FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

51才最後の一日 

6月30日が来ると私は52才になる。
気持ちは15,6の時とさほど変わっていないつもりだが、傍目にはもちろんそんなことはないので、素直に事実として受け止めよう。

私の父は40才で他界しているので、とっくに父よりは長生きしているけれど、父方の男性は皆早死だということが気にならないわけでもない。ただ、今のところ体はいたって健康であるし、この前の検査でも何一つ悪いところはなかったので、このままあわよくば90才の現役デザイナーというのも夢ではないかと勝手に思っている。

51才の1年間は、実にアグレッシブに過ごした。
それは仕事でもプライベートでも同じだ。

仕事は、現状維持を担保しながらも新しい考え方で大きな扉をこじ開けようとしている。7月の展示会をスタート地点として、いままでの経験とか実績を活かし、デザイナーとして新しいページをめくりたい。

プライベートではなんといってもゴルフだろう。
もともとゴルフ関係の仕事が多かったにもかかわらず、お茶を濁す程度に年1ゴルファーを続けていたけれど、Roots Golfという京都のゴルフメーカーの仕事をさせていただくにあたり、もう少しちゃんとやってみようと再スタートした。
今でもまだまだ腕前は恥ずかしいものだが、元来トラッド志向の私にとってはこれ以上のスポーツはないのであって、ギアの奥深さやファッションに至ってものめり込まないはずがない。
ただ、この年になるとプレイ志向ではないので、いかに気分良くゴルフを楽しむかというのが自分の中で本筋であり、理想だ。
今年は自分のデザインしたクラブやキャディーバッグでラウンドするという夢も叶い、ますます楽しくなってきているので、あとはもう少しスコアも改善できればいうことはない。

それから今年、50年以上も生きてきてやっと自分の性格で気づいたことがある。
私はものすごくポジティブでプラス思考であるということだ。
とにかく常に前進を頭に描く。
それを意識してやっているのではなく、そうしかできなくなっているのだ。
これは今の自分にとってとても都合がよい。仕事においても遊びにおいてもそうだ。
ゴルフをやるようになってそれをはっきりと自覚するようになったので、その意味でもゴルフを再開したことは良かったと思う。

それから誕生日はそのまま事務所の決算日でもあるので、仕事の総括もするべきだが、それはまた別の日に。

何はともあれ、まずまず満足のいく1年であったことは間違いないし、52才に向けてどんどん加速をつけている自分も確認できる。来年の今頃、この気分よりさらに上をいっていることを目指したい。

関連記事

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kdf.blog113.fc2.com/tb.php/594-d67cfe9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。