FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

何でも天然素材時代の終焉 

バブル期を頂点として繊維の大きなトレンドのキーワードの一つに「天然素材」というのがあります。
特に希少価値の高いカシミヤやリネン、ウールのツイードやシルクの小物などはその典型です。

それには折からの「エコロジー」ブームの後押しもあり、繊維に限らず食品やインテリアにも天然素材のものが生活に浸透してゆきました。

ただ、あまりにも「天然素材」というワード自体にこだわったために、粗悪なものであっても「とりあえず天然素材」的なものが蔓延する結果となってしまいました。

天然素材はもともと独特のナチュラルな質感が特長で、化学繊維では出せないソフトでしなやかな質感や素材感が命でした。ところが世の中に出回りだした粗悪な天然素材ではその特長が半減しているだけでなく、実際に着用したときの衣料としての性能が低いものが多くなってしまいました。
特に、夏や冬など気候的に条件が厳しい季節はその傾向が強くなります。
暑いときには汗の処理や体感温度の問題、寒いときには防風や防寒性能がその衣服の着心地に大きく影響します。ましてや着用したときの動きやすさやプリントなどの後加工にも素材としての性能が試されます。

一昔前までは「化学繊維」というと「色が大味」「質感があまりにも化学繊維」「イメージがださい」「質感がチープ」などのイメージがありました。

ところが「フリース」という素材の登場でその図式は一変することとなります。
フリースが大衆に認知されたことがアパレルの素材において大きな転換期になったことは明確です。
それまでにもゴアテックスなどアウトドアや極端に特化した状況での機能素材はたくさんありましたが、それらは大衆が普段着として着るレベルのものではありませんでした。
ところがフリースという素材は、メーカーの積極的な宣伝や背景にあるエコロジー感も手伝って、機能素材を一気に大衆のものに引き寄せました。

日本でのフリースの普及はユニクロのCMによるところが非常に大きく、ユニクロの躍進とともにフリースも大衆の支持を得ることとなります。
この現象は、化学繊維が天然素材の「代用品」であった時代から、天然素材ではなしえない「化学繊維だからこそできる」機能素材としての認知を獲得したということであり、同時に化学繊維自体のいわゆる「安物感」を払拭する機会となりました。

さらに現在では、天然繊維の弱点といわれる「暑さや寒さ」に強いものや天然素材の着にくさを一気に解消するストレッチ系の素材が大きく注目されています。
節電による暑さや寒さ対策のもの、日差しから肌を守ってくれるものなど、近頃の若者には化学繊維に対するコンプレックスは完全に消え去り、天然素材と同等、もしくは化学繊維の商品の方が主役になっていることが珍しくないようです。

進化し続ける化学繊維。
今後もおそらくさらに高度な化学繊維が登場することとなるでしょう。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/574-c43d3ba7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。