FC2ブログ

長い間デザイナーでやっていくには  詳細9 

またまた久々の9回目

1 自分の得意なことをどんどん磨こう。
2 少しでもたくさん稼ぎたいと思おう。
3 相手に「これは私にはできません」と簡単に言ってはいけない。
4 失敗してもいいからやったことのない仕事も受けよう。
5 やったことのない仕事のことはこっそり隠れて勉強しよう。
6 絵の下手なデザイナーは大成しない。デッサンは基本。
7 好き嫌いだけでデザインの善し悪しを語ってはいけない。
8 身近な先輩を
どんどん追い抜いていこう。
9 自分に対する投資をケチってはいけない。
10 相手が間違ったことを言ったり、理不尽なことを言うときは堂々と対決しよう。
11 自分の立場を守りたいなら自分の実力を相手に認めさせよう。
12 時間にコストの感覚を持とう。
13 自分でできる領域を少しでも広げて、受注の数と範囲を増やそう。
14 自分のキャラから想像もつかないような「意外」な仕事ができるようになろう。
15 色のセンスに自信を持てるようにヨハネス・イッテンの色彩論を勉強しよう。
16 ファッション雑誌のカラーコーディネート記事のいい加減さを見つけられるようになろう。
17 巷にあふれる広告やデザインをよく見て、いいところと悪いところを自分なりに考えよう。
18 市場調査に勝る勉強法は無し。
19 資料や本は宝と思え。
20 服装は自分自身のプレゼンテーション。

これはよく言われることである。
では自分に対する投資とはどういうことか。

これは至極簡単なことだ。
●うまいものを食う
●良い服を着る
●良い道具を使う
●素敵な異性とつきあう
●良い宿に泊まる
●絶対に趣味をつくる
●酒を飲む
●貯金をしない
●良い音楽を聴く
●歌を唄う
●落ち着ける行きつけのBARを持つ
●良い歯医者を知る

もっと簡単に言うと自分のために無駄遣いをしようということだ。

無駄遣いというのは、自分のためのものでないといけない。
例えば博打。
たまには気分転換に良いかもしれないが、いつもいつもこれに無駄遣いはいけない。
なぜなら博打の無駄遣いは自分のためではなく人のためになってしまうからだ。

自分のための無駄遣い・・・・。
それは無駄遣いじゃないじゃないか、という声が聞こえそうだが、そうではない。
「これは自分にとってもったいないんじゃないか」と思うことを思い切って無駄遣いする。
これが良いんだ。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/516-ee250b07