FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

26年が過ぎ、27年目が始まる 15 

西大路五条の事務所は、いわゆる一般的なマンションであった。
この事務所を選ぶときにいろいろと候補を選んだが、テナントビルの場合保証金や何やらで移動する時点にかなりの出費が必要だが、アンションの場合敷金と礼金を合わせても、50〜60万もあれば何とかなるということで、その分を家具や設備で使おうと考えた。
結果的にこれが大正解。
事務所使用がOKのマンションは意外とたくさんあって、(うちの業務のように通りがかりの客が出入りするようなことがないことが条件である場合が多い)広さも大小様々であったが、その中で一番広そうなところを選んだ。
3LDKで5.5畳、6畳、6畳、15畳にもちろんキッチンと風呂場や脱衣スペースがあるので今までの事務所よりも広い。
しかも敷地内に駐車場もあり、自転車置き場もある。

なぜもっとこの方法を考えなかったのだろうかと、今更ながら後悔した。
家賃もほとんど同じ15万。
若干駅までが(阪急西院・京福西院)歩くと少しかかるが、以前に比べれば圧倒的に近い。
ましてや私の自宅からは車なら約5分、歩くことだって可能だ。
大阪や神戸に行くときは、割り切ってJR西大路駅まで出ることにした。阪急よりもその方が速いからだ。

そしてもう一つ、意外なメリットがあった。
靴を脱いで仕事ができるということだ。
事務所設立当初のあの狭いワンルームマンション以来ずっと土足のままの事務所であったが、マンションなので当然靴を脱ぐ。これは非常に楽だった。
ちゃんと家庭用のキッチンもあるし、風呂だってある。
ただ、事務所で風呂に入るのもどうかと思い、ここは割り切って物置とした。

さらにもう一つ今までなかったのが和室だ。たった6畳ではあるけれどベランダに続くなかなか良い感じの和室だ。
ここには通販の安物ではあるけれど茶箪笥と階段状の箪笥を置いた。
ついでに我が家にあった明治期の茶箪笥も持ち込み、完全にその気になっていた。
私の骨董好きが火を噴いたのもこの頃だ。
和室の箪笥類はすぐに骨董でいっぱいになってしまい、ほとんど毎週オークションで落札した古伊万里が事務所に届くようになった。

ギターを買いあさるようになったのもこの頃からだ。少しは広かった事務所もすぐにギターに占領される始末だ。
マーチンの日本総代理店である黒沢楽器が取材に来たのもこの頃だ。
2年ほどの間に6本もマーチンのユーザー登録をしたので目にとまったらしい。

カメラの収集もこの頃からだった。まだ仕事ではフィルムが主流であったので、仕事で撮影をするということはそれほどなかったけれど、取材や資料用には撮影機会も増えていた。そこへデジタルの波がやってきたものだから、デザインの仕事がアナログからデジタルに移行したのと同じことが確実に起こると踏んだ私は早速デジタルの一眼を入手し、仕事で使うようになった。今では商品撮影やロケなど様々な場面で撮影をこなすが、この頃がそのスタートだったのだ。

引っ越しも一段落し、売り上げもあの大事件からほぼ立ち直ってきていた。
そうなるとやはり人手不足の問題が再燃してきた。
かといってすぐに人を雇うというのもやはりリスキーである。
そこでこの頃頻繁に外注を使うようになっていた。外注なら仕事のあるときだけ出せばいいと思ったからだ。
しかしこれは後々大きな間違いであるということに気づくときが来るのであった・・・・・。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/555-e7ef563d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。