FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

26年が過ぎ、27年目が始まる 13 

このころうちの事務所に大きな事件があった。

ある得意先の定期ものの仕事が、内々にコスト削減の意向でデザイン自体もその印刷会社がするという見積もりを通し、弊社の仕事から大きな柱を1つ奪うこととなった。
そこの印刷会社には私の大学時代の友人がデザイナーとして勤めていて、やがて彼はうちのスタッフと結婚をし、みんなで祝ったものであったが、その会社とそういうこととなったものだから、事務所内の雰囲気はあまり良いものではなかった。

もともとその印刷会社とはいくつもの問題がつづき、先方で机をたたきながら怒鳴り散らしたこともあったり、ほとほとまいっていたところにそんな話しになったものであったから、私はあっさりとその印刷会社とは縁を切らせていただいた。仕事の進め方にも大きな問題がある上に、支払いまでがいいかげんというところだったので、私の不満は頂点に達していて、事務所の売り上げの中で1/4程度の売上を締めていたにもかかわらず、思い切ってその後の発注も一切お断りした。
ややこしいもめ事はそれだけでとどまらず、その結婚したスタッフと他の女性スタッフとの不協和音や、その結婚したスタッフ自体の仕事ぶり悪化など、私の辛抱も限界を迎えようとしていた。
その女性スタッフはいつの日か旦那の会社をかばうようになり、考え方がうちの事務所とは全く馴染まなくもなっていた。

その上、そのうちから逃げた案件のデータをそのスタッフが旦那の会社に横流しするという事件が起きたものだから、限界を迎えようとしていた私の辛抱はついに大噴火し、事務所設立以来初めて解雇通告というものをした。
学生時代からアルバイトを経てスタッフになってくれていただけに、かなり迷った選択であったが、他のスタッフとも相談し、思い切って断行した。

その後は新しい得意先を探す必要に駆られたが、その事件のいかりがその自分のパワーとなり、それなりの運もあってなんとか苦境を脱したのであった。

以来、何度かその印刷会社から仕事の依頼があったが、私のポリシーとして未だに一切の仕事をお断りしている。
規模としては2部上場するようなレベルの会社だが、最近の低迷ぶりやデザイナーの処遇の悪さを考えるとうちの事務所の判断は決して間違っていなかったのだと15年が経過した今も思っている。

その騒動がそろそろ終焉を迎える頃、私はまたまた新たな問題に行き当たるのであった・・・・。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/552-ca646350

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。