FC2ブログ

長い間デザイナーでやっていくには  詳細11 

数えて11回目

1 自分の得意なことをどんどん磨こう。
2 少しでもたくさん稼ぎたいと思おう。
3 相手に「これは私にはできません」と簡単に言ってはいけない。
4 失敗してもいいからやったことのない仕事も受けよう。
5 やったことのない仕事のことはこっそり隠れて勉強しよう。
6 絵の下手なデザイナーは大成しない。デッサンは基本。
7 好き嫌いだけでデザインの善し悪しを語ってはいけない。
8 身近な先輩を
どんどん追い抜いていこう。
9 自分に対する投資をケチってはいけない。
10相手が間違ったことを言ったり
理不尽なことを言うときは堂々と対決しよう。
11 自分の立場を守りたいなら
自分の実力を相手に認めさせよう。

12 時間にコストの感覚を持とう。
13 自分でできる領域を少しでも広げて、受注の数と範囲を増やそう。
14 自分のキャラから想像もつかないような「意外」な仕事ができるようになろう。
15 色のセンスに自信を持てるようにヨハネス・イッテンの色彩論を勉強しよう。
16 ファッション雑誌のカラーコーディネート記事のいい加減さを見つけられるようになろう。
17 巷にあふれる広告やデザインをよく見て、いいところと悪いところを自分なりに考えよう。
18 市場調査に勝る勉強法は無し。
19 資料や本は宝と思え。
20 服装は自分自身のプレゼンテーション。

デザイナーというのはとかくリストラ対象になりやすいものだ。
企業に属していればもちろんのことだが、フリーランスであっても社会からリストラされるということがあるのだ。

だいたいの場合企業に属しているデザイナーというのは、社内では何か特別な人扱いされることが多い。
もともと一日中何をやっているのかわからない上に、なんだかちょっとかっこつけていたりするものだから、社内で浮いた存在になることが多い。

その上、営業職のように数字で成績を判断しにくいものだから、会社にどの程度貢献しているのかさえ不明瞭だ。

だからデザイナーは非正規雇用になりがちだし、リストラの対象になりやすい。

フリーランスの場合はさらに過酷だ。
「別に君じゃなくてもいいんだよ」という態度をちらつかされる。本当は相手の担当者に責任があっても何となくこっちが悪いようにされてしまう。

そう、そんなことばかりでは、やってられない。
じゃあどうする?
そうされないようにするしかないのだ。

企業デザイナーであれば「こいつがオランと困るなあ」とか「こいつがいてくれるからや」と思わせないといけない。
フリーランスであれば「やっぱり他では無理やな」とか「この人でないと無理やな」と思わせればいい。

つまり相手に自分の実力を認めさせなければならない。
認めてもらえてないとリストラや虐げられる素となり、やがてはデザイナーという仕事を続けられなくなるのだ。


関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/520-83bec92c