FC2ブログ

私の印判手コレクション 

コイズミデザインファクトリー

明治期に入ると印刷による陶磁器への絵付け技術が進歩を遂げ、必ずしも絵筆に卓越した専門の絵付け職人を必要としなくなった。
このため、染付磁器に手工業的大量生産が可能となり、鉄道輸送網の発展とともに、日本全国に流通した。
この「印判手」を骨董とするか否かは意見の分かれるところであるが、実際骨董屋に売っているのだから骨董であるという意見と、やはり骨董とは江戸期以前のもので、磁器の場合はいわゆる天然呉須の染付でないといけないという意見がある。
この8寸の皿は、最も印判手らしいパターンの絵柄で、印判の魅力を十分に感じさせてくれる。骨董屋でも印判手なら古伊万里に比べかなり安価で売られているので、日常使いにもまったく抵抗がないし、現代のものとそれほど値段の差もない。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/510-982f3ab0