FC2ブログ

デザイナー志望の学生諸君へ 

就職戦線まっただ中。
デザイナーの就活は他業種とはかなり事情が違っている。
一般的に大学生は就活を3回生の今頃から始めるといわれているが、美大生の場合よほどの大手に入りたい場合を除いて4回生になってからというのが一般的だ。

特に小規模のデザイン会社などは夏頃になってやっと求人を出したりするので、あまり早く決めてしまうとあとから良いところが出てきた・・・ということになりかねない。
かといってそれを待っているわけにも行かず、学生にとっては悩ましい状況だ。

さらに、状況を複雑にしているのは男女雇用機会均等法という法律。
求人時に男女の区別を指定できないという法律があるので、本当は男性が欲しい、とかうちは女性しか採用枠はない、と思っても求人票にそう記載することはできない。
それはデザイン業に限ったことではないので今更なのだが、問題はデザイン系学生の男女比率だ。

これは圧倒的に女性が多いのだ。
一般的に男2:女8、もしくはさらに極端で男1:女9という感じだ。

ところが企業の需要は当然こんなに極端な比率ではなく、例えば4人のデザイナーが欲しいと思ったらだいたいの場合男女2名づつ、2人しか取らない場合は1人づつ、1人しか取らない場合はできれば男性・・・・というのが実情だろう。
そうなると圧倒的に男性が有利なことになる。
この状況を男女雇用機会均等といえるのかどうかは別の議論(就職希望者の男女比率に応じて採用比率を決めないと平等とはいえない)として、女性にとって圧倒的に不利であるということは明白だ。

このことを女性のデザイナー志望者はあらかじめ頭に入れて就活に挑まなければならない。タダでさえ女性が不利だといわれている就活だが、女性のデザイナー志望者にとってはさらに厳しい現実なのだ。

がんばれ!!!女性のデザイナー志望者!!
のほほんとやってる男子になんか負けるな!!

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/524-6ed6aa7e