 大きな変化 

会社員時代も入れて30年近くもこの仕事をしていると、今更ながら大きなビジネス全体としての変化に気づく。
今になって20年も前の変化に気づいても、時すでに遅しではあるが、よーく分析すれば少しずつ変化の過程が明らかになってきて、今後5年、10年先のことがぼんやりでも予測できないかと考えた。
そこで5カ年計画に書いたのは下記の通り。


●アナログからデジタルへの移行と同じような大きな変革

◆デジタル時代がアナログの時代よりも長く
一般的にアナログ時代といわれている作業フローとは、手描きと活版中心の前期と写植とトレスコによる紙焼き中心の後期に分類されるが、戦後グラフィックデザインというビジネスが社会で認知され、一般的になってからそれぞれ約20年足らずの期間であった。(戦前はまだまだグラフィックデザインがビジネスとして成熟していなかったため、作家性の強いものが多い。)
一般的にその後期といわれる写植とトレスコによる時代からデジタルに変わって、まだそれほどの時間が経っていないように思われがちであるが、デジタルに移行してから現在まで約22年が経過しており、それまでのアナログ後期の長さをすでに超えている。
その意味から、そろそろ大きな変革がまた起こっても不思議はないが、実際はその変革の質が違っているだけで、すでに何年も前から大きな変化が起こっていると考えるべきである。

◆「紙単独」から「紙とインターネット共存」へ
その大きな変革とは、紙中心のステージから、画面のステージへデザインの領域が広がったことであり、WEBデザイナーという職域が出現したことである。WEBが登場した当時は、雑誌や新聞などの印刷メディアが取って代わられるとまでいわれていたが、最近ではそういうヒステリックな意見も影を潜め、両方の職域が混在、共存する形が確立している。
「紙とインターネットが共存する時代」という形が、しばらくつづくと考えられる。

つづきはまた次回に。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/493-97800ddf