FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

26年が過ぎ、27年目が始まる 8 

駆け出しの事務所が、周りの躊躇している老体事務所に、この魔法の箱でアドバンテージを取るためには大きな3つの問題を解決する必要があった。

●資金
ここでもやはりリースという手段しかなかったが、問題はリース会社がOKを出すかどうかであった。幸いコピー機の時のように会社を辞めて1、2ヶ月と言うことはなかったので、保証人さえ立てれば何とか通ると言うことであった。当時、松吉画材に出入りしていたCanonの販売会社を通し、多少の便宜も図ってもらった。

●高価なマシンでどう採算を取るか
何せソフトも含めると車1台分の投資であるから、採算をどう取るかと言うことが課題だった。
おそらく、一般的なデザイン会社の場合ではこの点がまったく解消されないと思われていた。
今になって思えば、この問題を解決できたことが京都デザイン界の中で後発であったうちの事務所が、一気に他社に追いつけた要因であったと思う。
それを解決できた最大の理由、それはうちの事務所が一般的なグラフィックデザインだけではなく、アパレル向けのグラフィックを多く手がけていたことだった。
一般的なグラフィックデザインでは、出力環境、日本語環境が大きな問題であったが、うちの場合、アパレル向けのグラフィックではほとんど日本語を使わないし、印刷のような高精度の出力環境も必要ない。オマケに英語フォントは当時から結構たくさんあったし、今までのようにインスタントレタリングやスクリーントーンを大量に買わなくて済む。
ワッペンや衣料の刺繍にしても、Tシャツなどのプリントにしてもその当時のMAC環境で何とかなったのだ。
現に、MAC導入後インスタントレタリングなどの節約できた費用がリース代を上回るまでにそう時間はかからなかった。
つまり採算を取るどころか、経費節減に大きく貢献してくれたのだ。

●誰が操作するか
ご承知のようにデザイナーというのはコンピュータなどと言う理系の象徴のような機械にはまったく持って無縁であったので、この問題はかなりハードルが高かった。
何せ、コンピュータというのがどれだけのことができるかまったくわかっていないし、それを使いこなしてデザインを制作するなどと言うことなど皆目見当がつかなかった。
そこで私が取った行動は、まずコンピュータというものがどれだけ素晴らしい機械であるかと言うことを実感するために、なんと任天堂のファミリーコンピュータというものを手に入れた。初代のアイボリーとエンジでできた超原始的なコンピュータゲーム機だ。今から思えば誠に恥ずかしい話だが、そんなレベルからの挑戦だった。
そしてそのコンピュータの感想は「驚き」以外の何ものでもなかった。たった数万円の機械と数千円のソフトでこんなに世界が広がるのだから、200万円をゆうに超えるMACならさぞかし素晴らしい仕事ができるんだろうと思った。
そして、その機械を操ることができれば、デザイナーとして一気に先団に取り付けるだろうと思った。
そのためにはまず、自分が使えるようにならないといけない。この機械を誰よりも先にデザインというビジネスの中で使いこなせるようにならないといけないと思った。自分自身で使えるようになりたいと思ったのだ。
私自身が使えるようになれば、スタッフもおそらくスムーズに入っていけるだろうし、使えるようになったスタッフがいなくなっても自分が使えれば問題ない。

そうして3つの大きな問題は見事に解決し、いよいよ導入と言うことになった。

つづく。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/541-9c12c56c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。