FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

26年が過ぎ、27年目が始まる 9 

いよいよMAC導入となった。私の人生初のマイ・コンピューターだ。
まず最初に面食らったのは、電源スイッチというものが本体にないということだ。当時はキーボードの上部にあって、それをおすと「ジャーーーン」という音とともに起動するという感じだった。もちろん今のMAcのように「ボワーーーーン」という豊かな音ではない。
起動して現れる画面は今のものよりも当然素っ気ない。アイコンの概念自体は変わっていないが、今のように美しい立体的なものではない。
入っているソフトはIllusutratorとLetrastudio。それ意外にもゲームのようなチュートリアルや当時話題となりかけていたハイパーカードなどが入っていたが、皆目見当もつかない。

マニュアル本も売っていない時代だったので、販売代理をしていた松吉画材の担当者に聞くか、あとは手探りしかない。

まず、マスターしたのはIllustratorではなくLetrastudioだった。
当時、まだIllustratorにはあまりたくさんのフォントが流通していなかったので、フォントの豊富なLetrastudioの方が利用価値が高かったからだ。
このソフトは非常にわかりやすく役に立った。ソフト自体が15万円、フォントが1書体1万5千円。もちろんフォントは20書体くらい入るので合わせて45万円の代物であったが、十二分に元は取れたと思う。
当時、このソフトの最も優れていると思えたことは、エンベローブという機能だった。いまでもIllusutratorには装備されている機能だが、これこそコンピュータでしかあり得ない機能だった。キーボードで打った文字がアーチ型に変形できたり、遠近感があるようにシェイプさせたり、ねじったように変形させたりが自由自在にできた。
当時そういう表現は手描きに頼らざるを得なかったので、どちらかというと面倒なので避けてとうりがちなテクニックであったけれど、アパレル向きのグラフィックでは非常に効果的な手法であった。
特に、デニムのフラッシャー(ヒップポケットについている大きな紙のラベル)やウエストラベル、Tシャツのプリントなどには大きな効果を発揮した。
そういう表現が多用されているだけで、他社から上がってくるデザインとは明らかに完成度が違ったからだ。
当時、うちの事務所は約半分がそういう仕事だったのでこうかは相当なものだったし、この時点で明らかにMAC導入の効果があった。

おかげでそれ以降アパレル向けのグラフィックに関しては順調に売り上げも伸び、快進撃が続いたが、何よりも大きかったのは織ネーム会社からの受注だった。
京都にはもともと織物の産地としての側面からか織ネーム会社の大手が集まっていた。国内上位5社のうち3社が京都にあり、オマケに私の前職も織ネーム会社であったので、その4社からすべて受注を得ることができた。
現在と違い当時アパレル各社はグラフィックを必要とするような仕事、ロゴのデザインや、タグ、ラベル、販促物、そしてプリントやテキスタイル、刺繍の柄やワッペンまであらゆるものを織ネーム会社の持ち込むデザインに頼っていたのでかなりの仕事量を抱えていたこともあり、慢性的なデザイナー不足であったことも幸いした。
当然4社はライバル関係にあるので本来なら同じデザイン会社を使うなどということはないはずである。それでもうちは他社からの注文もあるということをオープンにしても受注を得られるようになった。
事実、最初の頃は各社のプレゼンでうちのデザイン同士がかち合うということもしばしば起こっていたので、さすがにこれはまずいと思い、プレゼンに関しては最初にうちに注文をしてくれたところを優先するというルールを決め、各社に説明した。それでもバブルの後押しもあってますます受注は増えていった。

同時にアパレル会社から直接受注することも増え始めていた。アパレル各社からは主にロゴやプリント、刺繍の柄の依頼が多かったが、この頃から新しいブランドを作るための相談も持ちかけられるようになった。日本最大手アパレルのW社などから直接依頼をもらっていたことが大きく意味を持ち、中小アパレルからそういう相談も来るようになり始めていた。
そうすると今まで受注するだけであった織ネーム各社にとって発注側のブレーンということになり、受注一辺倒であった構図が逆転することもしばしば現れた。
そうするとさらに関係が深まり、お互い持ちつ持たれつのような状態ができあがっていったのだ。

結局このことがうちの事務所の現在の多角化に大きく影響する結果となった。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/542-9dc0dd68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。